アーセナル

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    プレミアリーグの強豪アーセナルが、ACミラン退団が決まっている日本代表FW本田圭佑(31)の獲得を検討していることが15日までに分かった。

    選手としてだけでなく、アジア戦略における“ブランド力”を高く評価。既に補強リストに名前を挙げているという。本田には他にも欧州の複数クラブが興味を示しているが、来季も再び世界屈指の名門でプレーする可能性が急浮上した。

     プレミアリーグの関係者によれば、アーセナルがACミラン退団が決まっている本田サイドと既に接触。補強リストに名前を挙げたという。同関係者は「本田の知名度は抜群。獲得を検討するに値する」と証言した。

     14年1月にCSKAモスクワから移籍した本田はACミランとの契約が今季で満了。今オフはフリーで移籍が可能となっている。当初はオファーを出したシアトルをはじめ、米MLSも移籍先の有力候補と目されていた。だが、本田自身は「日本代表の集大成」と捉えている18年W杯ロシア大会を見据え、移籍先をスペイン、イングランドなど欧州主要リーグに絞った。その中で、名将ベンゲル監督率いるアーセナルがリストアップした。

     アーセナルに限らず、欧州クラブは香川の所属するドルトムントなど新たな資金源としてアジア戦略に力を入れている。ただ、アーセナルは昨今の低迷もあり、ブランド力が下降線。昨夏には浅野を獲得したが、労働許可が下りずドイツ2部シュツットガルトに期限付き移籍中だ。その中で、本田の選手としての実力はもちろん、マーケティング担当もアジアでの抜群の知名度を高く評価しており、正式オファーに発展する可能性は十分にあるという。

     アーセナルは来季、欧州チャンピオンズリーグ出場権こそ逃したものの欧州リーグに出場。さらにFA杯、リーグ杯など、セリエAより格段に試合数は増える。4―2―3―1が基本のアーセナルはサイドアタッカーにはスピードある選手が重宝されるが、本田はトップ下でプレーできるだけでなく、7日の日本代表―シリア戦ではインサイドハーフとしての適性も示しており、今季に比べ出場機会が増えることは間違いない。

     本田には来季スペイン1部昇格を決めているレバンテ、1月にもオファーを出したプレミアリーグのハルのほか複数の欧州クラブが興味を示している。ただ、プレミアの名門から正式オファーが届けば、常に安定より挑戦を求めてきた本田にとって魅力的な新天地候補となりそうだ。

    2017-01-12-milan-keisuke-honda_160330sndc2jm1il0e1k81kt0r


    スポニチ6/16(金) 6:10配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170616-00000060-spnannex-socc

    【サッカー】<本田圭佑>ラス・パルマス移籍浮上! スペインメディア「前線の主軸の一人となれる」
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1497589916/

    2017/06/16(金) 07:45:31.63
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1497566731/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    プレミアリーグの強豪アーセナルが、ACミラン退団が決まっている日本代表FW本田圭佑(31)の獲得を検討していることが15日までに分かった。

    選手としてだけでなく、アジア戦略における“ブランド力”を高く評価。既に補強リストに名前を挙げているという。本田には他にも欧州の複数クラブが興味を示しているが、来季も再び世界屈指の名門でプレーする可能性が急浮上した。

     プレミアリーグの関係者によれば、アーセナルがACミラン退団が決まっている本田サイドと既に接触。補強リストに名前を挙げたという。同関係者は「本田の知名度は抜群。獲得を検討するに値する」と証言した。

     14年1月にCSKAモスクワから移籍した本田はACミランとの契約が今季で満了。今オフはフリーで移籍が可能となっている。当初はオファーを出したシアトルをはじめ、米MLSも移籍先の有力候補と目されていた。だが、本田自身は「日本代表の集大成」と捉えている18年W杯ロシア大会を見据え、移籍先をスペイン、イングランドなど欧州主要リーグに絞った。その中で、名将ベンゲル監督率いるアーセナルがリストアップした。

     アーセナルに限らず、欧州クラブは香川の所属するドルトムントなど新たな資金源としてアジア戦略に力を入れている。ただ、アーセナルは昨今の低迷もあり、ブランド力が下降線。昨夏には浅野を獲得したが、労働許可が下りずドイツ2部シュツットガルトに期限付き移籍中だ。その中で、本田の選手としての実力はもちろん、マーケティング担当もアジアでの抜群の知名度を高く評価しており、正式オファーに発展する可能性は十分にあるという。

