移籍・レンタル

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20170410-00010010-soccermzw-000-1-view

    ドルトムントの得点源であるガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンは今夏の移籍市場最大の“注目銘柄”となっている。そのなかでクラブのCEOを務めるハンス=ヨアヒム・ヴァツケ氏がドイツのテレビ局「SPORT1」に出演し、移籍の可能性は「レアル・マドリードかバルセロナしかない」と語った。

     今季オーバメヤンはリーグ戦で25ゴールを決め、すでに昨季決めたゴール数に並んだ。バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキと熾烈な得点王争いを繰り広げていると同時に、過熱しているのが去就を巡る報道だ。オーバメヤンはドルトムントと2020年まで契約しているものの、脂の乗っているストライカーに対しては移籍の噂が絶えない。

     そうしたなか、ヴァツケCEOは同番組に出演。「彼は我々と一緒にいるだろうと思っている」とドルトムント残留を基本線としながらも「もしレアル・マドリードかバルセロナからオファーが届いたとするならば、我々はそれについては考えないといけない」と、スペインの2大メガクラブであれば移籍の可能性があると示唆した。

    その他のクラブは「選択肢にならない」

     その一方で同じブンデスの強豪であるバイエルンが興味を示し、もし実現すれば昨夏のドイツ代表DFマッツ・フンメルスに続く2年連続の引き抜きとなるが「彼に興味を持っている残りのクラブは、彼にとっての選択肢にはならないだろう。そしてバイエルンに関しては明らかで、なぜなら彼らのチームに加えることを我々が許すつもりはないからだ」と、今回は徹底抗戦することを明言している。

     ここに来て調子を上げている日本代表MF香川真司とも、相性の良さを見せているオーバメヤン。エースを巡るビッグクラブとドルトムントの駆け引きは、さらに熾烈なものになりそうだ。

    Football ZONE web 4/10(月) 13:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170410-00010010-soccermzw-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20170407-00010025-theworld-000-1-view

    レアル、今夏にロナウド&ベンゼマ放出で「アザールと“PEA”を獲得」と元FIFA公認代理人が暴露

    theWORLD(ザ・ワールド) 4/7(金) 17:01配信

    レアル、今夏にロナウド&ベンゼマ放出で「アザールと“PEA”を獲得」と元FIFA公認代理人が暴露

    レアルでは王様として君臨するロナウド photo/Getty Images
    大胆な戦力入れ替えを敢行?

    レアル・マドリードは今夏、クリスティアーノ・ロナウドとカリム・ベンゼマを売却し、2人の大物を加えるプランがある。そのように明かしたのは、元FIFA公認代理人のヴィンセント・ロドリゲス氏だ。

    世界最高のエージェントとも謳われるジョルジュ・メンデス氏がトップを務める会社『Gestifute』に在籍していたロドリゲス氏は5日、自身のTwitterアカウントを更新し「レアル・マドリードは今夏にロナウドとベンゼマを放出したがっており、その穴をエデン・アザールとPEA(ピエール・エメリク・オバメヤン)の獲得で埋めようとしている」とツイート。かねてよりレアルからの関心が噂されるチェルシーのベルギー代表MFに加え、レアル行きを「祖父との約束」と公言するドルトムントのエースの“両獲り”を予測している。

    ロナウドはレアルの象徴として2009年以降、突出したパフォーマンスを見せており、王様としてサンティアゴ・ベルナベウに君臨するものの、今季は決定機を外す場面も目立ち、ファンからブーイングを浴びることも少なくない。23試合で19ゴールを決めるロナウドの戦績は文句の付けようがないように思えるが、果たしてロドリゲス氏の指摘する通り、大胆な戦力の入れ替えは実施されるのだろうか。ロナウドとベンゼマ、そしてアザールとオバメヤンの去就に注目だ。

    http://www.theworldmagazine.jp


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170407-00010025-theworld-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20170327-01638213-gekisaka-000-2-view

