イカルディ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    GettyImages-584731926

    アーセナルが、日本代表DF長友佑都が所属するインテルのアルゼンチン人FWマウロ・イカルディの獲得に向けて6000万ユーロ(約69億円)を用意しているようだ。7月31日、イギリス紙『デイリー・スター・サンデー』が報じた。

     ナポリからもアーセナルが提示した移籍金と、同額のオファーが提示されているイカルディ。インテルのロベルト・マンチーニ監督は、「彼は我々の主将だ。しかし、将来のことは何が起こるかわからない」と言明し、去就が不透明であることを明かしている。

     また一部報道によると、インテルはナポリあるいはアーセナルからの同選手へのオファーを受け入れると見られている。後釜には、サントスのブラジル代表FWガブリエウ・バルボーザやユヴェントスのイタリア代表FWシモーネ・ザザが獲得候補に挙がっているようだ。

    http://www.soccer-king.jp/news/world/ita/20160801/474671.html?cx_news=page1

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160721-00010035-theworld-000-1-view

    アーセナル移籍は無し?

    インテルでキャプテンを務めるアルゼンチン代表ストライカー、マウロ・イカルディがチームに残ると宣言している。

    昨季のセリエAで33試合に出場し16ゴールを挙げる活躍を見せ、得点ランク4位という戦績でシーズンを終えたイカルディ。DFの裏へ抜け出すセンスや冷静なフィニッシュなど、ストライカーとして必要な要素を高い次元で備えているアルゼンチン人スコアラーに対しては、ナポリやアーセナル、そしてアトレティコ・マドリードといった強豪クラブが続々と関心を示していた。しかし23歳のアタッカーは今後もインテルでプレイし続けることを宣言。伊『Corriere dello sport』がイカルディのコメントを伝えた。

    「僕はインテルに所属しているし、このチームでとても順調な生活を送っている。これまでにも僕は常にそのように話していたよ。それに2019年までインテルとの契約があるんだ。このクラブこそ僕にとって最良のチームさ。世間はこのテーマ以外のことを話す必要があるだろうね。より良いプレイをすることで監督にもっとアピールしていこうと思ってるよ」

    最近では妻で代理人を務めるワンダ・ナラ氏によるメディアへの露出も増えてきたイカルディだが、どうやら退団する気など無いようだ。セリエA屈指のストライカーの残留宣言にインテリスタもホッと胸を撫で下ろしていることだろう。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160721-00010035-theworld-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160719-00010042-theworld-000-1-view

    インテルを引っ掻き回す夫人

    数週間前までインテルでチャンピオンズリーグに出たいと語っていたFWマウロ・イカルディは、ここ数日の間にいつクラブを退団しても不思議はない存在となってしまった。その発端は妻で代理人のワンダ・ナラ夫人にあり、同夫人はここ数日インテルへの不満をぶちまけてきた。

    夫人が不満に感じているのは金銭面で、インテル側がイカルディの年俸を上げない以上は退団も辞さない考えだ。

    伊『Calciomercato』によると、夫人は今の状態ではインテルとの契約を延長したくないと主張。イカルディは2019年までクラブと契約を結んでいるが、金銭面の問題が解決されない限りはこれ以降の延長はしたくないと考えているようだ。

    「私たちはマウロの契約を変えてほしいと思っているの。でも、待たなくてはいけないわ。1週間後には全てがクリアなものになるでしょう。現時点で私たちは2019年以降の契約延長はしたくない。ただ金銭面を変えてほしいの」

    さらに同メディアによると、夫人は最近になってユヴェントスのTwitterをフォローし始めたという。同メディアはインテルを怒らせようとしているのか?と伝えており、夫人が蜂の巣を引っ掻き回すかのように動いていると最近の変化に驚いている。

    イカルディには欧州の複数クラブが関心を示しているが、1週間後全てがクリアになった時には夫人が満足する答えは出ているのだろうか。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160719-00010042-theworld-socc

    続きを読む

    このページのトップヘ