メディア

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160928-00019161-sdigestw-000-4-view

    吉田と森重のコンビに風穴を開けられるか!?

     日本代表のハリルホジッチ監督は、「私は若い選手を信頼しています。だが、五輪世代の選手がJリーグで先発できないのは残念だ」と若手がなかなか台頭していない現状を嘆く。そんな指揮官に、柏の中谷進之介を推したい。
     
     リオ五輪はバックアップメンバー止まりだったが、今季リーグ戦27試合にフル出場。ブラジルから帰国してからは、さらにクラブで逞しさを増している。今季序盤に見られたコンディションの波も収まり、安定したパフォーマンスを出せるようになっている。直近5試合負けなしと好調の柏を牽引する。
     
     9月10日の鹿島戦では、的確かつ力強いディフェンスで、相手のエースである金崎夢生を封じ込め、完封勝利に貢献。柏の下平隆宏監督も、「対人のところ、ヘディングの競り合いを含めて、少しずつ力強さが出てきている」と称賛する。
     
     さらに、守備面だけでなく、攻撃面でも存在感を発揮。9月17日の神戸戦ではCKから打点の高いヘディングでゴールを奪い、同25日の甲府戦でも度々、空中戦の強さを見せ、ゴールに迫った。
     
     攻守両面で高いポテンシャルを見せる弱冠20歳のCBは「無失点で守れることもそうですけど、点を決められるCBになりたい」と語り、「セルヒオ・ラモスみたいに試合を決められるCBになりたいと思っています」と目標の選手を挙げる。
     
     ディフェンスは経験値が重視され、若手よりもベテランが優遇されるポジションではある。もちろん、既存の吉田麻也や森重真人と比べれば、経験という面では歴然の差があるし、UAE戦で大島の起用が失敗したように、ワールドカップ予選という結果が最優先されるプレッシャーのかかる国際試合で若手を起用することは、相当のリスクを伴う。
     
     それでも、中谷が目標とするセルヒオ・ラモスは20歳でドイツ・ワールドカップに出場して、現在はスペイン代表の絶対的なディフェンスリーダーとなっているように、若くして国際経験を積ませることで、将来の代表チームを背負う人材となる可能性もある。
     
     中谷には、リスクを冒してでも、そのポテンシャルを試す価値は十分だ。いつか吉田と森重コンビに風穴をあけるかもしれない。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160928-00019161-sdigestw-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160928-00498168-soccerk-000-1-view

    28日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節で、アトレティコ・マドリードがバイエルンをホームに迎える。

     昨シーズンのCL準決勝と同じ顔合わせとなった今節、アトレティコ・マドリードのディエゴ・シメオネ監督が試合前日会見に臨んだ。同監督はスペイン人FWフェルナンド・トーレスの先発起用を明言している。UEFA(欧州サッカー連盟)の公式HP『UEFA.com』がコメントを伝えた。

     シメオネ監督は「両チームが激しくプレスをかけ合ってタフな試合になるだろう。自由にプレーできるスペースはほとんど与えられないはずだ」と試合を展望。「わずかなスペースを活かしていかなければならない。このような試合では、フェルナンド・トーレスが重要になる。だからこそ彼を先発で起用する予定だ」と続け、F・トーレスの先発メンバー入りを明言した。同選手が先発出場を果たした場合、9月10日のリーガ・エスパニョーラ第3節セルタ戦以来、公式戦5試合ぶりとなる。

     そしてシメオネ監督は、「試合に関しては、正しい戦い方などは存在しない。自分たちにとって最適だと思う方法で戦う。誰もがそうするだろう。我々もそのつもりだ」と話した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160928-00498168-soccerk-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    14

    サッカー界のスーパースター、デイヴィッド・ベッカム。

    もうじき日本にやって来るようだ!

