このエントリーをはてなブックマークに追加
    20170328-00010003-theworld-000-1-view

    theWORLD(ザ・ワールド) 3/28(火) 11:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170328-00010003-theworld-socc

    世界が日本の才能に注目

    現在は日本代表でFW久保裕也が活躍しているが、日本にはもう1人世界から注目されている久保がいる。現在U-20日本代表に選ばれている久保建英だ。まだ15歳なのだが、すでにU-20でも自身の実力が通用することを証明しており、将来どんな選手になるのかは想像もつかない。

    本田と香川は”2018W杯に行けるか”?

    そんな15歳の逸材に期待をかけているのは日本だけではない。今回スペイン『MARCA』は「ヤングスター50選」と題して世界中の才能ある10代の選手を50名紹介したのだが、久保もそこに選ばれている。何より凄いのは、15歳で選ばれたのは久保1人のみで、最年少なのだ。

    同メディアが他に選んだのはモナコで暴れる18歳のFWキリアム・ムバッペ、ミランで活躍する17歳GKジャンルイジ・ドンナルンマなどすでにメジャーとなっている選手から、ユヴェントスのFWモイーズ・キーンやインテルFWアンドレア・ピナモンティらデビューを飾って間もない選手まで様々だ。しかし、15歳の久保を選んだのはサプライズでもある。

    久保と言えば和製メッシと呼ばれるなど、もちろん日本のサッカーファンからも大きな期待を受けている。今回同メディアが紹介したリストにも、〇〇メッシと呼ばれている選手が数名選ばれている。トッテナムのメッシと呼ばれたこともあるイングランド人MFマーカス・エドワーズ、マンチェスター・シティのブラヒム・ディアスなどもそうだ。久保もその1人として世界の注目を集めているようだ。

    果たして久保はどこまで成長するのか。過度な期待は若者の将来を潰してしまいかねないが、同メディアが最年少で選んでしまうほどの逸材なのは間違いない。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20170327-01638213-gekisaka-000-2-view

    マンチェスター・ユナイテッドが今夏もサッカー史上最高額の移籍金を投入するかもしれない。
    バルセロナのブラジル代表FWネイマールに対して、2億ユーロ(約240億円)を用意していると、英『ミラー』など複数メディアが報じている。

     昨夏、フランス代表MFポール・ポグバを史上最高額9200万ポンド(約128億円)の移籍金でユベントスから獲得したユナイテッド。
    今夏は以前から興味を示していたネイマールに狙いを定めたようで、
    同紙によると、ユナイテッドはネイマールに設定されている違約金2億ユーロ、
    さらに年俸2500万ユーロ(約30億円)を支払う準備があるという。

     ネイマールは昨年10月にバルセロナと2021年6月まで契約を延長したばかり。
    新たな契約で設定された移籍金は今季終了時点なら2億ユーロだが、毎年段階的に上昇する条件が設定されているとのこと。
    そのため、獲得を本気で考えているのであれば、今季終了後がネイマールの買い時ということだ。

     ネイマールに対してはパリSGやチェルシーなどが獲得に興味を示していると報じられている。
    現在5位で来季のUEFAチャンピオンシップへの出場が難しいユナイテッド。
    世界最高峰の大会に出場できないとなると、ネイマール獲得の大きな足かせとなるかもしれない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170327-01638213-gekisaka-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    昨年9月以来の代表招集となった宇佐美。UAE戦は出番がなかったが、ハリルホジッチ監督はメンバー発表の際に
    「タイ戦のジョーカー(切り札)として最適」と話しており、途中出場はありそうだ。
     昨夏、ドイツに2度目の移籍を果たしたが、出場機会が少ない日々を送る。
    ただ試合勘については「サッカーをすることに変わりはない」ときっぱり口にし、
    「サイドで出たら、(マークを)はがすプレーで違いをつくりたい」と持ち味のドリブル突破に自信を示した。(2017/03/27-20:31)

    http://www.jiji.com/jc/article?k=2017032701089&g=scr

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20170327-00023909-sdigestw-000-4-view

    「他のソリューションを見つけないといけない」

    2017年3月27日、タイ戦の前日会見に臨んだハリルホジッチ監督は「明日は難しい試合になる」と発言。
    UAE戦で大活躍した大迫、今野の離脱が指揮官を悩まさせていることは間違いない。実際、彼らについてのコメントを求められると次のように話した。

    「大迫、今野の離脱は不利に働く。UAE戦のパフォーマンスは良かったですからね。
    それから、長谷部の怪我もありますよね。難しいですが、どうにか乗り切りたい。他のソリューションを見つけないといけない。他の選手にチャンスを与える」

    その後、「大迫と今野の代役は決まっているのか」という質問にもハリルホジッチ監督は明確な答を避けている。
    試合前日なのだから手の内を明かすわけがないのだが、指揮官が強調していたのは個人ではなくチーム、組織で戦うということだった。

    今回のタイ戦に勝利できれば、日本はワールドカップ出場に大きく前進すると言って差し支えない。
    チームが素晴らしい内容で勝利すれば、ハリルホジッチ監督の株は急上昇するかもしれない。

    大迫、今野、長谷部不在という危機的な状況を自らの手腕で乗り切れるのか。
    今回のタイ戦はハリルホジッチ監督の真価が問われる一戦と、そう言ってもいいだろう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170327-00023909-sdigestw-socc 
    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    28日にW杯アジア最終予選日本戦に臨むタイ代表が前日の27日、会場の埼玉スタジアム内で公式会見を行った。

     キャティサック監督は「日本はこのグループで最も強いチームの一つ。私たちに失うものは何もない。
    気持ちと魂を込めて明日の素晴らしい試合を戦いたい」と話した。現在1分け5敗でB組の最下位。「勝ち点1でも素晴らしい結果。
    日本は勝ち点15を積むとロシア(W杯)に近くなる。明日はできる限りのことをして素晴らしいパフォーマンスをしたい」
    と日本の連勝阻止を誓った。

     主将のDFティーラトンは累積警告で日本戦に出場できないため、来日せず。
    同指揮官は「チーム自体に弱いところが出てくることを意味する」とセットプレーのキッカーを欠く事態に危機感を示す一方で、
    「代わりに若い選手を出す。チームワークでプレスする」と力を込めた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170327-00000131-spnannex-socc

    続きを読む

    このページのトップヘ