     アーセナルは来季、欧州チャンピオンズリーグ出場権こそ逃したものの欧州リーグに出場。さらにFA杯、リーグ杯など、セリエAより格段に試合数は増える。4―2―3―1が基本のアーセナルはサイドアタッカーにはスピードある選手が重宝されるが、本田はトップ下でプレーできるだけでなく、7日の日本代表―シリア戦ではインサイドハーフとしての適性も示しており、今季に比べ出場機会が増えることは間違いない。

     本田には来季スペイン1部昇格を決めているレバンテ、1月にもオファーを出したプレミアリーグのハルのほか複数の欧州クラブが興味を示している。ただ、プレミアの名門から正式オファーが届けば、常に安定より挑戦を求めてきた本田にとって魅力的な新天地候補となりそうだ。
    20170616-00000060-spnannex-000-6-view


    スポニチ6/16(金) 6:10配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170616-00000060-spnannex-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    イングランドのアーセナルでプレイするドイツ代表MFメスト・エジルが、中国から届いた巨額のオファーを断っていたと明かし、
    その経緯を説明している。

    アレクシス・サンチェスと共にアーセナルからの退団が連日のようにメディアを騒がせているエジル。多くのメガクラブが
    同選手に関心を示しているとされるが、極東から提示された1億ポンドもの破格オファーは代理人を通してすぐさま断ったと
    話している。英紙『THE Sun』がエジルの新たな自伝に記された内容を引用し、伝えた。

    「去年の夏に中国からとんでもなく馬鹿げたオファーが届いた。彼らは僕に5年間で総額1億ポンド(約135億円)支払う
    準備をしていたよ。僕の想像を遥かに超えるおとぎ話のような金額だ。それでも僕はこのオファーを拒絶するのに3分も
    かからなかったね」

    彼は135億円よりもアーセナルでのタイトル争いを選んだと話す。

    「代理人が僕に電話してきてそのオファーの存在を教えてくれた。僕はキャリアが終焉に近付くまではどこにも行かないと
    返事したんだ。アーセナルというクラブでタイトルを獲得したかったんだよ。中国がこの僕にいくら大金を積んだところで、
    僕はあそこでやる気はないね。絶対にあり得ない」

    20170417-00010015-theworld-000-1-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170417-00010015-theworld-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160930-00000121-spnannex-000-1-view

    イングランド代表の次期監督候補に挙がっているアーセナルのアーセン・ベンゲル監督(66)が、代表監督のポストへ興味を示した。

     英BBC放送が速報で伝えたもので、30日に開かれたアーセナルの定例会見で代表監督に興味があるかと問われ、「いつの日か、自分の身がフリーなら。なぜそうしない?」と話した。フランス人のベンゲル監督とアーセナルの契約は来夏まで。報道によれば、アーセナルの首脳陣は同監督との契約更新を希望している。イングランド代表は英紙による“おとり取材”をきっかけにアラダイス監督が辞任し、後任選びが注目を集めている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160930-00000121-spnannex-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160928-00498112-soccerk-000-1-view

    イングランドサッカー協会(FA)は27日、同国代表指揮官のサム・アラダイス氏が辞任を表明し、同氏との契約を双方合意のうえで解除したことを発表した。今後4試合はU-21イングランド代表のガレス・サウスゲート監督が暫定指揮官を務めることが併せて発表されている。

     在任67日、わずか1試合の指揮で監督が退任するという前代未聞の出来事。ユーロ2016でベスト16敗退に終わり、再起を期すイングランド代表にとっては思いがけない事態に陥ってしまった。混乱の中、イギリス紙『デイリーメール』は27日、新指揮官候補5名を列挙している。

     まず挙げられたのは、ボーンマスを率いるエディ・ハウ監督。38歳の同監督は、アラダイス監督就任前にも候補として浮上していた。FAから重要な存在として考えられているようで、本人もイングランド代表指揮官を「究極の仕事」と捉えている模様だ。

