Jリーグ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    持ち味のドリブルだけでは、この群雄割拠の代表では生き残っていけない。
    10月2日、ロシア・ワールドカップのアジア最終予選、イラク戦とオーストラリア戦に臨む日本代表が、さいたま市内でトレーニングを行なった。

    宇佐美貴史と武藤嘉紀の負傷により、追加招集となった齋藤学らこの日集まった12人が、
    前日のリーグ戦の疲れを癒すかのように、ボール回しなど軽めの調整メニューに汗を流した。
     
    齋藤は前日の甲府戦で2ゴール・2アシストを決めるなど、最近のリーグ戦でハイパフォーマンスを見せている。
    追加招集とはいえ、今〝キレキレ″のドリブラーにハリルホジッチ監督から声がかかったのは当然と言える。
     
    その切れ味鋭いドリブルが最大の特長の齋藤だが、これまでも5試合・1得点と少なからず代表での戦いを経験しており、
    「持って仕掛けることは自分の良さ。だけど、仕掛けられる選手はほかにもいるし、もっといろんな良さを持っている人たちがたくさんいる」と、レベルの高さを把握している。
     
    そんな齋藤が「違いを見せていきたい」と語ったのは、最大の特長であるドリブルではなかった。
    「取った後の攻撃にいくスピードとかはすごく早いし、(奪われた時も)そこから切り替えて、高い位置で取りに行くとか、そういう切り替えの速さがある」
     
    ハリルジャパンのサッカーをこう分析する齋藤は、続けて、そのサッカーに対しての自信ものぞかせた。
    「切り替えとかの部分は自分の良さもあるので、そこでの違いは見せていきたい」
     
    2014年のブラジル・ワールドカップの本大会のメンバーに選ばれるも、出場できず。今年3月の2次予選に追加招集された際も、出場機会はなかった。
    そうした憂き目を味わってきた齋藤だからこそ、持ち味のドリブルだけでは、群雄割拠の代表では生き残っていけないと感じている。

    ■仕掛ける姿勢を貫いた結果、「この(代表の)場に来られた」
     
    そうは言っても、ドリブルという特長を出さないわけではない。あくまでも齋藤の最大の武器はどんな相手にも強気に仕掛ける姿勢だ。

    「マリノスの状況的にも、やっぱり自分が仕掛けることで何か変化を加えられると思っていたので、そういう部分ではすごく責任感をもってプレーできている。
    取られることはありますけど、それでも何度も仕掛け続けるという姿勢が、こういう(代表という)ものにつながっていると思うので、それは変わらずやり続けます」
     
    評価されたのは、仕掛ける姿勢であることは、本人ももちろん自覚している。これまで声はかかれども、
    満足なプレータイムを与えられずにいた。それでも何度も立ち上がってきた齋藤だからこそ、今回の代表戦に賭ける意気込みは相当強い。

    「同年代で、キヨ君(清武弘嗣)もそうだし、(酒井)高徳とか(酒井)宏樹とか、サコ(大迫勇也)もそうだし、
    (山口)蛍とか(原口)元気とかも、みんな海外に行って、代表にずっといて、見ていて悔しいなという想いはある。

    でも焦ってもしょうがないので、しっかりと自分の道を進んでいこうと思ってやってきて、
    やっとこうやって、追加招集ですけど、ここの(代表の)場に来られたので、しっかりと今回、自分のポジションをとれるようなものを見せなきゃいけない。
     
    慌てずに、Jリーグ゛でやっていることと変わらずのプレーをしなきゃいけない。まあ、それ以上は出ないと思うけど、楽しみですね」
    出場機会を得られなくても、何度も仕掛け続ける姿勢を貫き、再びチャンスを掴んだ齋藤は、日本代表のサバイバルを勝ち残れるか。
    J屈指のドリブラーの成長した姿と、新たに見せる〝違い″に期待したい。
     
    取材・文:多田哲平(サッカーダイジェストWEB編集部)

    SOCCER DIGEST Web 10月3日(月)12時0分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161003-00019292-sdigestw-socc

