アーセナル

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160825-00010009-soccermzw-000-2-view

    アーセナルに移籍も英就労ビザを取得できずに去就は不透明

    ハリルが名将ベンゲルに怒りのクレーム! 「浅野はなぜ15日も20日も日本で休むんだ!」

     9月に開幕するロシア・ワールドカップ(W杯)最終予選の第1節UAE戦、第2節タイ戦に臨む日本代表メンバーが発表された。

    バヒド・ハリルホジッチ監督は、リオデジャネイロ五輪代表FW浅野拓磨(アーセナル)を選出したが、英内務省から就労ビザ申請を却下されたために、新天地が決まっていない。

    五輪終了後に日本国内で調整を強いられた新鋭FWの去就不透明な現状に激怒し、アーセナルのアーセン・ベンゲル監督に「なぜ15日も20日も休まなければならないのか」と激高したことを明らかにした。

     ハリル監督は6月のキリンカップでも2試合とも起用した浅野について、大きな期待を持って招集を決断した。しかし「浅野の状況が決定的に分からないのが心配ですね」と繰り返し語った。リオ五輪終了後の浅野のコンディションと去就について、大きな不安を持っているようだ。

    「FWのなかで最も難しいのが浅野です。オリンピックが終わって日本に帰ってきて、誰が日本に帰れと言ったのか分かりませんが、休めと言われたようですね」

     こう切り出したハリルホジッチ監督は、怒りをヒートアップさせた。そして、ベンゲル監督とのいきさつを明らかにした。

    「五輪の間に全てが解決するはずだった」

    「私も直接ベンゲルに電話して、『日本でなぜ15日も20日も休まなければならないのか』と話しました。レンタルに出なければいけないのは分かっていたことで、オリンピックの間に全て解決するはずでした。

    彼が日本に残らなければいけない状況だったので、我々が状況を整えてみっちりトレーニングしました。ただ、彼がどこにレンタルされるのか。ロンドンに行ったところまでは知っているが、コミュニケーションが難しい状況です」

     浅野は英国での労働許可証が下りず、他国クラブへのレンタル移籍を余儀なくされた。フランス、ドイツ、ベルギーリーグへの移籍が浮上しているが、ハリル監督は去就問題で宙ぶらりんになった浅野に関して、アーセナルへの不信感を一気に爆発させた模様だ。

    「初戦に浅野が使えるかは分かりません。ただ、浅野の移籍に関してはすごく信頼しています。オリンピックでも高いクオリティーを見せましたし、我々のチームに若さと情熱を見せてほしい。競争には含まれています」

     ハリル監督から「大島(僚太)と浅野がA代表に何かをもたらす可能性は高い」と評価された“ジャガー”は、リオ五輪でも2得点を決めている。果たして新天地がすんなりと決まり、最終予選のピッチに立つことができるだろうか。 

    Football ZONE web 8月25日 16時22分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160825-00010009-soccermzw-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160822-00000044-spnannex-000-1-view

    アーセナルのアーセン・ベンゲル監督(66)は20日、広島から獲得したFW浅野拓磨(21)について「労働許可証が出なかった」との理由で英国外に期限付き移籍すると明言した。

    移籍先については「フランスかドイツでプレーしてほしいと考えている」と明かし「私は彼の能力の高さを信じている。彼に適したクラブへ送れるように、しっかりと面倒を見るつもりだ」と話した。

     アーセナルは労働許可証取得の手続きと同時に複数のクラブと期限付き移籍の話し合いを進めてきた。指揮官が言及したドイツではフランクフルトとアウクスブルク、フランスではニースが対象。オーストリアのザルツブルクとも交渉してきた。

    広報担当は「今夏の移籍期間(今月31日まで)の間に行き先が決まる」と語った。13日にリオデジャネイロ五輪から帰国した浅野は現在、都内で自主トレを行っている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160822-00000044-spnannex-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160808-00010024-footballc-000-4-view

    リオ五輪サッカーにともに出場している日本と韓国。韓国は強豪ドイツと引き分ける一方、日本はコロンビアと引き分けてグループステージ突破が危機的となる正反対の結果となった。これを受けて韓国メディアはどのような反応だったのか。(文:キム・ドンヒョン【城南】)

     日本にとっては惜しい結果だった。日本時間8日、マナウスのアマゾニア・アレナで行われたグループリーグ第2試合で日本はコロンビアに2ゴールを先に許しながらも底力を発揮し、2-2と引き分けた。

     前回の試合と同様、守備の乱れが目立った。藤春廣輝のオウンゴールは仕方ないとしても、1点目の失点は守備の甘い処理が生んだもったいないシーンだった。それでも攻撃陣の集中力こそ輝いた。中島翔哉、浅野拓磨の動きがコロンビアの守備に亀裂を入れたことは否めない。

