2016年08月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    d19339-1-770298-1

    ジェームズ・ラシュトン氏

     2017年から10年間にわたるJリーグの放映権を約2100億円で獲得したパフォーム社(英国)の日本法人、パフォーム・インベストメント・ジャパン最高経営責任者(CEO)のジェームズ・ラシュトン氏(37)が毎日新聞社のインタビューに応じた。

    同社が23日に開始したサービス「DAZN」(ダ・ゾーン)はプロ野球やF1、サッカー・ドイツ1部リーグなどを月1750円(税抜き)で配信し、「幅広いスポーツを手ごろな価格で提供すれば認知されると信じている」と語った。

    また、今季までJリーグを中継しているスカパーJSATにサブライセンス契約で映像を提供することには否定的な考えを示した。【聞き手・大谷津統一】

     −−なぜ今、日本でサービスを開始したのか。

     ◆日本は膨大な人口がインターネットに接続可能だ。一つのスポーツだけではなく、複数の競技に情熱をもつファンが多い。サッカーファンがF1も野球も同じくらい愛している。これは世界的にも珍しい。

    そして、日本のスポーツ市場はファンにとって、最適で公平で割安な環境ではない。幅広いスポーツを、テレビを含むマルチデバイスで、手ごろな価格で提供すれば認知されると信じている。

     −−少子高齢化に直面する日本は有望な市場といえるのか。

     ◆スポーツ観戦や映画鑑賞の手法は変わりつつある。「今すぐ、今使っているデバイスで見たい」という人が増えている。コード・カッティングという現象だ。OTT(インターネット上で動画、音声などを提供するサービス)のターゲットは25歳以下と思いがちだが、そうではない。

    OTTはスポーツ放送の未来だと確信している。年齢層は関係ない。日本にスポーツファンがいて魅力的なコンテンツを提供できれば、サービスは成功する。

     −−それでも40歳以上が多いJリーグのファンを取り込むには工夫が必要だ。

     ◆Jリーグや各クラブと協力し、ファンとコミュニケーションを取ることを考えている。「ダ・ゾーン」ブランドのアマゾン・ファイアTVスティック(スティック型の映像受信端末)などをクラブのアイテムにするのはどうか、と話し合っている。利用可能なデバイスが増えればユーザーの数も増える。

     −−目標とする数字は。

     ◆目標の利用者数などは開示していない。はっきり言えるのは、日本で長期的なビジネスに100%取り組んでいるということだ。

     −−スカパーJSATとの関係に結論は出たのか。

     ◆スカパーとの取引はない。我々はJリーグの10年間の独占放映権を購入し、ファンを最優先にしたサービスを提供することに集中している。

    http://mainichi.jp/articles/20160830/ddm/035/050/133000c

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160830-00010003-theworld-000-1-view

    清武まさかの“0点評価” 不発に終わった日本人MFに伊メディア「透明人間は日陰で過ごした」

    エル・マドリガルで存在感を発揮できず

    一寸先は闇。多くの期待と共にドイツのハノーファーからスペインの名門セビージャへとやってきた日本代表MFに辛辣な評価が下されている。

    エスパニョールとの開幕戦を6-4で勝利していたセビージャは28日にアウェイでビジャレアルと対戦し、スコアレスドローで終わった。この試合に右インサイドハーフとして先発出場を果たした清武だったが、前節とは打って変わり、チームにチャンスをもたらすことができずに苦戦。
    結局、後半60分に指揮官ホルヘ・サンパオリから交代を命じられ、エル・マドリガルでのゲームは苦い思い出となる。不甲斐ないプレイに終わった日本人MFに対し、スペイン紙『MARCA』は3点満点でまさかの0点評価。さらに伊『Tuttomercato.web』に至っては
    「ピッチ上で最悪のプレイを見せていた清武の存在は透明人間だ。ゲームに参加することなく、終始日陰で過ごしていた」と一蹴し、チーム内最低となる4点を付けている。もちろんチーム内で低調なパフォーマンスを見せたのは清武だけに限らないものの、多くのメディアは彼に前節のような素晴らしい働きを求めていたのかもしれない。