    写真
    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160929-01631701-gekisaka-000-5-view

    29日に発表された10月6日のW杯アジア最終予選イラク戦、11日の同オーストラリア戦に臨む日本代表メンバー26人に、鹿島アントラーズMF永木亮太が唯一の初選出を果たした。

     15年12月に国内組を集めて行われたスタッフ・選手ミーティングに参加した永木は、16年3月の日本代表候補合宿に追加招集されていたものの、A代表選出は初めて。しかし、A代表を率いるバヒド・ハリルホジッチ監督は「長い間、追跡した選手」と常に注視していたことを明かした。

     今季、湘南から鹿島に移籍した永木は第1ステージの先発出場こそ2試合にとどまったものの、第2ステージに入ると出場機会を増やし、第13節終了時点で7試合でスターティングメンバーに名を連ねている。

     ハリルホジッチ監督は「存在感を出しているし、呼んでみたいと思った」と話すと、イラク、オーストラリアとの連戦の中で、特に「オーストラリア戦で必要になると思った」ようだ。その理由は「しっかりとボールを奪える選手」だということ。指揮官はオーストラリアを「アジア最強」と評したように、ボールを握られる展開も予想しており、その中で“ボールを奪える選手”が重要だと考えている。

    「長谷部(誠)、山口(蛍)、永木はボールを奪える選手。コンタクトやデュエルを怖がらない選手たちだ」と期待を寄せるハリルホジッチ監督。前回の候補合宿で「爪痕を残したい」と語っていた永木は、指揮官が求めるものをピッチ上で体現してアピールを狙いたい。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160929-01631701-gekisaka-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    soc1609271550001-p1

    ■サッカー明治安田J1第2ステージ第13節(25日、川崎市等々力陸上競技場ほか=9試合)

    川崎が横浜Mに3-2で競り勝ち、広島を下した首位・浦和とともに年間王者を争うチャンピオンシップ(CS)進出を決めた。

    川崎はクラブ史上初のCS出場となり、MF中村憲剛(35)は安堵の笑みを浮かべた。

    「第2ステージ優勝と年間1位を目指しているけど、チャンピオンシップの挑戦権を獲得できたのはよかった」

    ホームで臨んだこの日の試合は、後半39分にMF三好が2点目を決めて優位に進めていた。

    だが負傷交代などがあり、ロスタイムは9分。これがドラマのクライマックスタイムとなった。

    立て続けに2点を失い同点に追いつかれたが、日本代表FW小林が値千金の決勝ゴール。

    中村の右CKが起点となった劇的勝利だったが、その本人は「今までの川崎なら勝てていなかった」と興奮気味に振り返った。

    チームは勝ち点「28」で2位に浮上。ボランチとして中村は献身的なプレーで支えているが、ハリル・ジャパンからも期待を受けている。

    日本代表は10月にW杯アジア最終予選のイラク戦(6日・埼玉)、オーストラリア戦(11日・メルボルン)に臨むが、

    初戦UAE戦で黒星スタートとなるなど苦戦中。原因はボランチが機能していないことで、中村の絶妙な“舵取り”ぶりが求められている。

    この日の横浜戦でも、9月の最終予選で代表デビューを果たしたMF大島とWボランチを組み、見事なコンビネーションをみせると、得意のタテパスで何度も決定機を作った。

    中村は日本代表への招集に関しての発言を封印しているが、ハリルホジッチ監督が若手の一番手として期待する大島との好連携を披露し「CS出場権」という結果を出したことで、

    代表復帰への条件が完璧に整った格好。後はベテラン嫌いのハリルホジッチ監督が腹をくくるだけだ。 (夕刊フジ編集委員・久保武司)

    2016.09.27
    http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20160927/soc1609271550001-n1.htm

    SAMURAI BLUE(日本代表)メンバー発表記者会見のインターネットライブ配信決定
    9月29日(木) 15:00(予定)

    http://www.jfa.jp/news/00011066/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160926-00000023-sph-000-2-view