     浅野のプレーに韓国のメディアも賛辞を寄せている。本日の試合を生中継した韓国最大スポーツチャンネル『SBSスポーツ』(韓国で最も人気のあるイングリッシュ・プレミアリーグを中継している)のアナウンサー、ペ・ソンジェや解説のチャン・ジヒョンは浅野の動きに「アジア離れした才能」、「(アーセン・)ヴェンゲル監督がいい有望株を買ったようだ」と褒めた。

     特にプレミアリーグに多識なチャン・ジヒョン解説は浅野の追撃ゴールに対して「韓国も予選であの形でやられた覚えがある。アーセナルでどれだけチャンスが巡ってくるかは分からないが、旺盛な運動量やラインを崩す動きだけは見もの」と高評価を与えた。

    韓国にとって浅野にいい記憶はないが…高い評価を与える

    韓国メディアが送る浅野拓磨への賛辞「アジア離れした才能」「日韓戦でもやられた」【リオ五輪サッカー】

     試合後、韓国メディアも浅野に注目した。韓国メジャーサッカー専門メディア『ベストイレブン』は「ベスト8進出は難しいかもしれないが、グループリーグ敗退は何とか免れたことは注目するポイントだ。(中略)浅野の追撃ゴールや中島が値千金の同点ゴールを決め、試合を原点に戻した。底力を発揮した日本は難敵コロンビアから勝ち点1を持ち帰ることができた」と称えた。

     また、『OSEN』、『インターフットボール』などスポーツメディアも「浅野のゴールで雰囲気が変わった」と伝えている。

     実は浅野の名前は韓国ファンにもよく知られている。この夏、アーセナルに電撃移籍したことも韓国サッカーファンの視線を集めたが、それより印象を残したのは今年1月、カタールで開かれたU-23アジア選手権にさかのぼる。

     五輪予選を兼ねたこの大会の決勝で日韓戦が開かれたのを覚えているファンも多くいるだろう。決勝で韓国は2-0とリードしながらも後半20分から3ゴールを日本に許し、2-3の逆転負けを喫した。浅野はこの試合で後半途中出場ながらも2ゴールを決め、勝利を導いた。韓国にとっては決していい記憶ではない。

     しかしながら、これだけ高評価されているのは浅野の才能の証明ともいえるだろう。スウェーデンとの試合でもこの好調ぶりを見せることができるのか。日本の運命は、彼の足にかかっている。

    (文:キム・ドンヒョン【城南】)

    フットボールチャンネル 8月8日 15時18分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160808-00010024-footballc-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160806-01630059-gekisaka-000-1-view

    アーセナルは5日、ナイジェリアのダイアモンド・フットボール・アカデミーからMFケレチ・ヌワカリ(18)が加入することを発表した。

     同選手は昨年チリで開催されたU-17W杯で大会最優秀選手賞を獲得した逸材で、欧州ビッグクラブが熱視線を送り続けていた。

     今後はアーセナルのアカデミーに加入することになるが、レンタル移籍の可能性もあるという。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160806-01630059-gekisaka-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【マナウス1日(日本時間2日)=木下淳】

    リオデジャネイロ五輪日本代表FW浅野拓磨(21)に、新天地アーセナルのアーセン・ベンゲル監督(66)から金言が届いた。
    WOWOWのサッカー番組でA代表ハリルホジッチ監督と対談し、浅野への評価を獲得決定後、初めて日本メディアに語ったもの。

    2日後の1次リーグ初戦ナイジェリア戦へ、浅野にとってメダル獲得と期待に応える五輪が始まる。

    決戦の地マナウスに入った浅野は、高温多湿の生ぬるい空気を切り裂いてゴールへ走り続けた。
    シュート練習で鋭い動きを見せ、ブラジル戦の疲労を感じさせない。上り調子でナイジェリア戦に向かっている。

    その浅野が世界を驚かせる姿を、既に思い描いている人がいる。
    プレミアリーグの名将ベンゲル監督。ハリルホジッチ監督と対談した中で、電撃獲得の根拠となった浅野への評価を初めて打ち明けた。

    ベンゲル監督 長所はボールを受ける質の高さ、つまりマークを外してDFの裏に動ける能力だ。その能力をもっと有効に使えるようになるため、ほかの部分を鍛えなければいけない。
    50メートル5秒9の快足に、ほれ込み、労働許可証の特定取得にも直接関わるともいわれている。期待度が高い分、原石に対する課題の指摘も具体的だった。

    ベンゲル監督 成長にはモチベーションと知性、良い指導者が必要だけれど、それより大事なのはレベルの高い選手と一緒にプレーすることだ。
    周りから吸収できるものは、たくさんある。我々は彼を選手として成熟させたい。ゴール前でのフィニッシュ、マークの外し方、体の使い方など、欧州サッカーに必要なスキルをどんどん注入させる。

