日本代表

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    08

    W杯アジア最終予選で苦しんでいるハリルジャパンの隠し玉は関西にいた! 
    攻守ともに低調な日本代表では、新たな戦力の投入が検討されている。

    ハリルホジッチ監督もバックアップメンバーにMF中村憲剛(35=川崎)をリストアップし
    「最終予選を戦うためには多くのことを予想しなければならない。ぎりぎりのところで驚いてはならない」と妥協はない。

    そこで浮上しているのはDF高橋祥平(24=神戸)だ。1対1に強く、ロングフィードが得意で、
    カウンターが主戦術のハリルジャパンには最適な人材だ。

    守備的MFやサイドバックといった複数のポジションをこなせるため、試合中にアクシデントが起きた場合の布陣変更など柔軟に対応が可能。
    リオデジャネイロ五輪代表のDF岩波拓也(22=神戸)とのコンビで抜てきの可能性もある。

    もう一人、注目なのは192センチの長身FW長沢駿(28=G大阪)だ。
    最終予選には欠かせない高さを武器にする選手で、J1第2ステージに入ってゴールを量産するなど上り調子。
    フィジカルにも定評があり、ポストプレーでのボール保持に加えて、セットプレーの際にターゲットになれる貴重な存在だろう。

    海外でも関西出身の選手が注目されている。京都でプレーしたFW久保裕也(22=ヤングボーイズ)、
    C大阪出身のMF南野拓実(21=ザルツブルク)に加え、日本サッカー協会が調査しているのは、
    J2京都からザルツブルク(オーストリア)に移籍して提携する2部で活躍する奥川雅也(20)と、J1神戸からヴロツワフ(ポーランド)に移籍した森岡亮太(25)だ。

    特に森岡はアギーレジャパン時代にA代表で活躍した選手で即戦力ともいわれており、
    窮地に陥っているハリルジャパンで、関西勢が救世主になるかもしれない。

    東スポWeb 9月22日(木)16時33分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160922-00000032-tospoweb-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160921-00495806-soccerk-000-2-view

    オーストラリアサッカー連盟は20日、10月に行われる2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選に臨むメンバーを発表した。

     9月の同予選2試合で勝利を収め、好スタートをきったオーストラリア。現在グループ首位の同国は、6日に敵地でサウジアラビアと対戦し、11日にはホームでヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表と対戦する。

     今回のメンバーには、過去幾度となく日本を苦しめてきたメルボルン・シティ所属のFWティム・ケーヒルを選出。その他、レヴァークーゼンでプレーするFWロビー・クルーズなども名前を連ねている。

     オーストラリア代表と日本代表は、日本時間11日の18時キックオフ予定だ。

     発表されたメンバーは以下のとおり。

    ■オーストラリア代表メンバー23名

    ▼GK
    アダム・フェデリチ(ボーンマス/イングランド)
    ミチェル・ランゲラク(シュトゥットガルト/ドイツ)
    マシュー・ライアン(バレンシア/スペイン)

    ▼DF
    ミロシュ・デゲネク(1860ミュンヘン/ドイツ)
    アレックス・ガースバック(ローゼンボリ/ノルウェー)
    ライアン・マクゴーワン(河南建業/中国)
    トレント・セインズバリー(江蘇蘇寧/中国)
    ブラッド・スミス(ボーンマス/イングランド)
    マシュー・スピラノビッチ(杭州緑城/中国)
    バイリー・ライト(プレストン/イングランド)

    ▼MF
    クレイグ・グッドウィン(ロッテルダム/オランダ)
    クリス・イコノミディス(オーフスGF/デンマーク)
    ジャクソン・アーバイン(バートン・アルビオン/イングランド)
    ミル・ジェディナック(アストン・ヴィラ/イングランド)
    ジェームズ・ジェゴ(SKシュトゥルム・グラーツ)
    マッシモ・ルオンゴ(クイーンズ・パーク・レンジャーズ/イングランド)
    マーク・ミリガン(バニーヤースFC/UAE)
    アーロン・モーイ(ハダースフィールド/イングランド)
    トム・ロギッチ(セルティック/スコットランド)