    ◆四国リーグ第14節 FC今治6-1KUFC南国(25日、今治市桜井海浜ふれあい広場サッカー場)

    元日本代表監督で、日本サッカー協会の岡田武史副会長(60)がオーナーを務めるFC今治が25日、KUFC南国を6―1で下し、四国リーグ連覇を飾った。
    オーナー2季目の今季は1試合を残し、13戦無敗。
    今後は11月に開催される全国地域リーグ決勝大会(山梨など)で自動昇格となる2位以上を目指し、来季のJFL参入を狙っていく。

    レンズの奥の瞳が喜色に染まった。引き分け以上で優勝が決まった前週(対高知ユナイテッド)は雷雨の影響でリードしながら後半15分に打ち切り。
    1週間遅れで連覇を見届けた岡田オーナーは「優勝は当然だと思っていた。
    ホームに応援に来ていただいた方たちと決められて良かった」とほほ笑んだ。

    14年11月にオーナーに就任。当初は観客数300人も入れば多い方で、運営もほぼ1人のスタッフでまかないスポンサーも10社以下。
    10年W杯南ア大会で日本を16強に導いた名将は、まず指針を示すところからスタートした。
    徐々に体制を整え、現在は運営スタッフも8人に増員され、スポンサーは100社を超えた。
    この日は豪雨の中、約2000人のサポーターを本拠に集めた。

    今季試合中はベンチでにらみをきかせ、戦術は吉武博文監督(56)に任せ、自身は精神論を説いた。言い聞かせたのは「熱を伝えろ」。
    勝っても内容に納得できない時は「(ファンが)『また来たい』って思ってくれる試合をしてるのか!」と“大カミナリ”を落とすこともあったという。

    リーグ連覇はただの通過点。昨季1次ラウンドで敗退した全国地域リーグ決勝大会でのリベンジに向かう。
    「我々は突破できる力がある」“経営者・岡ちゃん”の旅路は続く。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160926-00000023-sph-socc
    スポーツ報知 9月26日(月)6時4分配信

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    00-212

    サッカー横浜FCのFW三浦知良が天皇杯の長野戦に49歳6カ月27日で途中出場し、最年長出場記録を更新。 

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160921_kubo_sato

    インドで開催中のAFC・U-16(16歳以下)アジア選手権で、2試合連続で2ゴールをマーク。連勝スタートを切ったU-16日本代表をけん引している15歳のFW久保建英(たけふさ)に注がれる視線が、ピッチの内外でますます熱気を帯びてきている。

     FC東京U-18に所属しながら、トップチームの公式戦に出場できる「2種登録選手」として追加登録されたのが今月16日。その数日前からメディアで報じられていたこともあり、スペインの名門バルセロナの下部組織で育った逸材に関して、FC東京にはこんな問い合わせが数多く寄せられている。

    「いつJ1でデビューさせるのか」

     久保の生年月日は2001年6月4日。終盤戦に入った今シーズンのリーグ戦のピッチに立った時点で、FW森本貴幸(当時東京ヴェルディ)がもつ15歳10ヶ月6日のJリーグ最年少出場記録を大幅に更新し、森本に次ぐ史上2人目の“中学生Jリーガー”となる。

     4年後の東京五輪でのメダルを託されるエース、さらには将来のA代表へとつながる新たなステップを踏み出すことになるが、予想を上回る反響の大きさにFC東京の立石敬之ゼネラルマネージャー(GM)は苦笑いを隠せない。

    「(Jリーグに)登録しただけなんですけど、マスコミの方はちょっと加熱しているところがあるので。ただ、そういうタレントではありますよね。日本サッカーの将来を背負って立つというね」

     登録上ではJ1でプレーすることが可能になった久保だが、今回はトップチームへの「昇格」ではなく、あくまでも「2種登録選手」となる。インドから帰国後も基本的にはFC東京U-18の一員として日々の練習に打ち込み、週末の試合に備えるサイクルはこれまでと変わらない。