    他国への期限付き移籍の可能性も伝えられる中、まるで手元に置いて育てることが決まっているかのような口ぶりだ。そして力強い口調で、こう付け加えた。

    ベンゲル監督 重要なのは、彼の長所を崩さないことだ。サッカー選手は長所を基にキャリアを積んでいく。
    一緒にプレーする周りの選手はレベルが高い。本人の技術も自然とレベルが上がっていくに違いない。

    先月18日に渡英した浅野は、ロンドンでベンゲル監督と初対面。一夜漬けの英語であいさつし「何やったかな…もう忘れた」と覚えていないが、実際ここまで期待されていた。
    当地で「自分がどこまでやれるか楽しみ」と話し続けている浅野。名将の期待通りに活躍すれば、メダルも近づく。

    ◆WOWOW放送予定 ハリルホジッチ監督とベンゲル監督の対談は「UEFA EURO 2016 ハリルホジッチ 大会総括リポート アーセン・ベンゲル緊急参戦!」と題し、
    6日午後7時からWOWOWプライムで放送。15日と18日にはWOWOWライブでスペインにシーズン到来を告げる「スーペルコパ2016」を放送する。
    清武が加入したセビリアがバルセロナに挑む。第1戦は15日午前4時45分、第2戦は18日午前5時45分。

    日刊スポーツ 8月3日(水)8時11分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160803-00000020-nksports-socc


    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    GettyImages-584731926

    アーセナルが、日本代表DF長友佑都が所属するインテルのアルゼンチン人FWマウロ・イカルディの獲得に向けて6000万ユーロ(約69億円)を用意しているようだ。7月31日、イギリス紙『デイリー・スター・サンデー』が報じた。

     ナポリからもアーセナルが提示した移籍金と、同額のオファーが提示されているイカルディ。インテルのロベルト・マンチーニ監督は、「彼は我々の主将だ。しかし、将来のことは何が起こるかわからない」と言明し、去就が不透明であることを明かしている。

     また一部報道によると、インテルはナポリあるいはアーセナルからの同選手へのオファーを受け入れると見られている。後釜には、サントスのブラジル代表FWガブリエウ・バルボーザやユヴェントスのイタリア代表FWシモーネ・ザザが獲得候補に挙がっているようだ。

    http://www.soccer-king.jp/news/world/ita/20160801/474671.html?cx_news=page1

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160731-00010032-theworld-000-1-view

    マフレズにも「残ってほしい」

    レスター残留を決断したイングランド代表FWジェイミー・バーディがクラブ愛を語っている。

    今夏、移籍市場で最も動向に注目が集まった選手の一人であるバーディ。一時はアーセナル移籍が濃厚と伝えられたが、最終的には自らをスターとしてくれたチームへの残留を決断している。この決断について同選手はコメントし、米『ESPN』が伝えた。

    「レスターこそ前に進むことができる唯一のクラブだと思った。だから僕もその一部になりたかったんだ。だから移籍について考えたとき、それは大きな決断ではなかったよ。とても簡単だったし、僕はここにいたいと思っていたからね」

    続けて、移籍の噂が絶えないリヤド・マフレズについては「全員が彼に残ってほしいと思っているはずだよ。ただ僕らがどうこうできる問題じゃないし、リヤド次第だ」と残留を祈った。

    すでにエンゴロ・カンテがチームを去ってしまったが、最小限の放出にとどめ、補強を続けているレスター。新シーズンもその戦いに注目したいところだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160731-00010032-theworld-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    pcimage

    ▽リヨンは26日、同クラブに所属するフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼット(25)の去就に関するコメントを発表した。

    ▽今夏の去就が取りざたされるラカゼットに関しては、アーセナルのほかにもバルセロナ移籍などの噂が出ていた。リヨンは、ラカゼットに対してアーセナルから4800万ユーロ(約55億2000万円)のオファーが届いたという一部メディアの報道を否定。そのうえで、3500万ユーロ(約40億2000万円)のオファーが届いたものの、これを拒否したと明かした。

    ▽リヨンは、一昨シーズンのリーグ・アン得点王であるラカゼットがチームの中心選手であるため、残留させる見込みであると強調している。

    ▽一方のアーセナルは今夏、レスター・シティのFWジェイミー・ヴァーディの獲得に失敗。さらに、ナポリのFWゴンサロ・イグアインもユベントス移籍が濃厚となるなど、大物アタッカーを狙うも、ことごとく失敗している。」

    2016.07.26 19:57 Tue
    http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=246810 

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160720-00470130-soccerk-000-2-view