    http://www.instagram.com/p/BK4JBhvh080/

    自身のInstagram上で、これから日本へと出発することを報告していたベッカム。

    ベッカムはシンガポールの有名な高級ホテル「マリーナ・ベイ・サンズ」の親善大使を務めており、今回はそのイベントに出席するため来日する。

    http://www.instagram.com/p/BE4577IgIRe/

    ベッカムが東京を訪れるのは10年以上ぶり。最後に日本に来たのは、レアル・マドリーに在籍していた当時の2005年であるようだ。

    ベッカムは28日に成田空港に到着し、29日に渋谷でのイベントに出席するという。

    詳細はこちらから
    http://jp.marinabaysands.com/beyondexpectations.html?utm_campaign=destination_never_settle_japan2016&utm_source=N37103.1960500FACEBOOKAD&utm_medium=social&dclid=CJvw8bDxsc8CFcp_vQod8DcIEg

    http://qoly.jp/2016/09/28/david-beckham-to-japan

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160928-00498112-soccerk-000-1-view

    イングランドサッカー協会(FA)は27日、同国代表指揮官のサム・アラダイス氏が辞任を表明し、同氏との契約を双方合意のうえで解除したことを発表した。今後4試合はU-21イングランド代表のガレス・サウスゲート監督が暫定指揮官を務めることが併せて発表されている。

     在任67日、わずか1試合の指揮で監督が退任するという前代未聞の出来事。ユーロ2016でベスト16敗退に終わり、再起を期すイングランド代表にとっては思いがけない事態に陥ってしまった。混乱の中、イギリス紙『デイリーメール』は27日、新指揮官候補5名を列挙している。

     まず挙げられたのは、ボーンマスを率いるエディ・ハウ監督。38歳の同監督は、アラダイス監督就任前にも候補として浮上していた。FAから重要な存在として考えられているようで、本人もイングランド代表指揮官を「究極の仕事」と捉えている模様だ。

     ハウ監督は20代の頃からボーンマスで指導者を務め、2009-2010シーズンに4部から3部リーグへの昇格を果たすと、2012-13シーズンにチャンピオンシップ(2部)昇格。そして2014-15シーズンにプレミアリーグへとチームを導いた。トップリーグ初挑戦となった昨シーズンは16位でフィニッシュし、残留を決めている。同紙は「他の候補者よりも経験面では劣るかもしれないが、苦境に立たされている現在、それ(経験)は重要だろうか?」と記している。

     続いては、クリスタル・パレスのアラン・パーデュー監督の名前が挙げられた。現在55歳の同監督は、レディングやウェストハム、サウサンプトンなど5クラブの指揮官を歴任。昨年1月からクリスタル・パレスを率いている。同クラブでは昨シーズン、FAカップ決勝にコマを進めたものの、マンチェスター・Uに敗れてタイトル獲得とはならなかった。

     3人目の候補は、今後4試合で暫定指揮官を務めることが決まったサウスゲート監督。ミドルズブラの指揮官を2009年に解任された同監督は、2013年からU-21イングランド代表を率いている。暫定指揮官として臨む4試合の内容と結果次第では、正式にA代表の監督に就任する可能性もありそうだ。

     続いての候補は、今夏までハルを率いていたスティーヴ・ブルース氏だ。55歳の同監督は2012年からハルの指揮を執り、昨シーズンの昇格プレーオフを制してプレミアリーグ復帰を決めた。しかし今シーズン開幕前に辞任。アラダイス監督就任前にもイングランド代表指揮官候補として名前が挙がり、本人も就任に前向きな意向を示していた。

     そして5人目の候補として挙げられたのは、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督。『デイリーメール』は「候補5人のうち、最高の監督であることは間違いない。ただ、就任の可能性は最も低い」と前置きしつつ「世界のサッカー界における彼の地位は不動のもので、対抗できる人物は一握りに過ぎない」と記した。「FAがスリー・ライオンズ(イングランド代表の愛称)を率いるように彼を説得することができたら、信じられないほどの(素晴らしい)任命となる」と伝えられている。

