海外サッカー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/07/08(金) 22:56:08.61 ID:CAP_USER9
    7日に行われたEURO2016の準決勝、ドイツ対フランス戦。

    試合に勝利し決勝進出を決めたフランス代表の選手たちは、試合後スタッド・ヴェロドロームのピッチであるセレブレーションを行った。


    これは、大会を盛り上げたアイスランド代表が試合後に必ずやっていた「バイキングクラッピング」と呼ばれる手拍子だ。

    選手とファンが一つになって行うこの“儀式”。その一体感や雰囲気は圧巻であり、強敵ドイツに勝利したフランスの選手たちは、ヴェロドロームでこのセレブレーションを“パクった”のだ。

    こうしたパフォーマンスに著作権などないはずなので“パクる”という表現自体がどうかとも思うが、このセレブレーションを認知させたのはアイスランドである。

    今回の件に関してアイスランドがどのような反応を見せるのかに注目が集まっていたのだが、早速代表チームのTwitterアカウントがこんなツイートをしていた。


    フランスがやった手拍子の動画を紹介しつつ、「フランスが我々のチャントをやってくれて良かった」とコメント。怒るどころから喜んでた!

    とはいえ、“本家”としてのプライドも忘れていなかった。「だけど、どの国もアイスランドほど上手くはできないよ」と書き加えていたのだ。このユーモアはナイス!


    さらにアイスランドは違った動画も紹介。

    自分たちが有名にしたセレブレーションがどんどん波及していく様子を好意的に見ているようだ。

    ちなみにこのチャントだが、アイスランドが紹介しているように"Uhh(ウー!)"ではなく"Huh(フー!)"。

    http://qoly.jp/2016/07/08/iceland-national-team-twitter-20160708

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/07/09(土) 08:21:11.46 ID:CAP_USER9
    ドルトムントの日本代表MF香川真司(27)がアーセナルに移籍するFW浅野拓磨(21=広島)にアドバイスを送った。

    過去にプレミアリーグのマンチェスターUに所属。2シーズンで38試合6得点と満足な結果を残せなかった。
    昨季プレミア2位の強豪にはFWウォルコット、ウェルベック、DFベジェリンらスピードが武器の選手が多いだけに「簡単にポジションが取れるほど甘くない。
    アーセナルには拓磨ぐらい足の速い選手も多い。自分の特長に自信を持ちながら、いろんなことを吸収してプレーの幅を広げてほしい」と語った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160709-00000033-spnannex-socc

    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/07/08(金) 21:51:08.50 ID:CAP_USER9
    7日に行われたユーロ2016準決勝で開催国フランスに0-2の敗戦を喫し、世界王者ドイツは大会から姿を消した。主将のMFバスティアン・シュバインシュタイガーは試合後に、これからの自身の代表キャリアについてはまだ決めていないと話している。ドイツ『キッカー』が試合後のコメントを伝えた。

    マンチェスター・ユナイテッドでは負傷を繰り返し、シーズン後半戦のほとんどを棒に振っていたシュバインシュタイガー。負傷から完全に復活していない状態でユーロに向けたドイツ代表メンバーに選ばれたことで、ヨアヒム・レーブ監督の決断に対しては国内で疑問の声も上がっていた。

    大会では途中出場が続き、準決勝が初めての先発出場となった。相手からボールを奪うなど守備面で好プレーも見せていたが、ハンドによりフランスのゴールにつながるPKも献上してしまった。

    シュバインシュタイガーはハンドの場面について、「ボールの方に向かおうとしたが、なぜ手を上げたのかは説明できない」とコメント。さらに代表での自身の将来については次のように語った。

    「少し距離を置いてから考えたい。すべてのエネルギーをこの大会に注ぎ込むつもりで戦おうとしていたが、2度の負傷をしたあとでもあったから簡単なことではなかった。敗れたことは本当に残念だ。だが、このチームの道は続いていく」

    ユーロ2016に臨んだ全チームの中で平均年齢が最も低かったドイツ代表だが、来月1日に32歳の誕生日を迎えるシュバインシュタイガーは23人の中で最年長だった。このまま若手に道を譲り、代表のキャリアを終えることになるのだろうか。

    20160708-00000023-goal-000-2-view

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160708-00000023-goal-socc


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    o0450025413360611180

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/07/08(金) 20:35:45.51 ID:CAP_USER9
    準決勝でフランスに敗れ、20年ぶりのEURO制覇を逃したドイツ代表。
    皇帝フランツ・ベッケンバウアー氏は、DFジェローム・ボアテングの負傷交代が勝敗のカギだったと考えている。8日、スペイン紙『マルカ』が報じている

