クロップ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20170329-00010024-soccermzw-000-1-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170329-00010024-soccermzw-socc

    英地元紙、香川とクロップ監督がリバプールで運命の再会を果たす可能性を報じる

     ドルトムントの日本代表MF香川真司は2018年6月に契約満了となる。その去就問題に注目が集まるなか、英メディアはプレミアリーグ強豪リバプールの来季補強特集を展開。香川はバルセロナの天才司令塔アンドレス・イニエスタ、アーセナルのチリ代表MFアレクシス・サンチェスら世界屈指の名手と並び、堂々の選出。恩師ユルゲン・クロップ監督と運命の再会を果たす可能性が報じられている。

     「ゴールスコアラー、レフトバック、獲得困難な選手たち、リバプールが今夏に安値で獲得できる可能性がある25選手」という補強特集を展開したのは英地元紙「リバプール・エコー」だ。

     法外な移籍金がかからない補強選手をリストアップ。現在セントラルハーフを本職とするイングランド代表MFジェームス・ミルナーがレギュラーを務めている左サイドバックには、PSVのオランダ代表DFジェトロ・ウィレムス、ハル・シティDFアンドリュー・ロバートソン、マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表DFルーク・ショー、ナポリのアルジェリア代表DFファウジ・グラム、ACミランのイタリア代表DFマッティア・デシリオらが候補に挙がっている。

     その一方、「獲得困難」というカテゴリーで数々の世界的な名手が候補に並ぶなか、ここにクロップの愛息子が登場する。「何人かの世界屈指のビッグネームは、この夏に契約問題からこう着状態に陥る可能性がある。リバプールが彼らを獲得する希望はほぼ厳しいが、夢見て何が悪い」と特集では紹介している。

     筆頭に登場するのはパリ・サンジェルマン(PSG)のウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニだ。

     「ウルグアイ人ストライカーは激アツなゴール記録を誇っている。28試合で27得点を叩き出している。30歳にして、獲得のチャンスはないかもしれない。年俸の要求もあまりに高いが、彼には明確な格というものが存在する」とリストアップされている。

     PSGからはフランス代表MFブラジエ・マテュイディも選ばれた。「そのエネルギーとパスを狙う眼、ピッチの高い位置までボールを運ぶ能力は中盤全域で完璧な補強になる。フランス代表選手は昨夏ユベントス移籍を望んでおり、アンフィールドに迎えるには説得が大変だ」と人気銘柄のダイナモは獲得困難と位置付けた。

     バルサの至宝イニエスタも登場している。「想像してもらいたい。16年間カンプ・ノウで過ごし、今32歳。彼はもしかすると環境変えたいと思うかもしれない。マージーサイド(リバプールを中心都市とする州)が意中の新天地であるということは想像困難だが……」と悲観的に報じた。

     レアル・マドリードのスペイン代表MFイスコも登場する。「最近、バルセロナ移籍話が浮上しているスペイン代表は、マラガからベルナベウに3000万ユーロ(約36億円)で移籍した時の好調さを取り戻すことができていない。まだ24歳で、彼の格というものは明確だ。前線を大幅に向上させるだろう」としている。

    サンチェスに55億円でオファー?

     そして、アーセナルのエースFWサンチェスの名前も挙がった。「2014年に獲得を失敗しており、リバプールがチリ人にとって理想的な目的地ではなさそうだ。サンチェスはエミレーツで不幸せで、どこに行こうがチームを向上させる存在だ。ユベントスが最有力候補と見られている。もしかすると(オーナーの)ジョン・W・ヘンリーが4000万ポンド(約55億円)でオファーする?」とレポートしている。

     14年にアーセナルとのサンチェス争奪戦で敗れたリバプールだが、2014年にバルセロナに移籍したウルグアイ代表FWルイス・スアレスへのアーセナルからの“どケチオファー”を蒸し返し、オーナーのヘンリー氏がリベンジオファーを出す可能性を指摘している。