    ▼FW
    ティム・ケーヒル(メルボルン・シティ)
    トミ・ユリッチ(FCルツェルン/スイス)
    ロビー・クルーズ(レヴァークーゼン/ドイツ)
    マシュー・レッキー(インゴルシュタット/ドイツ)

    SOCCER KING 9月21日 17時15分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160921-00495806-soccerk-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160921-00000041-tospoweb-000-1-view

    日本代表に不安あり。ロシアW杯アジア最終予選を戦うFW本田圭佑(30=ACミラン)、MF香川真司(27=ドルトムント)ら日本代表の主力選手は所属クラブでの出番が激減している。

    元日本代表MF前園真聖氏(42=本紙評論家)は10月の同予選イラク戦(6日、埼玉)、オーストラリア戦(11日、メルボルン)に向け万全の状態で臨むのは難しいと指摘。ハリルジャパンに警鐘を鳴らした。

     欧州でプレーしている本田、香川、FW岡崎慎司(30=レスター)、DF長友佑都(30=インテル)は今季あまり出番がありません。日本代表の主力となる選手が揃ってベンチを温めているのは、W杯アジア最終予選を考えるとかなり深刻な状況と言えます。そこには3つの不安要素が生じるからです。

     1つ目は試合に出ていないと、試合勘が鈍りパフォーマンスに大きな影響を与えます。例えば香川はマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)時代にほとんど試合に出られませんでした。その結果、日本代表でも不調が続き、2014年ブラジルW杯では10番を背負いながらもスタメン落ち。期待されながら、ふがいない結果に終わりました。

     2つ目はスタミナ面の問題。いくら真面目に練習を積んでも、実戦の90分間を戦えるかは別物です。また体力を消耗すれば集中力も低下し、ミスが増えてしまいます。6日の同予選タイ戦で本田は後半に入ると、バテバテとなり、効果的なプレーはなし。彼は昨季終了の5月から実戦でフルに戦っていません。その影響が出てしまったと思います。

     3つ目は選手たちのメンタルです。試合に出ていないことで自信を持って代表戦に臨めなくなり、プレーが中途半端になります。チーム内での発言力も低下し、試合中に、味方に指示を出す場面でちゅうちょするかもしれない。それが代表チームの中核をなす選手たちであれば、ハリルジャパンに与える影響は少なくないわけです。

     日本代表は最終予選初戦のUAE戦で敗れており、W杯出場に向け厳しい状況に追い込まれています。そんななかで“ビッグ4”と呼ばれる主力がそれぞれ不安を抱えるのは好ましいと言えません。かといって、中心選手をみんなベンチに置いてしまうと、代表チームとして機能しなくなる可能性も出てきます。

     以前にもお話ししましたが、この苦境を乗り切るには経験の少ない若手の抜てきではなく、MF中村憲剛(35=川崎)ら、国内のベテラン選手を招集し、カバーしていくのが得策ではないでしょうか。

    東スポWeb 9月21日 16時45分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160921-00000041-tospoweb-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160921-00010003-footballc-000-8-view

    ライバルに差をつけろ

    ひたむきに信じ続けることで、道は自ずと開けてくるだろう。レスターに所属する日本代表FW岡崎慎司が20日、EFLカップ3回戦のチェルシー戦に先発出場を果たし、2-4と敗れたものの、見事2ゴールを挙げている。

    チェルシー守備陣による軽率なミスを彼は見逃さない。1点目はヘディングで、そして2点目は右足で隙を突くシュートを放った岡崎だが、そのいずれもゴールラインをわずかに超えたところでチェルシーの選手によってクリアされており、崖っぷちの男による2ゴールでネットが揺れることはなかった。

    しかし、最も重要なイタリア人指揮官のハートは大いに揺れている。試合後、クラウディオ・ラニエリ監督は次のように語った。同クラブ公式サイトが伝えている。

    「2-0としたところまではハッピーだったよ。スタートは良かった。その後、チェルシーは徐々にボールを支配していったね。当然のことだ。でも我々はシンジの2ゴールによってとてもスマートでクレバーだった。彼は2度の戦いを制した。最初はダビド・ルイスと、そして次はGKとだ」