     トップチームの練習は原則として午前中に行われるため、義務教育中の久保が参加する予定も現時点で立てられていない。それでも久保を追加登録した理由を、立石GMはこう説明する。

    「(U-18の)高校3年生のうち、大学への進学が決まった選手たちを2種登録選手から外して、来年期待している選手たちを登録した。そのなかに久保も入ったわけです。ただ、彼はU-18の試合でも途中出場が多いので、まずはU-18でレギュラーをとること。そのなかでタイミングが合えば上(のカテゴリー)でやらせるかもしれないけれども、まずはU-18でしっかりとやらせます」

     高校3年生の進路が決まってくる9月に入って、FC東京は2種登録していたU-18所属の4選手を抹消している。代わりに今シーズンの登録期限となる16日に、久保と同じくU-16日本代表に選出されている16歳のMF平川怜を追加。前者には背番号「50」が、後者には「14」が与えられた。


    ただ、FC東京が他のJクラブと異なるのは、今シーズンからU-23チームをJ3に参加させている点だ。2種登録されたことでJ3でのプレーも可能になる。実際、今シーズンのFC東京U-23では久保と平川を含めた15人ものU-18所属選手が2種登録され、そのうち10人がピッチに立っている。

     ガンバ大阪とセレッソ大阪もU-23チームをJ3に参戦させているが、練習などはトップチームと分けて活動させている。対照的にFC東京は全体が同じメニューを消化し、週末のリーグ戦を前にしてトップチームとU-23チームとに分けられる。

     メンバー編成はトップチームが優先されるため、人数的に不足するときには積極的に2種登録選手を登用してきた。たとえば高校3年生のDF岡崎慎は、累積警告で出場停止となった19日のブラウブリッツ秋田戦を除いて、全21試合に先発フル出場を果たしている。岡崎だけでなく、J3で17試合に出場したMF鈴木喜丈、リザーブとしてスタンバイしていた196センチの長身GK波多野豪も、狭き門をくぐり抜けてトップチーム入りを勝ち取った。真剣勝が繰り広げられるJ3という舞台が、いかに成長を加速させたのか。効果の大きさを立石GMも強調する。

    「FC東京は育成をすごく大事にするクラブなので、その意味ではどうしてもU-23チームが必要でした。実際、今年に入って、実質的には(J3が開幕して)6ヶ月ちょっとですけど、他の選手たちも含めて若い選手たちがものすごく伸びましたからね」

     J3は原則日曜日に開催されるため、2種登録選手は学校が休みとなる前日土曜日にU-23チームの練習に参加。その時々のチーム状況や選手のコンディションなどが勘案され、必要となれば“ぶっつけ本番”でも翌日のリーグ戦に帯同させる。ベンチにはU-18の佐藤一樹監督がコーチとして入り、2種登録選手の情報を首脳陣に伝えるといった配慮もほどこされている。

     18歳未満の国際間移籍を原則禁止とする国際サッカー連盟のルールに、バルセロナが抵触していることが2014年春に発覚。以来、公式戦に出場できない状況が続いた久保は昨春に退団・帰国を決断したが、所属先を古巣の川崎フロンターレの下部組織ではなくFC東京U-15むさしとしたのも、成長へのレールがしっかりと敷かれていたからだろう。

     そして、中学3年生ながら、今シーズンから“飛び級”でU-18へ昇格した久保は、インドから帰国後は岡崎をはじめとする2種登録選手たちと同じ軌跡をたどり、まずは土曜日の練習に参加しながらJ3デビューのタイミングをうかがっていくことになる。焦りは禁物とばかりに、立石GMが続ける。

    「U-18ではゲームが間延びした状態では“違い”というものをすごく出せる。大人のサッカーをしていくためには、それを90分間、U-18の試合の頭からちゃんと出せるかどうか。森本の場合は体が先にできあがっていて、そこに技術が追いついてきた形ですけど、久保の場合は技術的な部分で突出している点でちょっと違いますよね。この1年間で身長も伸びているし、体幹も強くなってきたけど、体重はまだ軽い。筋トレなどをするにもまだ早い段階なので、いまは身長をもう少し伸ばしていきたいという感じですね。性格的には非常にポジティブで明るい。すぐにみんなと打ち解けあって、輪の中心にいる。コミュニケーションスキルが非常に高いですよね」