    『MARCA』では清武の他にもスティーブン・エンゾンジやパブロ・サラビアといった選手にも“0点評価”が与えられているが、逆に言えば低調な内容ながら敵地で名門ビジャレアルから勝ち点1を獲得したことはポジティブに捉えるべきと言えるだろう。
    次節はホームでラス・パルマスと激突することになるセビージャ。清武は名誉挽回のチャンスを与えられるだろうか。日本人の奮闘に期待したい。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160830-00010003-theworld-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160830-00000515-sanspo-000-1-view

    【No Ball,No Life】

     ロシアW杯アジア最終予選が9月1日からスタートする。大差での勝利が多かった2次予選に比べれば、手に汗握る展開が増えて見応えはあるだろう。

     関係者にとっては、試合の勝敗はもちろんのこと、チケット販売や視聴率などの「商戦」も気になるところ。現状、ハリルホジッチ監督率いる日本代表の視聴率(ビデオリサーチ調べ)は決して高いとはいえない。

     2次予選を見ると、初戦のシンガポール戦が唯一の20%台で、残り7試合はすべて10%台。前回のブラジルW杯では3次予選(今回の2次予選に相当)で20%台を6試合中4度マークした。最終予選では30%台も珍しくなかったザッケローニ体制は、多くの支持を得ていたといえる。

     もっとも、視聴率の問題に関しては、ハリルホジッチ監督の采配やキャラクターに原因があるとは思えない。いまの状況は、2010年南アフリカW杯を目指した第2次岡田ジャパンにどこか似ている。岡田ジャパンは最終予選ですら20%台はたった2度。ドイツW杯を目指したジーコ・ジャパンが最終予選で40%台をたたき出していたのを考えると“暴落”に近い印象を受けた。

     だが、当時の日本サッカー界の状況を振り返ると、大きな期待を背負ったジーコ・ジャパンがドイツW杯で1分け2敗に終わり1次リーグ敗退。さらに、08年北京五輪では反町ジャパンが3連敗で1次リーグ敗退と、国際大会で日本勢の惨敗が続いていた。視聴率が低迷する流れは、岡田ジャパン誕生以前に作られたと考えるのが妥当だ。

     病に倒れたオシム監督から急きょバトンを引き継いだ岡田監督に、視聴率回復のパフォーマンス采配まで期待するのは間違いで、当時は現実路線で勝利を追求するしかない状況だった。これはアギーレ前監督の八百長疑惑による解任からバトンを受けたハリルホジッチ監督も同じ。14年ブラジルW杯、今回のリオデジャネイロ五輪と日本勢の1次リーグ敗退が続いている厳しい状況も、当時と同じである。

     いまの日本は「黄金のカルテット」「自分たちのサッカー」といった看板を掲げ、大衆に夢を提供する状況ではない。むしろ夢を見た“ツケ”を払うとき。それはブラジルW杯で悔しい思いをした選手が一番分かっている。

     視聴率の話はひとまず置き、勝利だけを期待したい。(浅井武)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160830-00000515-sanspo-socc

    【サッカー】<日本代表>W杯アジア最終予選の初陣は超満員!9・1ホームUAE戦のチケットが完売
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1472537755/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 47の素敵な(神奈川県)(ワッチョイW b7e3-t1qj) 2016/08/30(火) 12:18:46.36 ID:1VKfcQHe0
    soccerking_415833_0-enlarge

    ハリルジャパンになっても攻撃の軸はこの3人だし

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    日本サッカー協会(JFA)は30日、
    9月1日に埼玉スタジアムで行われるロシアW杯アジア最終予選の第1節
    UAE代表戦の観戦チケットが完売したことを発表した。

    なお、前売りにて完売したため、当日券の販売はない。

    ロシアW杯を目指す日本は埼玉スタジアムでのUAE戦後、
    9月6日にアウェーでタイと対戦する予定となっている。

    ゲキサカ 8月30日(火)14時59分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160830-01630790-gekisaka-socc