    「シンジはとても強い意志を持っていた。素晴らしいことだよ。だってシンジはウジョアと出場機会を巡って激しく争っているからね」

    レオナルド・ウジョアと岡崎は昨季より熾烈なポジション争いを繰り広げてきた。もちろん今季は彼以外にもイスラム・スリマニやアーメド・ムサといった新戦力が加わっているものの、少しずつラニエリからの信頼を取り戻していく必要がありそうだ。

    theWORLD(ザ・ワールド) 9月21日 12時38分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160921-00010014-thewo
    rld-socc


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160920-00010005-theworld-000-3-view

    [9.20 ブンデスリーガ2部第6節 シュツットガルト2-0ブラウンシュバイク]

     ブンデスリーガ2部は20日、第6節を行い、FW浅野拓磨とMF細貝萌の所属するシュツットガルトはホームで首位ブラウンシュバイクと対戦し、2-0で勝利した。2戦連続先発の浅野は1-0の後半19分に移籍後初アシストを記録し、後半23分までプレー。細貝は4-1-4-1のアンカーで2試合連続のフル出場を果たし、2連勝に貢献した。

     シュツットガルトは立ち上がりから主導権を握り、前半18分に先制に成功する。アレクサンドル・マキシムの左CKがファーサイドに流れてきたボールをDFトニ・シュニッチがヘディングで押し込み、1-0。幸先よくリードを奪った。

     前節のカイザースラウテルン戦(0-1)は2トップの一角で先発した浅野だが、この日は2列目の右サイドで先発出場。スピードを生かしたドリブルで積極的に仕掛け、前半28分にはドリブルからミドルシュートを狙ったが、GKにキャッチされた。

     1点リードで折り返した後半19分、カウンターから浅野が快足を飛ばして右サイドを駆け上がる。自陣からドリブルで独走し、相手PA近くまで持ち上がると、マイナスに戻したパスは相手にカットされたが、こぼれ球を自ら拾ってファーサイドへクロス。これを途中出場のMFケビン・グロスクロイツがフリーで受け、切り返しから右足シュートを突き刺した。

     浅野のドイツ移籍後初アシストで2-0とリードを広げたシュツットガルト。浅野は直後の後半23分に交代したが、チームはそのまま完封勝利をおさめ、2連勝で4勝2敗の勝ち点12に伸ばした。開幕5連勝中だった首位ブラウンシュバイクはこれが今季初黒星となった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160921-01631425-gekisaka-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160920-00010012-theworld-000-1-view

    ベンチスタートの予想

    20日に行われるリーガ・エスパニョーラ第5節で清武弘嗣の所属するセビージャは、ベティスとの“セビージャ・ダービー“と戦う。

    5位のセビージャと12位につけるベティスとの一戦。セビージャは前節、エイバル戦で大幅なローテーション起用を行い、スペイン人ゼロという先発メンバーで臨み、ホルヘ・サンパオリ監督は物議を醸した。中2日での開催ということもあり、今節も流動的なメンバーで戦うことになるが、初めて“セビージャ・ダービー“に臨むサンパオリ監督にとっては絶対に負けられない一戦となるだけに、現状のベストメンバーが選ばれることになるだろう。

    前節DFアディル・ラミとDFダニエウ・カリーソらセンターバックが相次いで負傷したため、DFニコラス・パレハとDFガブリエル・メルカードのコンビが先発する見込みで、復帰したサミル・ナスリ、エイバル戦でルシアーノ・ビエットのゴールをアシストした清武はベンチスタートとなりそうだ。清武は“セビージャ・ダービー“で出場機会を得られるのだろうか。

    キックオフは現地時間20日22時分(日本時間21日5時)予定となっている。

    スペイン『as』による先発予想は以下のとおり。

    セビージャ
    GK:セルヒオ・リコ
    DF:マリアーノ、パレハ、メルカード、エスクデロ
    MF:クラネビッテル
    MF:エヌゾンジ、フランコ・バスケス
    FW:ビトロ、ビエット、サラビア

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160920-00010012-theworld-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ドルトムント香川に4試合ぶりの先発復帰が浮上! 盟友ゲッツェとの名コンビ復活か

