このエントリーをはてなブックマークに追加
    ■EURO決勝で沈黙に終わったポグバへの、マンUのメガオファーを揶揄

     マンチェスター・ユナイテッドは今オフの移籍市場でも、スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチやアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンを獲得するなど“爆買い”王者ぶりを見せつけているが、イタリアメディアから欧州選手権(EURO)決勝戦での「幽霊」に、フットボール史上最高額の1億2300万ユーロ(約138億円)でオファーを出すと皮肉られている。イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

    EURO決勝でフランス代表は、延長戦の末にポルトガル代表に0-1で敗れた。記事では「ポルトガルはCR7なしにフランスを倒した。ポグバはファンタズマ(幽霊)だった。しかし、モウリーニョは1億2300万ユーロのオファーを出す」とレポートされている。

     ポグバはポルトガル代表がFWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)という絶対的エースを負傷交代で欠くなか、ファンタジスタならぬファンタズモ(幽霊)と酷評されるほどの不発ぶりで、頂上決戦で存在感を示すことができなかった。それでも、ジョゼ・モウリーニョ新監督が就任したユナイテッドはポグバ獲得に動き出すとレポートされている。

    ■ゼロ円で放出し138億円で買い戻す?

     移籍金138億円はフットボール史上最高額。2009年から12年までマンチェスター・ユナイテッドに所属していたポグバだが、出場機会を手にできずに移籍金ゼロでユベントスに移籍。そこで才能を開花させていた。

     ゼロ円で手放した逸材を史上最高額で獲得しようとしているユナイテッド強化部のオペレーション能力には大きな疑問が残るが、「ユナイテッドはポグバ獲得に猛攻撃」と記事ではレポートされている。イタリアメディアは頂上決戦で存在感を見せられなかった幽霊へのメガオファーを、困惑気味に報じている。
    20160712-00010000-soccermzw-000-1-view

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160712-00010000-soccermzw-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    セビージャ加入で日増しに期待が高まる清武弘嗣だが、出足でつまづいてしまった。スペイン『ムーチョ・デポルテ』など複数メディアによれば同選手は12日午後の練習を欠席したという。

     理由は右内転筋に違和感を訴えたためで、セビージャにとって今季最初の負傷離脱者になってしまった。また同じく今季新加入のスペイン人DFディエゴ・ジョレンテも左ハムストリングを痛めて12日のトレーニング参加を見送ったようだ。

     シーズン開幕に向けて始動したセビージャは13日に合宿地のアメリカへ飛ぶ予定になっており、遠征への影響が心配される。今季は清武と同じく2列目を主戦場とする実力者が多数加入し、ポジション争いが激化しておりプレシーズンの出遅れが後々に響いてしまうかもしれない。
    20160712-00010024-footballc-000-4-view

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160712-00010024-footballc-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    アーセナルがヴォルフスブルクに所属するドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーの獲得に動いていることが明らかになった。イギリス紙『デイリースター』などが12日に報じている。

     同紙によると、アーセナルが今夏のドラクスラー獲得を目論んでいる模様。クラブを率いるアーセン・ヴェンゲル監督はかねてよりドラクスラーに関心があることが報じられていた。

     昨年、ドラクスラーがDF内田篤人の所属するシャルケからヴォルフスブルクへ移籍した際にも関心を示していたアーセナル。同選手の代理人を務めるロジャー・ヴィットマン氏は、「まだ、アーセナル側からの正式な提示はない」と現段階ではオファーが来ていないことを明かした。それでも、「ドラクスラーは移籍を熱望しているようだ。彼は過去2年の間もアーセナルへ行こうとしていた」とコメント。ドラクスラー自身が1年でヴォルフスブルクを退団することを視野に入れているとした。

     現在22歳のドラクスラーは、シャルケでユース時代を過ごし、2011年にトップチームデビュー。昨夏に2020年6月30日までの5年契約でヴォルフスブルクへ移籍した。2015-16シーズンのブンデスリーガでは24試合に出場し6ゴールを記録している。また、ユーロ2016のドイツ代表メンバーに選出された同選手は、5試合でプレーし1得点をマークした。

     イギリス紙『デイリーメール』によると、現在のドラクスラーの移籍金は5200万ポンド(約70億円)と見込まれている。今後の展開に注目が集まる。
    20160712-00467518-soccerk-000-4-view