    写真
    no title


    日本サッカー協会 チケット完売のお知らせ
    http://www.jfa.jp/news/00010836/?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter

    埼玉スタジアム 観客席数 63,700(車椅子席150席含む)
    http://www.stadium2002.com/stadium.html

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160830-00486711-soccerk-000-1-view

    パリ・サンジェルマンが、クラブ史上最高額の移籍金でヴォルフスブルクに所属する
    ドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーを獲得しようとしていることが明らかになった。
    29日付のドイツ紙『ビルト』が報じている。

    同紙によると、パリ・サンジェルマンはドラクスラー獲得に移籍金7500万ユーロ(約85億5000万円)を準備している模様。

    この額は、2013年にナポリから加入したウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニの6500万ユーロ(約74億円)、
    2015年にマンチェスター・Uから加入したアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアの6300万ユーロ(約71億8000万円)を抑えて、
    クラブ史上最高額となるようだ。

    現在22歳のドラクスラーは、昨夏にシャルケからヴォルフスブルクに5年契約で加入した。ブンデスリーガ24試合に出場し6ゴールを記録したほか、
    ドイツ代表として臨んだユーロ2016では、5試合で1ゴールをマークしている。

    パリ・サンジェルマンはリーグ開幕から3試合を終えて2勝1敗。今シーズンから指揮を執るウナイ・エメリ監督のもとで5連覇を達成するため、
    大型補強は実現するのだろうか。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160830-00486711-soccerk-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    日本代表FW岡崎慎司のレスターが、スポルティングに所属するポルトガル代表MFアドリエン・シルヴァを獲得する見通しとなった。
    イギリスメディア『スカイスポーツ』が29日に報じている。

    報道によると、レスターが移籍金2100万ポンド(約28億1000万円)でA・シウヴァの獲得に迫っている。
    同選手はポルトガル紙『O Jogo』に対して「オファーを確認した。

    レスターは非常に興味深く、自分のキャリアのゴールに相応しい場所だよ」とコメント。移籍の見通しを認めている。

    A・シウヴァは1989年生まれの27歳。スポルティングの下部組織出身で、2007年にトップチームに昇格した。
    イスラエルのマッカビ・ハイファやポルトガルのアカデミカ・コインブラへのレンタル移籍も経験。

    2014年からポルトガル代表にも招集され、ユーロ2016の優勝メンバーになった。
    同大会では決勝トーナメントの4試合に出場。決勝でも先発メンバーに名を連ねていた。得点力を兼ね備える司令塔タイプのMFだ。

    なおレスターはA・シウヴァと同じくスポルティングに所属するアルジェリア代表FWイスラム・スリマニの獲得にも動いていると報じられている。
    昨シーズンのプリメイラ・リーガで33試合に出場し、得点ランキング2位の27ゴールを記録したストライカーの加入に向けて、
    28日付の『スカイスポーツ』はレスターが移籍金3400万ポンド(約45億4000万円)を支払う意向を持っていると報じている。

    A・シウヴァとスリマニの“両取り”が実現した場合、報じられている移籍金額の合計は5500万ポンド(約73億5000万円)となる。
    移籍期間終了目前、巨額を投じた“駆け込み”補強は実現するだろうか。

    SOCCER KING 8月30日(火)11時36分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160830-00486681-soccerk-socc

    写真
    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160830-00000013-ism-000-1-view

    酒井宏樹が所属するマルセイユ(フランス)が、アメリカ人実業家フランク・マッコート氏に買収されたことが分かった。現地時間29日、マルセイユのジャン・クロード・ゴーダン市長が発表した。買収額は公表されていない。

     ゴーダン市長は会見でマルセイユの身売りに「満足」していると発言。チームを再び活性化させるために、「一定額を投資」しなければいけないと冗談も飛ばした。

     MLB(メジャーリーグベースボール)のロサンゼルス・ドジャースの元オーナーである63歳のマッコート氏は、「再びクラブがチャンピオンになれるように全力を尽くす」と意気込んだ。