     思いがけない混乱に見舞われたイングランドのサッカー界。次期指揮官に指名されるのはどの監督だろうか。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160928-00498112-soccerk-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160928-00000024-jij_afp-000-2-view

    2022年サッカーW杯(2022 World Cup)を開催するカタールは27日、最大で2000人のサポーターが
    アラブ遊牧民のようにテントで宿泊できる「ファン村」を建設する計画を明らかにした。

    大会組織委員会によると、このファン村は同国南部に建設され、最終的には同様の施設を国内に
    5か所作る可能性があるとしており、「国外から訪れるファンには、まったく新しいサッカー体験を
    楽しんでもらう」と話している。

    ファン村の試験計画では、650のテントが30万平方メートルの用地に収容されることになっており、
    そこから最も近いスタジアムは、車で1時間半の距離にあるアル・ワクラ・スタジアム(Al-Wakrah
    Stadium)で、同スタジアムは準々決勝まで使用される。

    大会主催者は今年初め、W杯期間中に最大100万人のファンがカタールを訪れると予想しており、
    ファンのためにテントを宿泊施設として使用する意向を明らかにしていた。主催者側はまた、
    宿泊地としてホテルのほかにもクルーズ船を使用する意向を明らかにしている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160928-00000024-jij_afp-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    「彼には爆発的なスピードがある」(ハリルホジッチ監督)。
     
    縦に抜くのも、カットインするのも、自由自在だ。その突破を止めようと相手が出してきた足を軽やかにかわし、ゴールに向かって突き進む。
    Jリーグで今、横浜の齋藤学ほど、キレまくっているドリブラーは、おそらくいないだろう。
     
    2-3と死闘を演じた先日の川崎戦でも、持ち前の突破力は随所に発揮されていた。ロスタイムには、相手のパスミスをかっさらい、ペナルティエリア内に侵入。
    細かいステップで迫りくるDFとGKの態勢を崩し、最後は伊藤の同点弾をアシストしてみせた。
     
    今年の3月シリーズ(ロシアワールドカップ・アジア2次予選)では、24日のアフガニスタン戦で負傷した小林の離脱に伴い、追加招集された。
    ハリルホジッチ監督は「FWとして真ん中もできるし、サイドもできると思っている。彼には爆発的なスピードがある。
    身長は小さいが、テクニックに関しても問題はない」と評価。しかし、29日のシリア戦にベンチ入りしたものの、出場はなかった。
     
    代表でポジションを争うとすれば、4-3-3の左ウイングだろう。原口、宇佐美、清武らがライバルとなり、
    とりわけ原口はヘルタ・ベルリンでレギュラーの座を掴み、充実のシーズンを送っているだけに“強敵”だ。
     
    原口もドリブル突破を武器としており、いわば齋藤と同タイプである。ただ、原口も齋藤も、左だけでなく右も遜色なくこなすことができる。
    ハリルジャパンの右ウイングは本田の“指定席”だが、その本田は今季、ミランで思うように出場機会を得られていない。
     
    それは宇佐美にしても同様で、試合勘で言えば、本田や宇佐美より、齋藤のほうがはるかにある。
    右ウイングでは小林の存在も無視できないが、それでも齋藤につけ入る隙は十分にあるはずだ。
     
    原口と齋藤。突破力のあるふたりが左右のウイングに名を連ね、両サイドから果敢に仕掛けて、攻撃をリードする。
    特に、大柄な選手が揃うオーストラリア相手には、彼らのスピードと打開力は脅威になるはずで、バイタルエリアでファウルをもらえれば、セットプレーのチャンスも広がる。
     
    遅々として進まない日本代表の世代交代を考えても、原口や清武らロンドン五輪世代のさらなる台頭は必須。26歳の齋藤にかかる期待は、決して小さくない。
     
    取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

    SOCCER DIGEST Web 9月28日(水)12時0分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160928-00019153-sdigestw-socc

    写真
    no title


    動画 スカパー!ハイライト 2016/9/25 J1 2nd第13節 川崎F vs 横浜FM
    http://soccer.yahoo.co.jp/jleague/video/player/128086