    ベッケンバウアー氏は「ボアテングがいたら0-1をひっくり返していたと確信している」と61分で負傷交代を余儀なくされた守備の要の不在を嘆き、
    「彼の交代で守備が崩壊した」と述べる。

    アントワーヌ・グリーズマンによる決定的な2点目が入ったのは、
    ボアテング交代後の72分。今大会のチームMVPとも言われたボアテングの負傷交代はあまりにも痛すぎたようだ。

    また、「FWマリオ・ゴメスの欠場で真のストライカーがおらず、多くのチャンスをものにできなかった」と語り、
    「DFマッツ・フンメルスの欠場も思った以上に影響があった」とこの大一番をそれぞれ負傷と出場停止で棒に振った2選手の名を挙げた。

    「ドイツとフランスは大会ベストチームの2つだ。敗退はしたが、我々はいいEUROを送れた」と評価するベッケンバウアー氏。
    準決勝を前に、多くの負傷者を出してしまったドイツ代表。そして試合中のキーマンの離脱。皇帝には彼らの不在がさぞ歯痒く映ったことだろう。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160708-00010033-footballc-socc
    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/07/08(金) 19:57:25.37 ID:CAP_USER9
    公式サイトで発表 英「BBC」は2022年までの6年契約と報じる
     
    リバプールのユルゲン・クロップ監督が、昨年10月の就任からわずか9カ月間で契約を延長した。リバプールが公式サイトで発表した。

    クロップ監督は「オーナーとクラブから示された献身に、自分自身、ゼリコ、ペーターがどんなに名誉に思っているのか表現するのが難しい。
    我々は旅をまだまだ始めたばかり。この特別な場所とすでに絆を持てたのは信じられないよ」と語った。

    クロップ監督は右腕であるアシスタントコーチのゼリコ・ブバッチ氏と、分析担当コーチのペーター・クラビッツ氏とともに長期契約を延長した。
    クロップ氏はこれまで2018年6月まで、年俸総額1500万ポンド(約20億円)の好条件を手にしていたが、
    英公共放送「BBC」によると2022年までの6年という、異例の長期契約になったとレポートされている。

    リバプールは昨季8位に終わったが、
    欧州屈指の名将はリーグカップとUEFAヨーロッパリーグで、チームを準優勝に導くなど確かな手腕を示していた。

    公式サイト
    http://www.liverpoolfc.com/

    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    daa1b4a2-c35d-4692-a860-2517e544e7c5

    1: 1級神2種非限定φ ★@\(^o^)/ 2016/07/08(金) 19:29:11.52 ID:CAP_USER9
    イタリアのラツィオは8日、マルセロ・ビエルサ監督が辞任したことを明らかにした。

    ラツィオは6日にビエルサ監督の就任を発表したばかり。就任2日での辞任に、
    クラブは法的措置をとる構えのようだ。

    理由は不明だが、ヘラルド・マルティノ前監督の辞任により空席となったアルゼンチン代表を指揮するのではないかと噂されている。

    なお、ラツィオは昨季終盤に暫定で指揮したシモーネ・インザーギ監督がチームを率いるとのことだ。
    http://qoly.jp/2016/07/08/two-days-after-joining-as-manager-marcelo-bielsa-quits-on-lazio

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/07/08(金) 18:12:30.06 ID:CAP_USER9
    現地時間7日に行なわれたEURO2016準決勝でフランスに0対2と敗れ、欧州制覇の目標に届かなかったドイツ。

    かつて同代表として活躍したミヒャエル・バラック氏は、
    「フランスが勝って当然だった」と述べ、チームを批判した。独放送局『Sport1』のウェブサイトが伝えている。

    開催国フランスと対戦したドイツは、前半にいくつか好機を得るも決定力に欠け、前半ロスタイムにバスティアン・シュヴァインシュタイガーのハンドでPKを献上。
    これをアントワン・グリーズマンに決められると、その後同点にできないまま72分にもグリーズマンにネットを揺らされ、完敗した。

    米放送局『ESPN』で解説を務めるバラック氏は「フランスが勝って当然の試合だった。彼らのパフォーマンスは素晴らしかった。
    辛抱強く待ち、ドイツを前がかりにさせた。

    グリーズマン、(ポール・)ポグバ、(ディミトリ・)パイェというファンタスティックな選手たちによって、その戦術が功を奏した。実に素晴らしかった」と手放しでフランスを称えた。

    シュヴァインシュタイガーがハンドを取られたシーンについて、バラック氏は「100%ハンド」「自分が守備に入るのが遅かったから、手で何とかしようとしたんだ。
    そうでもしないとボールに届かないから」とコメント。

    ドイツはボールポゼッションで65%と相手を上回っていたが、これについては
    「全員が攻撃に上がった最後の10分か5分を除いて、まともなチャンスを1つも生み出せていなかった」と批判的な言葉を残した。