     FC東京U-15むさし加入したときの163cm、52kgが、いまでは167cm、60kgになった。身体の成長と照らし合わせながら、いつでも“Jデビュー”させてもいい準備を整えた今回の2種選手登録。今後は来春に進学する高校に関して、立石GMは定期的に行っている面談の席で久保サイドの意向を聞きたいとしている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160919-00000002-wordleafs-socc&p=2

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160914-00000165-sph-000-1-view

    G大阪FW長沢駿(28)が、名古屋の元日本代表DF田中マルクス闘莉王(35)とのマッチアップに挑む。名古屋戦(17日・豊田)に向け、14日は大阪・吹田市内で練習。「闘莉王さんは短い時間でチームを変えたすごい選手。でも誰かを意識はせずにやりたい。自分が点を取れればいいけどチームの勝利が一番なので、つぶれ役でもいい」と名古屋のJ1残留に向けて燃える闘将DFを引きつける役目を買って出た。

     長沢は公式戦ここ7戦7ゴールと絶好調。8月は4得点でJリーグが選ぶ8月の月間MVP、8月27日の湘南戦で決めた得点が月間ベストゴール賞にも選出された。後方からのロングパスを走りながら右足ダイレクトで合わせたゴールを、選考委員からは「1980年代から1990年代初頭までオランダ代表やACミランなどで活躍し、バロンドールやFIFA最優秀選手賞を受賞したマルコ・ファン・バステンを彷彿とさせる」と評価された。サッカー界に名を残す伝説の名FWに例えられ「全然そんなんじゃないです…。すごい選手だということは知っています。今日の練習でも、シュート練習で決めるたびに冷やかされて、照れくさかった」と苦笑いをみせた。

     清水での監督時代から指導し、G大阪にも呼び寄せた長谷川健太監督(50)は「若いころから(ハーフナー)マイクと同世代で、どっちがものになるかと比較されていた。先にマイクがブレークして、長沢はJ1では順調にはいかなかったけど、やっと結果を出せるようになってきた」と愛弟子の成長を喜んだ。192センチの長沢と、194センチのハーフナー・マイク=現オランダ・ADOデンハーグ=。ともに日本には貴重な大型FWだが、海外移籍や日本代表入りなども果たしたハーフナーに続き、長沢も28歳にしてそのポテンシャルを開花させようとしている。

     チームを第2ステージ3位への浮上させる原動力となり、周囲の評価はうなぎ登りだが、当の本人は「僕は調子に乗るような選手じゃない。今年まだアシストがない。もっと周りを生かすプレーもできれば」と冷静だ。闘莉王が復帰し、10日の新潟戦で19試合ぶりの勝利を飾るなど、士気の上がる名古屋に対し「ゴールをこじ開けていきたい。がむしゃらにやる」と挑戦者の気持ちでぶつかる覚悟を示していた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160914-00000165-sph-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160913-00000004-nksports-000-10-view

    21世紀生まれのJリーガーが誕生する! サッカーJ1東京のU-18(18歳以下)に所属するFW久保建英(15)が、トップチームに選手登録されることが12日、分かった。

    東京が今月16日までに登録する方針を固めたもので、スペインの名門バルセロナの下部組織でプレーした20年東京五輪のスター候補が、
    早くもJリーグの舞台に立つ可能性が高まった。
    出場となれば04年3月の森本貴幸(東京V)以来の中学生選手で、01年以降の生まれでは初めてとなる。