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160927-00018953-sdigestw-000-9-view

    根拠1──初戦黒星による精神的なダメージ。

     日本はこのままでロシア・ワールドカップに辿り着けるのか。アジア最終予選の初戦で格下と目されたUAEに逆転負けを喫し、さらに「1998年のフランス大会以降、アジア最終予選で黒星スタートのチームは予選突破の確率が0パーセント」と不吉なデータもあることから、このところハリルジャパンの危機説をあちらこちらで耳にするようになった。
     
     確かに、UAE戦を「たかが10分の1の敗戦」と楽観的に捉えるのは危険だ。2戦目でタイに勝利したが、最終予選において勝点3が必須のホームゲームで引き分けにさえ持ち込めなかったのはやはり痛い。しかも、極めて重要な初戦で──。
     
     なにより懸念されるのは、精神的なダメージだ。勝ち星を重ねて〝貯金した後〞に黒星を喫した過去2大会の最終予選(ブラジル大会の最終予選は6戦目で、南アフリカ大会は最終戦で初黒星)と違って、今回はいきなり借金を背負わされた格好である。
     
     その分余裕がなく、「もう負けられない」というプレッシャーが大きなミスにつながる可能性はある。実際、数多くのチャンスがありながら2ゴールしか奪えなかったタイ戦の決定力不足も、余裕のなさが原因だったと、そんな見方もできなくはない。
     
     おそらく10月シリーズのイラク戦(ホーム)とオーストラリア戦(アウェー)は、「もう負けられない」というプレッシャーとの戦いにもなるはずだ。開幕2連敗で後がないイラクは死に物狂いで挑んでくるだろうし、一方で開幕2連勝のオーストラリアは紛れもなくグループ最大の難敵。強靭なメンタルが求められるこの2試合のうちひとつでも落とすと、日本は崖っぷちに立たされる。
     
     というのも、データで判断するかぎり、過去5大会のアジア最終予選で3敗以上したチームは本選に辿り着いていない。例えば、日韓大会のUAEはアジア地区プレーオフ、ドイツ大会のバーレーンは北中米&カリブ海地区との、南アフリカ大会のバーレーンはオセアニア地区との、ブラジル大会のヨルダンは南米地区との大陸間プレーオフでいずれも敗退。
     
     要するに、今回各グループの3位に入ってプレーオフの出場権を手にしたとしても、本大会への道のりは極めて険しいのだ。アジア勢にとって大陸間プレーオフは鬼門になっているのである。
     
    ●アジア地区プレーオフ(第1戦:17年10月5日 第2戦:17年10月10日)
    最終予選の各組3位の2か国がホーム&アウェー方式で戦う。勝者が大陸間プレーオフに。
    ●大陸間プレーオフ(開催期間:17年11月予定)
    アジア地区プレーオフの勝者が北中米&カリブ海地区の5次予選の4位(アメリカ、パナマ、 ホンジュラス、コスタリカ、メキシコ、トリニダード・トバゴのいずれか)とホーム&アウェーで 戦う。勝者が本大会出場権を獲得。


    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160927-00018953-sdigestw-socc&p=1

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1b2ec0df-3b25-47a6-9ca8-b6d9452c6d79

    日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(64)は27日、都内のJFAハウスでスタッフ会議を実施。
    協会関係者によれば、一部スタッフから10月に行われるW杯アジア最終予選
    (6日=イラク戦、11日=オーストラリア戦)の切り札として、ケルンで2戦連続得点中のFW大迫勇也(26)を猛プッシュする声があったことが判明。
    29日に予定される日本代表メンバー発表が注目される。

    議題に上がったのはドイツで爆発中のストライカーだった。この日、日本代表スタッフがJFAハウスに集結。
    29日の日本代表メンバー発表に向けた選考過程で約4時間、意見をぶつけあった。
    関係者によれば、一部スタッフからは「イラク、オーストラリア戦ではセットプレーが鍵になる。
    大迫が必要」との声が上がり、猛プッシュされたという。