     マルセイユのオーナーだったマルガリータ・ルイ・ドレフュス氏は、3月に双子を出産している。ロシア出身の同氏は、1992年にフランスの実業家ロベール・ルイ・ドレフュス氏と結婚。2009年に白血病でロベール氏が亡くなってから、マルガリータ氏がマルセイユのオーナーを務めていた。(STATS-AP)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160830-00000013-ism-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160830-00010001-sportiva-000-1-view

    W杯アジア最終予選開幕を目前に控え、日本代表の動向が盛んに報じられている現在、なぜこの選手がその場にいないのか、不思議で仕方がない。それほどに、彼がJ1で見せるプレーぶりが“キレッキレ”なのだ。

     横浜F・マリノスの背番号11、MF齋藤学のことである。

     8月27日に行なわれたJ1セカンドステージ第10節、鹿島アントラーズ戦。最終予選開催にともなうリーグ戦中断直前のこの試合、齋藤はピッチ上で誰よりも強い存在感を示し、スタンドの視線を独り占めにした。

     これまで所属クラブになぞらえて、「ハマのメッシ」や「愛媛のメッシ」の異名を取ってきた齋藤だが、この日の齋藤はまさに本家メッシばりの活躍だった。

     身長169cmと小柄な背番号11は、ボールを持って前を向きさえすれば、芝の上を滑るように加速。瞬時にトップスピードに達すると、鋭いドリブルで次々とDFを抜き去り、何度もチャンスを作り出した。

     それでも高速ドリブルだけなら、おそらく鹿島も対応のしようがあったはずだ。きっと脅威は半減していたに違いない。ところが、齋藤はピッチ上を疾駆しながら、止めにくるDFを引きつけたうえで、相手の裏をかくように効果的なスルーパスを何度も通した。

     これには、ファーストステージ王者もお手上げ状態。日本代表でもある鹿島DFの昌子源は「こっちの目線で言えば、やられすぎだけど」と付け加えたうえで、「学くんがスゴかった」と舌を巻いた。

     昌子が脱帽するのも無理はない。2-2で引き分けたこの試合、鹿島の2失点はいずれも齋藤にしてやられたものだった。

     1点目は左サイドでボールを持った齋藤にドリブルで中央にカットインされ、狙いすまして打たれたシュートをゴール前のFW伊藤翔にコースを変えられたもの。そして2点目は、ハーフウェーライン付近でボールを奪われ、齋藤にドリブルで独走されて決められたもの。いずれも齋藤絡みで失点を喫している。

     齋藤は1ゴール1アシスト。試合結果は引き分けでも、齋藤vs鹿島ディフェンスの勝負に限れば、結果は齋藤の完勝だった。昌子は呆れたように苦笑いを浮かべ、こう語った。

    「そんなにやられるかっていうくらい、やられた」

     だが、昌子がそこまで言うのは、齋藤ひとりにすべてをやられたというより、「学くんを意識してやられすぎた」という思いがあるからだ。昌子が続ける。
     
    つづく

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160830-00010001-sportiva-socc&p=1

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160829-00486656-soccerk-000-1-view

    ブンデスリーガ開幕節が26日から28日にかけて各地で行われ、
    日本代表MF長谷部誠所属のフランクフルトはDF内田篤人所属のシャルケに1-0で勝ち、白星発進した。

    長谷部は中盤でフル出場し、勝利に貢献。地元紙『Frankfurter Rundschau』は、「2」点に相当する
    「Gut dabei(良い働き)」と高い評価を与えた。(ドイツ紙の採点は最高1点、最低6点)

    寸評では、「中盤の安定装置であり、迎撃戦闘機。
    走り回ってスペースを埋めた」と、チームのバランスを取る動き、
    相手の攻撃の芽を摘み取るアグレッシブさ、そして豊富な運動量を手放しで称えた。

    さらに、「8分には、ブラニミル・フルゴタへの夢のようなパスを通している」と、
    パス精度の高さも紹介した。

    SOCCER KING 8月29日(月)22時46分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160829-00486656-soccerk-socc

    続きを読む

    このページのトップヘ