なでしこジャパン

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    4cd06_929_spnldpc-20160729-0002-0

    人格否定。スポーツ紙に躍るそんな大見出しを目にしてギョッとした方も多いのではないか。所属チーム監督代行の言動にブチ切れ、退団を申し入れたのはサッカー女子の日本代表「なでしこジャパン」の元主将、宮間あや(31)である。新聞が報じなかった、人格否定発言の中身とは――。

     ***

     なでしこリーグの「岡山湯郷(ゆのごう)Belle」で異常事態が起こっていることが発覚したのは7月28日。宮間や、ゴールキーパーの福元美穂(32)などベテラン選手4人が退団を申し入れたというのだ。その原因は25日に解任された結城治男監督代行(53)の言動で、スポーツ紙などは「人格を否定するような」発言があったと報じたのだが、暴言の内容には触れなかった。

    「具体的には、練習前のミーティングの時に宮間らに対して『お前らがいなければもっと練習がうまく行く』、宮間に対しては『お前がいなければ俺は他のベテラン組と上手くやれる』などと言っていたようです。そんなことを言われたら、今までさんざんこのチームに貢献してきた宮間が屈辱的な気持ちになるのは当然です」

     そう話すのは、長年、岡山湯郷のゼネラルマネージャー(GM)を務めてきた黒田和則氏(70)。今回の騒動の責任を取りたい、として岡山湯郷に辞職届を提出した氏によると、

    「チームのメンバー全体に対しても、『お前たちは中学生並みか』といったことを言っていたようです。女子サッカーなんて所詮は技術的に男子中学生並み、という意味だったらしい」

     暴言の主である結城氏が岡山湯郷のコーチに就任したのは今年3月。前監督の退任に伴って監督代行に就いたのは6月である。

    ■王様とは認めない

     女子サッカー解説者の江橋よしのり氏によると、

    「岡山湯郷は『宮間のチーム』でした。結城さんの前の監督や前の前の監督の時には、宮間が実質的に監督の役割を担っていた。が、結城さんは宮間をチームの王様とは認めない、という考えだったのでしょう」

     実際、結城氏が監督代行に就任してからそれほど時をおかずに、

    「監督代行とベテラン選手の間に溝が出来始めた」

     と、先の黒田氏は言う。

    「当時、監督代行はこんな不満を漏らしていました。『私の指導の仕方がどうだこうだということを宮間が練習中に他の選手に言っている』と。私はそれを聞いて、『あなたのサッカーを一方的に選手に押し付けるのではなく、宮間らベテラン勢とよく話をして下さい』とお願いしました」

     しかし、結城氏は「選手は監督の指示に従うのが当然」との姿勢で、宮間らとコミュニケーションを取ることを拒否。7月中旬以降には「人格否定発言」も飛び出し、両者の関係は修復不可能な状態に陥ったのだ。

    「チームとしては、宮間ら4人については残って欲しいということで慰留をしているところです」

     と、黒田氏は言うが、先の江橋氏はこんな意見。

    「チームはこれまで宮間がいることにより大きな恩恵を受けてきたのだから、今回は彼女の意思を尊重してあげたほうがいい。彼女ほどのスター選手なら移籍先にも困らないでしょう」

     澤穂希の引退、リオ五輪予選敗退、そして今回の騒動。かつての輝きはどこへやら、最近の「なでしこジャパン」にはどことなく寂寥感が漂っている。

    「ワイド特集 鉄の女の『金』『銀』『銅』」より

    「週刊新潮」2016年8月11・18日夏季特大号 掲載

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160824-00511628-shincho-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    18f97e28-6f5b-4b5d-9e3e-8a5735c01d15

    妊娠を発表した元女子日本代表MF澤穂希。

    今月初め、『FIFA.com』の5人制サッカー夢のチーム(five-a-side dream team)企画に挑戦していた。

    澤が選んだ5人は以下。

    GK:ホープ・ソロ(アメリカ)
    FP:宮間あや(日本)
    FP:マルタ(ブラジル)
    FP:澤穂希(日本)
    FP:ルイザ・ネシブ(フランス)

    https://www.youtube.com/watch?v=x-rc6hLO2qI



    「女ジダン」の異名を持つルイザ・ネシブ、「スカートをはいたペレ」の愛称で知られるマルタら各国の伝説級プレイヤーが名を連ねた。

    http://qoly.jp/2016/07/21/homare-sawa-five-a-side-dream-team

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160719-00000001-jct-000-5-view

    女子サッカー日本代表「なでしこジャパン」のエースとして活躍した澤穂希さん(37)が2016年7月19日、第1子を妊娠したと所属事務所を通じて発表した。

     澤さんは15年8月に元Jリーガーの辻上裕章さんとの結婚を発表し、同年末に現役を引退していた。プロサッカー選手として活躍した2人の子供とあって、ネット上には早くも「将来が楽しみすぎる」「日本サッカーを引っ張る子に育つといいな」と期待する声が出ている。

    ■「(子供は)ぜひサッカー選手に!」

     澤さんは直筆の書面で、「主人と私の念願であった新しい命を授かることができました」「わが家にもう1人家族が加わることになることを私たち夫婦はとても幸せに思います」などと喜びをつづった。すでに安定期に入っており、来年1月に出産予定だという。

     2011年開催の女子ワールドカップドイツ大会で日本を初優勝に導くなど「日本女子サッカー界のレジェンド」として活躍してきた澤さん。夫の辻上さんも元Jリーガーということから、今回の妊娠報道を受け、ネット上では早くも「(子供は)ぜひサッカー選手に!」と期待する声が高まっている。

     ツイッターやネット掲示板などには、

      「おめでとうございます。すごいアスリートになりそう」
      「凄いサラブレットのサッカー選手が生まれるな」
      「メッシ超えるぞサッカークラブは要チェックや」

    などと興奮したようなコメントが相次いで寄せられている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160719-00000001-jct-ent

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160719-00000098-spnannex-000-9-view

    元なでしこジャパンの澤穂希さん(37)が妊娠したことが分かった。マネジメント会社を通じて発表した。

     澤さんは2015年8月に元Jリーガーの辻上裕章氏(39=J1仙台・強化育成部)と結婚。
    当初は神戸と仙台の“遠距離婚”だったが、今年1月には2月から同居することを告白。
    「まだ一緒に住んでないので、来月あたりから住むので、
    それから段々新婚生活という感じかなと思います」と幸せそうなオーラを漂わせていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160719-00000098-spnannex-socc

    続きを読む

    このページのトップヘ