    絶好調だ。25日のライプチヒ戦はワントラップで相手DFを置き去りにして2戦連発。
    ポストプレー、体の使い方など万能ぶりには定評があり、13年7月の東アジア杯オーストラリア戦では代表初得点を含む2得点。
    代表では15年6月のW杯アジア2次予選シンガポール戦以来招集がないが、フィジカルが強く、力の拮抗(きっこう)した相手にも実績がある。
    9月はUAE戦で岡崎、タイ戦で浅野を1トップで起用したが、FWの適性なら大迫も負けていない。

    欧州で結果を残しているのも心強い。先週末は本田、香川、岡崎らが軒並み出番なし。
    会議に出席した手倉森コーチによれば、ハリルホジッチ監督は「ドラマチックなことが起きている」と嘆いたという。
    日本協会の霜田技術委員は「新たなマネジメントが必要」と明かす。
    代表期間中に出場時間の乏しい欧州組に負荷をかけたメニューを組むなどコンディションを上げる必要が出てきた。
    ケルンでレギュラーの大迫には無用の心配だ。

    協会関係者によれば、メンバーの人選はほぼ固まったが、まだ一部入れ替えがあり、人数も23人プラスアルファになる可能性が高い。
    新たなFW候補には問題行動で追放処分中の金崎(鹿島)、25日に視察した長沢(G大阪)らもいる。
    手倉森コーチが「(人選に)幅を持たせるような会議」と言えば、霜田技術委員は「最後は監督が自分で考えると言っていた」と明かす。
    自身の進退も懸かる重要な2戦に向けハリル監督が決断を迫られている。

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/09/28/kiji/K20160928013434960.html
    2016年9月28日 05:30

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160928-00000030-nksports-000-1-view

    <欧州CL:レスター1-0ポルト◇1次リーグG組◇27日◇レスター

    FW岡崎慎司が所属するレスター(イングランド)が、ホームでポルト(ポルトガル)を1-0で下した。

    ベンチ入りしたが出番のなかった岡崎は試合後、日本人記者の前で立ち止まるといきなりフゥ~とため息。
    「いや、もう溜息っすよ。自分を出したら、安定するだろうっていう試合なのに…。どの展開で俺を出すのかという感じ。
    出てない選手を信頼してくれないと。もっと前からの守備で(上手く)できたと思う」と悔しがった。
    続けて「プレミアリーグもチャンピオンズリーグも戦っていくんだったらローテーションが必要。
    別にチャンスがないから苛立ってるわけじゃなくて、ローテーションをうまくしてして欲しいなと思う。
    ここまで一気に試合に出られないということになると…。
    (2ゴールを決めた)チェルシー戦も良かったわけですし。
    自分は何かしら信頼されるために、やらなきゃいけないかもしれないし、でも自分が出来ることは、大きくは変えられない。
    たぶん今は我慢の時期なのかなと思う」と話した。

    また、29日には日本代表の発表があるが、「今日出れば1週間のペースで出ているという感じだったので、出してくれよとは思っていた。
    ただ。もう30歳だし経験があるし、多少出ていなくても使われればできる自信はある。コンディションは全く問題ない」とした。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160928-00000030-nksports-socc
    日刊スポーツ 9月28日(水)9時18分配信


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160928-00497975-soccerk-000-3-view

    SOCCER KING 9月28日(水)5時37分配信

    ドルトが終盤のシュールレ弾で追いつき、王者レアルとドロー 香川はベンチ外

    ドルトムントとレアル・マドリードが対戦した [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images

     チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節が27日に行われ、グループFでは日本代表MF香川真司が所属するドルトムント(ドイツ)とレアル・マドリード(スペイン)が対戦した。