     ハウ監督は20代の頃からボーンマスで指導者を務め、2009-2010シーズンに4部から3部リーグへの昇格を果たすと、2012-13シーズンにチャンピオンシップ(2部)昇格。そして2014-15シーズンにプレミアリーグへとチームを導いた。トップリーグ初挑戦となった昨シーズンは16位でフィニッシュし、残留を決めている。同紙は「他の候補者よりも経験面では劣るかもしれないが、苦境に立たされている現在、それ(経験)は重要だろうか?」と記している。

     続いては、クリスタル・パレスのアラン・パーデュー監督の名前が挙げられた。現在55歳の同監督は、レディングやウェストハム、サウサンプトンなど5クラブの指揮官を歴任。昨年1月からクリスタル・パレスを率いている。同クラブでは昨シーズン、FAカップ決勝にコマを進めたものの、マンチェスター・Uに敗れてタイトル獲得とはならなかった。

     3人目の候補は、今後4試合で暫定指揮官を務めることが決まったサウスゲート監督。ミドルズブラの指揮官を2009年に解任された同監督は、2013年からU-21イングランド代表を率いている。暫定指揮官として臨む4試合の内容と結果次第では、正式にA代表の監督に就任する可能性もありそうだ。

     続いての候補は、今夏までハルを率いていたスティーヴ・ブルース氏だ。55歳の同監督は2012年からハルの指揮を執り、昨シーズンの昇格プレーオフを制してプレミアリーグ復帰を決めた。しかし今シーズン開幕前に辞任。アラダイス監督就任前にもイングランド代表指揮官候補として名前が挙がり、本人も就任に前向きな意向を示していた。

     そして5人目の候補として挙げられたのは、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督。『デイリーメール』は「候補5人のうち、最高の監督であることは間違いない。ただ、就任の可能性は最も低い」と前置きしつつ「世界のサッカー界における彼の地位は不動のもので、対抗できる人物は一握りに過ぎない」と記した。「FAがスリー・ライオンズ(イングランド代表の愛称)を率いるように彼を説得することができたら、信じられないほどの(素晴らしい)任命となる」と伝えられている。

     思いがけない混乱に見舞われたイングランドのサッカー界。次期指揮官に指名されるのはどの監督だろうか。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160928-00498112-soccerk-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160909-00010009-theworld-000-1-view

    プレミアリーグで通用するそのハート

    今夏にアーセナルへ移籍した日本代表FW浅野拓磨を、どれだけのアーセナルサポーターが信頼しているだろうか。ほとんどの人は名前も顔もプレイスタイルも知らなかったはずで、戦力にはならないと気にもしていなかったことだろう。

    しかし、浅野はリオデジャネイロ五輪での2得点に続いて、先日のワールドカップアジア最終予選のタイ代表戦でも得点を奪って見せた。英『Daily Star』は、この得点に浅野がプレミアリーグで成功するヒントがあるかもしれないと興奮気味だ。

    浅野の得点は味方のロングボールを追いかけたところからスタートし、相手DFがクリアしようと上げた足よりも早く頭で触って抜け出したものだった。同メディアは、浅野には相手DFの足が顔面に当たるかもしれないとの恐怖心がなかったと解説し、プレミアリーグでも通用するハートの強さを見せてくれたと称賛している。

    当たりが激しいプレミアリーグでは、相手との接触を恐れることなど許されはしない。レスター・シティで岡崎慎司が受け入れられているのも、岡崎が怖いもの知らずの一面を持っているからでもあるだろう。

    リオデジャネイロ五輪に続いて最終予選でも結果を出したことをサポーターも喜んでおり、同メディアのアンケートでは実に83%もの人が浅野がアーセナルで成功を収めるはずだと答えている。

    今季はレンタル先のシュツットガルトで経験を積むことになるが、浅野の評価は間違いなく上がっている。ドイツでのプレイもサポーターからチェックされることだろう。まずはシュツットガルトで結果を出す必要があるものの、浅野がアーセナルで活躍する日もそう遠くはないかもしれない。

    theWORLD(ザ・ワールド) 9月9日 16時50分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160909-00010009-theworld-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、\(^o^)/がお送りします 2016/08/29(月) 13:16:47.200 ID:n1JNYuD30NIKU
    20160704_Asano_FchThailand


    レンタル先がブンデスとはいえ2部ってのがなんかむかつくけど

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160828-00010027-theworld-000-1-view