    ◆久保建英(くぼ・たけふさ)2001年(平13)6月4日、川崎市生まれ。
    小学2年だった09年11月、川崎Fジュニアのセレクションに合格。
    11年4月の入団テストを経て同年9月にバルセロナの下部組織に入団。
    15年5月に東京U-15むさしに加入。今季東京U-18に飛び級昇格。167センチ、60キロ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160913-00000004-nksports-socc
    日刊スポーツ 9月13日(火)4時49分配信

    http://amd.c.yimg.jp/im_siggNVxNkN0TszX2gAPbSuncOg---x381-y400-q90/amd/20160913-00000004-nksports-000-1-view.jpg

    https://www.youtube.com/watch?v=Aop8D8wNwXs


    15歳の森本 貴幸がJリーグ初ゴール!【あの年の今日】

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     名古屋グランパスの元日本代表DF田中マルクス闘莉王(35)が、決意の1週間を迎える。3日の天皇杯長野戦での金星献上を見届けた後、思いを激白。

    「オレをクビにして自慢してたヤツらはこういうときどこにいるのか」とフロントの姿勢に疑問を呈しつつ、自身がチームを立て直す覚悟を示した。 

    チームは4日、豊田市内でのミニキャンプの疲労を考慮して休養に専念した。
     
    東京中日スポーツ
    http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/grampus/news/201609/CK2016090502000106.html


    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160902-00018637-sdigestw-000-1-view

    札幌は岡山、C大阪は京都でJ2上位陣対決に

    第96回天皇杯の2回戦が9月3日(土)と9月7日(水)に開催される。
    2回戦からは、ACL出場シードチーム(広島、G大阪、浦和、FC東京)を除くJ1クラブが登場し、見どころも多い。
     
    そのなかで2回戦に進出したアマチュアクラブの奮闘も見逃せない。
    なかでも関東大学サッカーリーグ2部に所属している神奈川大は、1回戦でJ2・8位の町田を下している。

    神奈川県予選ではJ3のY.S.C.C横浜を退けて本選に出場しており、
    J3、J2に続き、J1の磐田も叩き、波乱を起こせるか注目だ。
     
    また、J2勢同士の組み合わせも実現した。
    なかでも首位札幌対4位岡山、3位C大阪対6位京都はともに上位陣対決。
    リーグ戦は30節を終え、J1昇格レースの今後を占う意味でも重要な一戦になりそうだ。
     
    ルヴァンカップ出場チームは9月7日(水)に開催。そのほかの試合は9月3日に行なわれる。
     
    天皇杯2回戦の組み合わせは以下の通り
     
    9月3日(土)
    18:00 磐田 vs 神奈川大 ヤマハ
    19:00 湘南 vs 山梨学院大オリオンズ BMWス
    18:00 徳島 vs 北九州 鳴門大塚
    18:00 名古屋 vs 長野 名古屋港
    18:30 長崎 vs 横浜FC トラスタ
    15:00 甲府 vs 大分 中銀スタ
    19:00 清水 vs 水戸 アイスタ
    18:30 鹿島 vs 富山 カシマ
    13:00 札幌 vs 岡山 札幌厚別
    18:00 山形 vs 群馬 NDスタ
    16:00 新潟 vs 関西学院大 デンカS
    19:00 熊本 vs 東京V うまスタ
    18:00 柏 vs 奈良クラブ 柏
    15:00 讃岐 vs 愛媛 ピカスタ
    19:00 仙台 vs 盛岡 ユアスタ
    16:00 松本 vs HondaFC 松本
    19:00 川崎 vs 秋田 等々力
    18:00 千葉vs 金沢 フクアリ
    19:00 鳥栖 vs 琉球 ベアスタ
    19:00 C大阪 vs 京都 金鳥スタ

    9月7日(水)
    19:00 大宮 vs 鳥取 NACK
    19:00 神戸 vs 鈴鹿アンリミテッドFC 神戸ユ
    19:00 福岡 vs 山口 レベスタ
    19:00 横浜 vs 福島 ニッパツ

    SOCCER DIGEST Web 9月2日(金)20時48分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160902-00018637-sdigestw-socc

    テレビ放送予定
    http://www.jfa.jp/match/emperorscup_2016/tv.html

    ライブ配信

    続きを読む

    このページのトップヘ