     ドルトムントは14日に行われたグループステージ初戦でレギア・ワルシャワ(ポーランド)に6-0の快勝を収めた。今節はホームに前回王者のレアル・マドリードを迎えるが、ホームでなんとか勝ち点3を掴みたいところだ。この日のスタメンにはガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンやドイツ代表MFマリオ・ゲッツェらが名を連ねた一方で、香川はベンチ外となった。

     現行方式のCLで史上初の連覇を狙うレアル・マドリード。第1節のスポルティング(ポルトガル)戦では、試合終了直前までリードを許す苦しい展開となったが、エースのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとスペイン代表FWアルバロ・モラタが立て続けに得点を挙げ、ドラマチックな形で辛くも逆転勝利を収めた。ドルトムントはグループステージ突破を争う対抗馬と目されており、直接対決を制して優位な状況に持ち込みたいところだ。先発メンバーにはC・ロナウドやウェールズ代表MFギャレス・ベイル、FWカリム・ベンゼマらが入った。

     試合は序盤から両チームともにチャンスを作るオープンな展開になると、17分に先制点が生まれる。レアル・マドリードが左サイドから攻め込むと、ベンゼマが中央のトニ・クロースへパス。ハメス・ロドリゲスを経由してエリア内右に走り込んだベイルにつながると、ベイルがこれをヒールで落とし、C・ロナウドがゴール左下に蹴り込んだ。

     ホームのドルトムントも反撃に出る。24分、右サイドから切り込んだウスマン・デンベレが左足シュートで相手ゴールを脅かすと、34分にはO・デンベレの蹴ったCKをソクラティス・パパスタソプーロスが頭で合わせたが、ここはGKケイロル・ナバスの好セーブに阻まれてしまった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160928-00497975-soccerk-socc

     チャンスを作りながらもなかなか追いつけないドルトムント。待望のゴールが生まれたのは43分だった。エリア正面やや右の位置でFKのチャンスを得ると、キッカーのラファエル・ゲレイロが左足で強烈なシュートを放つ。K・ナバスがなんとか反応して弾いたが、こぼれ球がラファエル・ヴァランに当たり、最後はオーバメヤンが押し込んで同点に追いついた。

     前半終了間際にはレアル・マドリードがベンゼマの右クロスをC・ロナウドが合わせて再びネットを揺らしたが、惜しくもオフサイドの判定でゴールは認められなかった。このまま1-1でハーフタイムを迎える。

     後半は立ち上がりからドルトムントが攻勢に出る。52分にはO・デンベレがチャンスを作ったが、再びK・ナバスが立ちはだかる。58分にはマリオ・ゲッツェに替えてアンドレ・シュールレを投入し、勝ち越しゴールを狙いに行く。

     しかし、先にゴールを奪ったのはレアル・マドリード。68分に左CKのチャンスを得ると、ショートコーナーからC・ロナウドが右足クロスを入れる。これをファーサイドのベンゼマが右足で合わせたがボールはクロスバーを直撃。それでもこぼれ球をラファエル・ヴァランが押し込んで勝ち越しに成功した。

     再び追う展開となったドルトムントは、77分にエムレ・モルを投入して流れを変えに行く。一方、勢いを増すレアル・マドリードは79分にC・ロナウドが左サイドをドリブルで突破し、右足シュートまで持ち込んだが、ここはGKロマン・ビュルキが反応してゴールを割らせない。

     すると試合終了間際の87分、ドルトムントは途中出場のクリスティアン・プリシッチが右サイドを突破してクロスを供給。ファーサイドのシュールレがボレーシュートをゴール左上隅に突き刺し、土壇場で同点に追いついた。このまま試合は2-2で終了した。

     10月18日に行われる第3節で、ドルトムントは敵地でスポルティングと、レアル・マドリードはホームでレギア・ワルシャワと対戦する。

    【スコア】
    ドルトムント 2-2 レアル・マドリード

    【得点者】
    0-1 17分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)
    1-1 43分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
    1-2 68分 ラファエル・ヴァラン(レアル・マドリード)
    2-2 87分 アンドレ・シュールレ(ドルトムント)

    続きを読む

    このページのトップヘ