    マンチェスター・ユナイテッドが今夏もサッカー史上最高額の移籍金を投入するかもしれない。
    バルセロナのブラジル代表FWネイマールに対して、2億ユーロ(約240億円)を用意していると、英『ミラー』など複数メディアが報じている。

     昨夏、フランス代表MFポール・ポグバを史上最高額9200万ポンド(約128億円)の移籍金でユベントスから獲得したユナイテッド。
    今夏は以前から興味を示していたネイマールに狙いを定めたようで、
    同紙によると、ユナイテッドはネイマールに設定されている違約金2億ユーロ、
    さらに年俸2500万ユーロ(約30億円)を支払う準備があるという。

     ネイマールは昨年10月にバルセロナと2021年6月まで契約を延長したばかり。
    新たな契約で設定された移籍金は今季終了時点なら2億ユーロだが、毎年段階的に上昇する条件が設定されているとのこと。
    そのため、獲得を本気で考えているのであれば、今季終了後がネイマールの買い時ということだ。

     ネイマールに対してはパリSGやチェルシーなどが獲得に興味を示していると報じられている。
    現在5位で来季のUEFAチャンピオンシップへの出場が難しいユナイテッド。
    世界最高峰の大会に出場できないとなると、ネイマール獲得の大きな足かせとなるかもしれない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170327-01638213-gekisaka-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160929-00498470-soccerk-000-1-view

    パリ・サンジェルマンのブラジル代表DFチアゴ・シウヴァに今シーズン限りでの退団の可能性が浮上している。28日付のフランス紙『レキップ』が報じている。

     同紙によると、T・シウヴァは今夏に行われたリオ・オリンピックに出場することをクラブが許可しなかったことに対し、強い不信感を抱いているという。契約は2017年6月30日までとなっているが、契約更新の話し合いの場も設けられていないため、今シーズン限りで退団するとの見方が出ているようだ。

     2012年にミランからパリ・サンジェルマンに移籍し、リーグ4連覇に貢献してきたT・シウヴァ。最近は古巣ミランへの復帰の可能性を示唆しており、去就について注目が集まっている。パリ・サンジェルマンにとっては、今夏にブラジル代表DFダヴィド・ルイスを放出しているため、さらなる主力センターバックの移籍は大きな影響を与えそうだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160929-00498470-soccerk-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    david-luiz_h4xmq6rv0tn11phyehhjjo009

    パリ・サンジェルマン(PSG)DFダビド・ルイスが、3200万ポンド(約43億1000万円)以上の
    移籍金でチェルシーに復帰するかもしれない。『Goal』の取材で分かった。

    チェルシーはナポリDFカリドゥ・クリバリの獲得が失敗に終わり、キア・ジョオラビシアン代理人
    やジュリアーノ・ベルトルッチ氏とコンタクトを取っていた。

    29歳のD・ルイスは、復帰に応じる姿勢と言われている。2011年1月に2100万ポンド(約28
    億3000万円)でベンフィカからチェルシーに移籍したD・ルイスは、チェルシーで人気だった。

    しかし、チェルシー復帰が実現するかどうかは、PSGが代役を見つけられるか次第のようだ。

    チェルシーでチャンピオンズリーグを制したD・ルイスは、2014年にPSGに売却された。移籍金
    は5000万ポンド(約67億4000万円)と、DFとしての最高額だった。

    一方、チェルシーはフィオレンティーナDFマルコス・アロンソの獲得にも近づいているとされ、メデ
    ィカルチェック終了後に移籍が正式発表されるとみられている。
    http://www.goal.com/jp/news/74/1/2016/08/31/27034072/1


    ダビド・ルイスが先制口撃 「モウリーニョは自分にとってスペシャルではない
    http://www.football-zone.net/archives/7379