     ドルトムントの日本代表MF香川真司が、20日に行われるブンデスリーガ第4節のヴォルフスブルク戦で4試合ぶりに先発復帰する可能性が浮上している。クラブの公式サイトで予想スタメンが公開された。

     香川は今季バイエルン・ミュンヘンとのドイツスーパーカップ(0-2)をはじめ、開幕から公式戦3試合連続で先発起用されたものの、直近の3試合ではベンチスタートとなっている。今月上旬の日本代表戦で足首を痛めた影響もあるが、ポルトガル代表MFラファエル・ゲレイロや元ドイツ代表MFゴンサロ・カストロらポジション争いのライバルが好調で、出場機会を減らしていた。

     6-0で快勝した前節(17日)のダルムシュタット戦で、後半途中から3試合ぶりにピッチに立った香川は、今節のヴォルフスブルク戦では4-1-4-1システムの左インサイドハーフで先発の予想。ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェの右インサイドハーフ起用が予想されているため、ユルゲン・クロップ監督時代に抜群の愛称を誇ったコンビが再結成される可能性が浮上している。

     中盤は他に右サイドにカストロ、左サイドにMFウスマン・デンベレ、舵を取るアンカーにはMFユリアン・バイグルが入りそうだ。古巣対決となる新加入のFWアンドレ・シュールレは負傷からの回復が間に合わず、欠場の見通しとなっている。

    前節休養のオーバメヤンもスタメン復帰へ

     ドルトムントは10日のRBライプツィヒ戦(0-1)から、10日間で4試合目となる。ヴォルフスブルク戦の後にも再び中2日でフライブルク戦、中3日でUEFAチャンピオンズリーグのレアル・マドリード戦と続く過密日程となっている。ダルムシュタット戦で休養となったエースのFWピエール=エメリク・オーバメヤンも先発復帰が予想されるなど、トーマス・トゥヘル監督はターンオーバーを駆使しながら、このハードなスケジュールを乗り切ろうとしている。

     ドルトムント公式サイトによる予想先発メンバーは以下の通り。

    GK
    ビュルキ
    DF
    ピスチェク
    ソクラティス
    バルトラ
    ゲレイロ
    MF
    バイグル
    カストロ
    ゲッツェ
    香川
    デンベレ
    FW
    オーバメヤン

    Football ZONE web 9月20日 11時3分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160920-00010004-soccermzw-socc

    予想フォーメーション図
    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    サッカー界で一枚の写真が話題になっている。

    日本代表は1日、6日とロシアW杯アジア最終予選を戦い、地元での初戦はUAEに負け、
    2戦目の敵地でのタイ戦は2─0でモノにしたが、最終予選B組最弱といわれるタイ相手に辛勝では、これから先が思いやられる。

    「そのタイ戦でゴールを奪ったのはFWの原口と浅野。控え組の活躍で勝ち点3をゲットしたワケだが、
    先発した主力組のFW本田はゴール前で空振りしたり、MF香川はゴール枠を外したり、幾度となく決定機を外して赤っ恥をかいた。

    そこで海外大手通信社Rが配信した写真です。
    ゴールを外した香川が両手を広げて天を仰ぎ、後方で浅野が小バカにしたような笑みを浮かべ、
    原口が冷ややかな視線を送るというものです。まさに“今の香川の立ち位置を象徴している”と話題になっている」(サッカージャーナリスト)

    もっとも「日本代表のユニホームを着るとダメ香川になる」は、何も決定力不足に限った話ではない。
    タイ戦でハリルホジッチ監督は「もっと両サイドを広く使え」と香川に向かって何度も指示を出している。

    にもかかわらず、香川はボールを受けると無謀なドリブル突破を仕掛け、
    その揚げ句にボールをロストして相手カウンターの“起点”になることが目に付いた。
    選手も監督も、香川に対して「チームの流れを壊している」と不満タラタラというのだ。

    ■カップ戦要因に格下げか

    それでも所属クラブのドルトムントでは、攻撃陣の主軸としてチームメートとサポーターの信頼を勝ち取り、実に楽しそうにプレーしている。
    しかし、それも“昨季まで”だった。今季前にドルトムントはMFを中心に強力補強を敢行。香川の居場所がないのだ。