    バルセロナは19日、「カタール航空」とのメインスポンサー契約延長を発表した。新契約の期間は2017年6月30日までで、注目されていた“胸スポンサー”の動向が決着を迎えた。

     バルセロナの発表を受け、スペインメディア『Weloba』が“胸スポンサー”の契約料ランキングを掲載。同メディアの推定額で、高額契約を結んでいる上位10クラブを紹介している。

     首位に輝いたのはマンチェスター・U。アメリカの自動車メーカー「シボレー」と2014年から2021年までの契約を結んでおり、スポンサー料は年間6300万ユーロ(約73億9000万円)と推定されている。

     2位もプレミアリーグのクラブが入った。日本のタイヤメーカー「横浜ゴム」と2015年から2020年までの契約を結んでいるチェルシーで、スポンサー料は年間4700万ユーロ(約55億1000万円)と推定されている。

     3位には「エミレーツ航空」のアーセナルと「カタール航空」のバルセロナが入った。両クラブは年間3500万ユーロ(約41億1000万円)のスポンサー契約を結んでいる。

    『Weloba』が掲載した“胸スポンサー”の契約料ランキングは以下のとおり。括弧内はスポンサー契約を結んでいる企業名。トップ10のうち、半数以上の6クラブをイングランド勢が占める結果となった。

    ▼1位
    マンチェスター・U(シボレー)…年間6300万ユーロ(約73億9000万円)

    ▼2位
    チェルシー(横浜ゴム)…年間4700万ユーロ(約55億1000万円)

    ▼3位
    アーセナル(エミレーツ航空)…年間3500万ユーロ(約41億1000万円)
    バルセロナ(カタール航空)…年間3500万ユーロ(約41億1000万円)

    ▼5位
    バイエルン(ドイツテレコム)…年間3000万ユーロ(約35億2000万円)
    レアル・マドリード(エミレーツ航空)…年間3000万ユーロ(約35億2000万円)

    ▼7位
    パリ・サンジェルマン(エミレーツ航空)…年間2500万ユーロ(約29億3000万円)

    ▼8位
    リヴァプール(スタンダードチャータード銀行)…年間2400万ユーロ(約28億2000万円)
    マンチェスター・C(エティハド航空)…年間2400万ユーロ(約28億2000万円)

    ▼10位
    トッテナム(AIA)…年間1900万ユーロ(約22億3000万円)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160720-00470130-soccerk-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160718-00010015-soccermzw-000-1-view

    英紙が異例の特集「アサノが号泣」 横浜FMとの最終戦でアシスト締め

     サンフレッチェ広島の日本代表FW浅野拓磨は、17日のJ1セカンドステージ第4節横浜F・マリノス戦(2-2)でラストゲームを戦い、試合後の惜別セレモニーでは大粒の涙を流した。そして、その号泣ぶりが早くもイングランドメディアで特集されている。

     英紙「メトロ」は、「アーセナルに新加入のタクマ・アサノがサンフレッチェ広島の最後の出場で号泣」との見出しで特集している。

     記事では「北ロンドンへの移籍のために準備するアサノは、大観衆の前で涙をこらえるのに必死だった。別れのセレモニーは非常にエモーショナルなものとなった。アーセナルファンは、ベンゲル監督が原石を発見したことを祈っている」とレポートされている。

     横浜FM戦で浅野は得点こそ奪えなかったものの、FW佐藤寿人のゴールを演出するなどエディオンスタジアム広島に駆けつけた2万5845人に自らの勇姿を刻んだ。
    家族から花束を受け取ると号泣

     そして試合後のセレモニーでは、「広島に来て高校卒業とともにサッカー選手となり3年半が経ちましたが、この広島でいろいろな経験をさせていただきました。決して楽しい経験ばかりではなく、苦しい、悔しいことが多かったですが、支えてくれたのはファン・サポーター、関わってくれたすべての皆さん、チームメイト、スタッフ、何よりも家族が支えてくれました」とクラブへの感謝を語り、両親と妹から花束を受け取ると涙腺が崩壊した。

     フランス代表FWオリビエ・ジルーらアーセナルの前線には、各国代表クラスが並ぶ。国際経験の少ない浅野はレンタルに出される可能性が高く、将来性を買われた補強とも言われている。しかし、浅野はセレモニーで「新しい地での挑戦はより厳しい環境になってくると思いますが、目の前のことに対して100%の力で頑張りたいと思います」と涙ながらに語った。

     6月のキリン杯ボスニア・ヘルツェゴビナ戦では、決定機に消極的な横パスを選択。試合後には悔しさから涙を流した。“号泣ストライカー”ぶりが早速英国で報じられた浅野は、ガナーズのニュースターへの階段を一歩上がったと言えるのかもしれない。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160718-00010015-soccermzw-socc

    続きを読む

    このページのトップヘ