    バラック氏は今大会中、ドイツ代表に対して何度か厳しいコメントを発しており、
    「このチームには個性も特徴もない」「美しいサッカーをしてゴールを決めようとするところが弱点」と述べていた。
     
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160708-00000020-ism-socc

    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/07/08(金) 17:11:04.64 ID:CAP_USER9
    日本時間8日(金)早朝、EURO2016の準決勝で開催国フランスと激突するドイツ。

    優勝国候補同士の一戦ということで、熱い試合に期待したいところだ。

    そんな注目の試合はマルセイユにあるスタッド・ヴェロドロームで行われる予定であり、ドイツ代表はキャンプ地であるエヴィアンを出発。

    すでにマルセイユ入りしているのだが、その移動の際、メスト・エジルがTwitterにこんな写真を投稿していた。

    エジルが紹介したのは、マヌエル・ノイアーとの2ショット写真。

    これだけならよくある写真なのだが、ノイアーはエジルとおそろいのキャップを被っている。

    実はこれ、エジルがデザインしたと思われるキャップだ。

    no title


    自身のイニシャルであるMとOが描かれているこの帽子。EUROの大会期間中エジルはよくこのキャップを被っていたのだが、同僚であるノイアーにもプレゼント(?)し一緒に写真を撮ったというわけだ。

    以前にはユリアン・ドラクスラーとの2ショットも。ドイツ代表で流行中?

    http://qoly.jp/2016/07/08/mesut-ozil-and-manuel-neuer

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Egg ★@\(^o^)/2016/07/08(金) 06:41:57.22 ID:CAP_USER9
    EUROで大ブレイク中のサンチェスに、ギー・ルー氏が噛みつく
     
    バイエルン・ミュンヘンに3000万ユーロ(約33億円)で移籍したポルトガル代表MFレナト・サンチェスに、
    年齢詐称疑惑が浮上している。スペイン地元紙「AS」が報じている。

    欧州選手権準々決勝ポーランド戦でゴールを決めるなど、大会を通じて輝きを放っている新星に、
    エリック・カントナ氏やパリ・サンジェルマン前監督のローラン・ブラン氏ら名手を、オセールで育成したギー・ルー元監督が噛みついた。

    「彼は18歳だと言っているが、彼の過去を洗わないといけないね。
    彼の生まれた後、生年月日が明らかになったんだ。誕生日が違うんだ。彼は23か24歳だと保証できる」

    かつての欧州屈指の名伯楽の告発に、欧州中に波紋が広がった。
    この疑惑にポルトガル地元紙「ジョルナル・デ・ノティシア」は調査を行い、選手の誕生日は1997年8月18日となっているが、
    出生届けはその5年後の2002年まで出されていなかったという。理由は生後5カ月での両親の別居があったという。

    レナト自身は「ポルトガルで育って、ベンフィカに10年間いたのに、
    どうやったら25歳になれるんだろうね。理屈が通らないよ」と、疑惑を否定しているという。

    http://www.soccermagazine-zone.com/archives/36282

    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/07/07(木) 19:32:47.24 ID:CAP_USER9
    マンチェスター・ユナイテッドが、ユベントスのフランス代表MFポール・ポグバに
    サッカー史上最高額の1億2000万ユーロ(約134億円)で獲得のオファーを出すと、
    イタリア衛星放送「スカイ・イタリア」と英紙「デイリー・メール」が報じている。

    ポグバはユナイテッドから2012年に移籍金ゼロでユベントスに移籍。
    イタリア王者で研鑽を積み、世界最強のミッドフィルダーという評価を手にしている。

    2013年にトットナムからレアル・マドリードに移籍したウェールズ代表FWギャレス・ベイルの移籍金記録116億円を更新する世界最高額オファーに加え、
    年俸1300万ユーロ(約15億円)という破格の条件を提示し、獲得を画策している。これはユベントスでの年俸の、じつに3倍に当たる高給だ。

    ユナイテッドとしては、タダで手放した逸材を134億円で買い戻すという移籍市場でのオペレーション能力の低さを露呈する格好となるが、
    ポグバと契約するミノ・ライオラ代理人とは密接な関係にある。スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(←PSG)、
    アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(←ドルトムント)という顧客を次々に“赤い悪魔”に送り込んでおり、ポグバが3人目の衝撃となるかもしれない。

    ユベントスはポグバ放出に否定的な姿勢を貫いているが、移籍金ゼロで獲得した逸材を世界屈指のタレントに育て上げ、
    134億円で放出して巨額の売却益を手にできるとなれば、方針を一変させるかもしれない。
     
    http://www.soccermagazine-zone.com/archives/36271

    写真
    no title

    続きを読む

    このページのトップヘ