    「ドイツ代表MFのゲッツェをバイエルン・ミュンヘンから、やはりドイツ代表MFのシュールレをボルフスブルクから引き入れた。
    ゲッツェはドルトムントOBで天才司令塔。シュールレはマインツ時代、現ドルトムントのトゥヘル監督の秘蔵っ子だった。

    2人とも試合に出場させる優先順位は、香川よりもはるかに上です。
    ほかにも“トルコのメッシ”と呼ばれる19歳MFエムレ、同じく19歳の快速MFデンベレを引き抜き、
    香川は余剰人員のような扱いになっている」(前出の記者)

    近々、カップ戦要員に格下げになると現地メディアは報じている。
    いよいよ香川、所属クラブでもピンチである。

    日刊ゲンダイDIGITAL / 2016年9月14日 9時26分
    http://news.infoseek.co.jp/article/gendainet_346716/

    写真
    no title

    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160914-00010019-theworld-000-1-view

    ラス・パルマス戦を欠場した清武

    14日に行われるUEFAチャンピオンズリーグ・グループステージ第1節で清武弘嗣の所属するセビージャは、敵地でユヴェントスと対戦する。

    週末に行われたラス・パルマスとの一戦では、長旅の疲労を考慮され招集メンバーを外れた清武弘嗣だったが、ユヴェントスとの一戦では遠征メンバーに名を連ね、スタメン出場する期待が高まっている。スペイン紙『as』と『MARCA』によると、清武は[3-4-3]の左ウイングで出場すると予想されており、『UEFA.com』も清武が先発出場する見込みだと伝えている。他には背中を痛めてラス・パルマス戦を欠場したFWビエットがスタメン入りし、ラス・パルマス戦でデビューしたナスリは体調不良により欠場するという。

    新シーズンからセビージャに加入した清武は、プレシーズンからUEFAスーパーカップでレアル・マドリードと対戦、スーペルコパ・デ・エスパーニャではバルセロナと相まみえ、UCLの初戦ではユヴェントスと対戦するなどビッグクラブとの戦いで経験を積む。20年ぶりのUCL制覇を目指すユヴェントスを相手に、UCL初挑戦の清武はどんな活躍を見せるのだろうか。

    キックオフは現地時間14日20時45分(日本時間15日3時45分)予定となっている。

    以下、『UEFA.com』による先発予想は以下のとおり。

    ユヴェントス
    GK:ブッフォン
    DF:バルザーリ、ボヌッチ、キエッリーニ
    MF:アウベス、ケディラ、レミナ、ピャニッチ、エヴラ
    FW:ディバラ、イグアイン

    セビージャ
    GK:セルヒオ・リコ
    DF:メルカード、ラミ、パレハ
    MF:イボーラ
    MF:エヌゾンジ、サラビア
    FW:ビトロ、ビエット、清武

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160914-00010019-theworld-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    o11160613kiyotakeblog

    サッカー日本代表でリーガ・エスパニョーラ・セビージャFC所属の清武弘嗣がオフィシャルブログを開始した。

    チャンピオンズリーグに向けて清武は「自分がCLになんか出れるはずがないと思っていました。でも、昨シーズン10番を背負わせてもらい自分の中で責任感だったり、もっと成長したい、強くなりたい、上手くなりたいといつも以上に感じる事ができました。」と心境を語った。
    ヨーロッパでの5年を振り返ると「ドイツでの4年間は無駄ではなかったと思っています。4年間感じた事、経験した事で今の自分がいると思うし、Sevillaというチームに移籍できたと思っています。なので明日は自信をもって楽しんできたいと思います。相手もユベントス。凄い楽しみだし、ワクワクしています。」と意気込みを明かした。

    早速コメント欄には「セレッソ時代から応援しています」「頑張ってください!」「欧州で、怖い選手になると期待してます!」など、活躍を期待するファンからのエールが寄せられている。

    清武弘嗣オフィシャルブログ
    http://ameblo.jp/kiyotake-hiroshi/entry-12199759947.html

    http://news.ameba.jp/20160914-344/

    続きを読む

    このページのトップヘ