    モウリーニョ:「D・ルイス移籍でより強く」 - Goal.com
    チェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、DFダビド・ルイスの放出が間違いではなかったと確信している。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    htm_2016083193848405130

    ソン・フンミン(24才 トッテナム)のドイツプロサッカーブンデスリーガ復帰が流れた理由は高い移籍料のためと判明した。

    ドイツ日刊紙ビルトは30日(現地時間)、「ソン・フンミンは高過ぎる」と報道した。
    ビルトによれば、ソン・フンミンを迎入しようとしていたヴォルフスブルクの計画が駄目になった理由は
    高い移籍料のためである。この媒体は「トッテナムは3800万ユーロ(約500億ウォン)ほしかったが、
    ヴォルフスブルクには手におえない金額」と伝えた。

    当初ソン・フンミンの身の代金は去るシーズントッテナム入団当時記録した身の代金3000万ユーロ(約400億ウォン)と知られた。
    負担であると悩んだヴォルフスブルク球団が去る29日、他の攻撃手まで売って提案に応じた理由だ。
    このため2014~2015シーズンまでバイヤー・レバークーゼンで活躍したソン・フンミンの1年ぶりのドイツ舞台復帰が有力であった。

    しかし勢いに乗ったヴォルフスブルクに歯止めがかかった理由は、トッテナムがソン・フンミンの身の代金をもう一度あげたためだ。
    ビルトによれば、トッテナムはどん詰まりに800万ユーロを更にあげたようだ。

    それでもトッテナムはソン・フンミンに無限信頼を送らない見込みである。ビルトによればトッテナムは直ちに
    シャルケの特急新星と同時に第2線の攻撃手マックス・マイヤー(20)迎入に乗り出した。トッテナムはマイヤーに
    4500万ユーロ(約600億ウォン)を投資するようだ。マイヤーは2016リオオリンピックでドイツ代表チームの主将を引き受けて
    銀メダルを首にかけた。

    http://news.nate.com/view/20160831n08631?mid=n1007

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    pre16083110350004-p1
     
    マンチェスターCMFサミル・ナスリが30日、セビリア入りした。移籍市場最終日にレンタル移籍が決まるようだ。

     ナスリは今季から指揮を執るジョゼップ・グアルディオラ監督に、バカンス明けの体重超過が指摘されていた。28日に行われたプレミアリーグ第3節ウェスト・ハム戦では途中出場したが、試合後に「まだ動きがあるかもしれない」と話すなど、退団に向かっていた。

     ベジクタシュの関心も報じられたナスリだが、セビリア入りしたことで、MF清武弘嗣のチームメートとなることが確実になったようだ。31日にメディカルチェックを受ける予定となっている。

     セビリアは30日、MFイェフヘン・コノプリャンカを買い取りオプション付きのレンタル移籍でシャルケに放出した。(Goal.com)

    http://www.sanspo.com/soccer/news/20160831/pre16083110350004-n1.html

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160831-00010014-footballc-000-1-view

    未だに将来が不透明なリバプールに所属する元イタリア代表FWマリオ・バロテッリだが、ようやく行き先が決まったようだ。
    30日付の仏紙『レキップ』が報じている。

    リバプール指揮官のユルゲン・クロップ監督から戦力外通告を受けたことで今夏の移籍が確実視されてるバロテッリ。
    最近では生まれ故郷であるパレルモへの移籍の可能性が現実味を増して来ていたが、どうやら新天地は自身初となるフランスとなりそうだ。

    フランスのクラブとは、パレルモの前に候補地として噂に挙がったニースである。
    同日の午後に代理人のミーノ・ライオラ氏は、リバプールとニースが未だにクラブ間合意に至っていないと言いながら
    ニースへの移籍の可能性について記者の目を欺こうとした。

    その一方で、仏紙『ニース・マタン』や仏メディア『RMCスポーツ』といったフランスの大手メディアは、
    リバプールがバロテッリの高額年俸の大部分を負担するつもりがあることを報道。
    そして、明日の朝に予定されているとみられているメディカルチェックを受けた午前遅くにも、すでに正式発表が出される可能性があると報じている。