    今季をシュツットガルトで過ごすことになった日本代表FW浅野拓磨は、
    ドイツで最高のアピールをしてアーセナルに戻ってくることが期待されている。

    ここで思い出されるのはスピードスターだった宮市亮だ。宮市はJリーグを経由せずいきなりアーセナルに加入。
    しかしレンタル先で負傷に悩まされたこともあり、アーセナルで定位置を確保することはできなかった。

    宮市の他に稲本潤一もインパクトを残せず、浅野にはこうしたイメージを払拭することも期待されている。
    また、英『METRO』がおこなったアンケート調査では、近年アーセナルがおこなった補強のワースト1位に韓国人FWパク・チュヨンが選ばれた。

    パク・チュヨンは27%の票を集めてしまい、
    アーセナルサポーターの中にはアジア人選手に対して良いイメージを持っていない人もいるかもしれない。

    このアンケートでは2位にアンドレ・サントス、3位キム・カルストローム、4位セバスティアン・スキラッチ、
    5位にヨッシ・ベナユンが選ばれているが、サントスとベナユンはパク・チュヨンと同じ2011年夏にアーセナルへ加入した選手で、当時はパニックバイだと批判されている。

    中でもパク・チュヨンの評価は低く、今回のアンケートでも1位に選ばれてしまった。

    浅野がこのままアーセナルに戻ってこれない場合はアジア人選手の評価がさらに下がりそうだが、
    浅野にはシュツットガルトで結果を残してアーセナルの最前線を張る選手になってもらいたいところだ。

    theWORLD(ザ・ワールド) 8月28日(日)22時40分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160828-00010027-theworld-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    781782de-3064-4a47-b5d0-ed22ce27171e

    『ELF Voetbal』は「元ガーナ代表FWクインシー・オウス=アベイエは、アーセナルを離れたことは間違いだったと話した」と報じた。

    かつてオランダU-21代表の一員としてワールドユース選手権に出場。日本代表戦ではドリブルで驚異的な破壊力を見せ、衝撃を与えた。

    Quincy Owusu-Abeyie vs Japan
    https://www.youtube.com/watch?v=U2gid1DohVA



    当時はアーセナルに所属していた彼であるが、2006年に退団。スパルタク・モスクワへと移籍することを決断したが、その後セルタ、バーミンガム、カーディフ、ポーツマスとレンタル移籍を繰り返すことになり、キャリアは思ったようにステップアップしていかなかった。

    苦しい時代を長く過ごし、昨季はなんと無所属のまま一年が経過。30歳を前にして新たなクラブも見つけられない状況になっていたのだ。

    しかし、今季NECナイメーヘンのトライアルを受けて合格すると、開幕から3試合で2アシストを記録。ついにエールディビジで復活の兆しを見せている。

    彼はインタビューに対して以下のように話し、もともとアーセナルを離れたことが間違いだったと語ったという。

    クインシー・オウス=アベイエ

    「僕はキャリアで間違った選択をしたんだ。わかっているよ。アーセナルを離れるべきではなかったんだ。

    スパルタク・モスクワに行くという決断を下した時を思い返せば、自分のこともマネージメントのこともよく考えていなかったように感じる」

    https://qoly.jp/2016/08/28/quincy-owusu-abeyie-regrets-leaving-arsenal

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160826-00485230-soccerk-000-11-view

     アーセナルは26日、今夏加入した日本代表FW浅野拓磨がMF細貝萌所属のブンデスリーガ2部シュトゥットガルトにレンタル移籍することをクラブ公式サイトで発表した。

     今夏、サンフレッチェ広島からアーセナルへ移籍した浅野だが、イギリスの労働許可証を得ることができず、ドイツでの武者修行が決まった。

     現在21歳の浅野は、2013年に三重県立四日市中央工業高から広島に加入。2013年9月の川崎フロンターレ戦でJリーグデビューを飾ると、2015年4月のFC東京戦でJ初ゴールを記録。2015年の東アジアカップ2015に出場する日本代表メンバーに選出されると、8月2日の朝鮮民主主義人民共和国戦で代表デビューも飾っていた。

    今季はJ1で11試合に出場し、2得点を記録している。また、リオデジャネイロ・オリンピック日本代表にも選出され、全3試合に出場し2ゴールを記録。9月から始まる2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選の日本代表メンバーにも選出されている。

    SOCCER KING 8月26日 21時5分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160826-00485230-soccerk-socc

    続きを読む

    このページのトップヘ