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160712-00467518-soccerk-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     サッカー解説者の松木安太郎さんがBBQを絶叫しながら解説するというシュールな動画が公開されました。
    焼ける食材よりも熱い松木さんのハイテンションをご覧ください。

    11種類の食材をサッカーのフォーメーションに例えて解説。右サイドバックのハート型ポークステーキには
    「熱いハートを持った選手」と見たまんまの評価をしたり、イタリア風のカルツォーネピザを「海外組」と表現するなど、
    強引にサッカーに当てはめて解説していきます。

     肉にタレを塗るシーンは「いいスライディングですね!」と盛り上げ、負傷して杉板の担架で運ばれていく銀鮭を見て
    「この杉板で燻されたか。まさにいぶし銀、いぶされただけに」とオヤジギャグを繰り出すなどいつもの松木節が全開。
    食材を食べかけてやめた子どもに「なんだよ、あそこまでいったならシュート打ってもよかったんじゃないの」とぼやいたり、
    網の上に置かれたとうもろこしのラインを越えてしまったステーキに「全然オフサイドじゃないでしょ!」
    「あ、オフサイドだわ」と1人で騒ぎまくるなど、相変わらずの「居酒屋解説」っぷりも披露しています。

     最後は現役時代の松木さんのポジションでもある右サイドバックのハート型ポークステーキが子どものお口に入り、
    見事「ゴール」をゲット。松木さんも実況アナと抱き合って「やったー! ゴール!」と絶叫しています。
    なんなんだこの世界観は……。

    動画はバーベキュー情報サイト「BBQ GO!」が、国内BBQサイトで検索アクセス数1位になった記念のキャンペーンとして制作されたもの。
    BBQすら全力で解説する松木さんのぶっ飛んだ解説力が楽しめる動画となっています。

    「ステーキがオフサイド」になった瞬間
    no title


    http://www.youtube.com/watch?v=WDKITm1-IGM



    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160712-00000079-it_nlab-life

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    先日閉幕したユーロ2016にも出場していたイタリア代表FWグラツィアーノ・ペッレの中国移籍がついに決まった。サウサンプトと山東魯能の両クラブが、その旨を公式に発表している。

     契約内容は明かされていないものの、移籍金は1300万ポンド(約17億3000万円)ほどだとされている。

     そして、イギリス紙『デイリーメール』は、ペッレの年俸がなんと1360万ポンド(約18億1000万円)になる見込みだと伝えている。

     同紙によれば、これは現在のサッカー界において、世界で5番目に高い年俸になる。

    1位 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード):1800万ポンド(約23億9000万円)
    2位 リオネル・メッシ(バルセロナ):1700万ポンド(約22億6000万円)
    2位 フッキ(上海上港):1700万ポンド(約22億6000万円)
    4位 ネイマール(バルセロナ):1620万ポンド(約21億5000万円)
    5位 ズラタン・イブラヒモヴィッチ(マンチェスター・U):1360万ポンド(約18億1000万円)
    5位 グラツィアーノ・ペッレ(山東魯能):1360万ポンド(約18億1000万円)

     あのズラタン・イブラヒモヴィッチと同額を稼ぐことになるというペッレ。チェルシーやエヴァートンからも誘われていたようだが、これなら中国を選んだのも納得といえるかもしれない。

     ペッレは1985年生まれの30歳。レッチェでキャリアをスタートさせると、カターニャやチェゼーナなどでもプレーし、2007-08シーズンからオランダのAZへ移籍する。ルイ・ファン・ハール監督の下で才能の片りんを見せると、イタリア復帰を経てフェイエノールトへ移籍。ロナルド・クーマン監督の下、12-13シーズンは29試合で27ゴールを奪う活躍を見せた。

     翌シーズンもセンターフォワードとして結果を残すと、2014年夏にクーマン監督とともにフェイエノールトからサウサンプトンへ加入。14-15シーズンはプレミアリーグ全38試合に出場して12ゴールを記録した。15-16シーズンはリーグ戦30試合に出場し、11ゴールをマークしていた。また、2014年10月に初めてイタリア代表へ招集されると、10日まで行われていたユーロ2016にも出場。準々決勝までの全5試合中4試合に出場して2ゴールを挙げるなど評価を高め、チェルシーやラツィオへの移籍を噂されていた。
    GettyImages-543309694

    http://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20160712/467466.html

    続きを読む

    このページのトップヘ