    これにより、最近になって新天地の候補となった様々なクラブの1つであるパレルモへの移籍の可能性が消滅。
    “家なき子”バロテッリは、ようやく再出発を図るための新たな居場所を見つけ出したようだ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160831-00010014-footballc-socc
    フットボールチャンネル 8月31日(水)8時20分配信

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    columnsv2_29576

     スペイン1部リーガ・エスパニョーラのバルセロナは30日、バレンシア所属のスペイン代表FWパコ・アルカセル(23)の獲得を発表。移籍金はボーナスを含め約36億6000円で契約期間は5年となった。

     バルセロナは今夏MSN(メッシ、スアレス、ネイマール)のバックアップ要因となる“第4のFW”の獲得を模索。FWガメイロ(Aマドリードへ移籍)やFWノリート(マンチェスターC移籍)など多くの選手に接触するも、控えが前提ということもあり全て失敗に終わっていた。

     アルカセルは既にメディカルチェックをパスしており、入団発表はスペイン代表での今週の日程をこなした後に行われる予定。昨季は46試合(先発は31試合)に出場し15得点。スペイン代表としても13試合で6得点と確かな決定力を持つストライカーだ。

     さらにスペイン紙スポルトによると、この移籍にともないバルセロナがFWムニル(20)のバレンシアへの期限付き移籍を完了させ、31日には正式発表すると報道。同紙によるとバレンシアはバルセロナに対し移籍金を支払う必要はないが、買い取りオプションをつけており、今シーズン終了後に約13億7000万円で獲得出来る条項がついているとした。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160830-00000147-spnannex-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160830-00010010-soccermzw-000-2-view

    日本代表MF清武弘嗣が所属するセビージャが、マンチェスター・シティの元フランス代表MFサミル・ナスリ獲得レースに参戦したようだ。仏紙「レキップ」が報じている。

    ナスリはペップことジョゼップ・グアルディオラ新体制の始動時に体重オーバーが発覚し、規律の厳しい指揮官によってチーム練習から外され、食事制限による減量を要求されていた。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)登録メンバーからも漏れており、今夏の放出候補と見られていた。

     しかし、28日に行われたウェストハム戦で今季初めてメンバー入りを果たすと、後半30分にスペイン代表FWノリートに代わって途中出場。キレのある動きで復調をアピールした。ペップからも「クオリティーは別次元」と能力の高さを絶賛されたばかりだった。

     それでも現時点ではバックアッパーであることに変わりはない。ペップもナスリの去就について「彼次第」と強調し、本人が望めば移籍可能であることを認めている。同紙によれば、すでにトルコの強豪ベジクタシュが獲得に動き始めており、そこにセビージャが新たに参戦しているという。敏腕SDのモンチ氏がナスリに強い関心を示しているようだ。

    ■今夏大刷新を進めるセビージャ攻撃陣

     セビージャは得点源のフランス代表FWケビン・ガメイロをアトレチコ・マドリードへ、司令塔のアルゼンチン代表MFエベル・バネガをインテルへ、ポーランド代表MFグジェゴシュ・クリホビアクをパリ・サンジェルマン(PSG)へ放出。

    その一方で、清武やイタリア代表MFフランコ・バスケス、元ブラジル代表MFガンソらを大量補強し、攻撃陣を刷新している。ここにアーセナルやシティで技を磨いたテクニシャンのナスリまで加えようと動いているようだ。

     ペップの下での復活か、それとも活躍の場をスペインに移すのか。移籍マーケットも残りわずかとなったなか、29歳と円熟期を迎えたナスリはどのような決断を下すのだろうか。

    Football ZONE web 8月30日 17時25分
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160830-00010010-soccermzw-socc

    続きを読む

    このページのトップヘ