     続いてACミランGKジャンルイジ・ドンナルンマが登場。「衝撃的なゴールキーパーだ。わずか18歳のイタリア人はフル代表のメンバー入りを果たしている。キャリア20年目のオーラを漂わせている。ペナルティー(PK)もセーブできるぞ」と、メガクラブが付け狙う若き守護神もリストアップしている。

     リーダー役でバーンリーのイングランド代表DFマイケル・キーン、アトレチコ・マドリードのウルグアイ代表DFホセ・ヒメネス、アウクスブルクのオーストリア代表DFマルティン・ヒンテレッガーらがリストアップされている。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160914-00010029-footballc-000-2-view

    元マンチェスター・ユナイテッド監督のサー・アレックス・ファーガソン氏は、リバプールが昨シーズンのヨーロッパリーグ(EL)決勝で敗れた原因はユルゲン・クロップ監督の戦術にあったと指摘している。14日付の英メディア『スカイ・スポーツ』が伝えた。

     昨シーズン途中からリバプールを率い始めたクロップ監督は、就任1年目にしてチームをEL決勝にまで導いた。だが決勝では前半にFWダニエル・スタリッジのゴールで先制しながらも後半に3点を奪われ、前年まで大会2連覇中だったセビージャに3連覇を許す結果に終わっている。

     クロップ監督の戦術の代名詞である積極的なプレッシングへの固執が、セビージャの逆転に繋がったとファーガソン氏は考えているようだ。欧州サッカー連盟(UEFA)のテクニカルアドバイザーを務める同氏は、UEFAのELテクニカルレポートの中で次のように述べた。

    「前半のセビージャはリバプールのタックルや思い切りの良いプレーに苦しんでいたが、後半のリバプールはエネルギーがなくなってしまい、ボールに到達することができなかった。中盤のスペースはより大きくなった。私は、シーズンを通してボールへのプレスを続けられるチームを見たことがない」

     それでもファーガソン氏は、熱狂的なサポーターを持つリバプールにとってクロップ監督は適任だという考えも述べている。「彼はファンを受け入れ、ファンは彼をサポートしている。彼がタッチライン際で見せてきた熱意やエネルギー、パーソナリティーによるものだ。両者の組み合わせはぴったりだと思う」と語った。

     クロップ体制で2シーズン目を迎えたリバプールは、プレミアリーグ開幕から4試合で2勝1分け1敗を記録し6位に位置している。今季は欧州の舞台で戦うことはできないが、クロップ監督は国内での戦いでファンの期待に応える結果を出したいところだ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160914-00010029-footballc-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    87876be9-89a1-40b1-9623-d70f7e8394d0

    『Liverpool Echo』は「リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、教え子であるヘンリフ・ムヒタリャン獲得に関心はなかったと話した」と報じた。

    先日マンチェスター・ユナイテッドへの加入が決定したムヒタリャン。しかし、その前には恩師であるクロップが率いるリヴァプールとの関係が噂されていた。

    しかしクロップ監督は以下のように話し、ムヒタリャンの獲得については関心を持っていなかったと明かした。

    ユルゲン・クロップ

    「もしある選手を指導したことがあれば、彼のことはよく知っているわけだ。そうすれば、他の選手のことを知りたくなる。そういうことだよ。

    私は、彼(ムヒタリャン)がマンチェスター・ユナイテッドに行こうとしていることをずっと前から知っていた。私がそこに飛び込んでいく理由は何もない。それは我々の仕事の形ではない。

    我々は、すでにともに働いたことのある選手を探してはいなかった。

    それは退屈というわけではないが、お互いにすべてを知り尽くしているのに、どうやって成長できるというのだ?次のステップはどこにあるのだ?一歩踏み出す場所はどこなんだ?

    我々は多くの選手に向かうことができた。しかし、まず考えるのはこういうことだ。『何をすることが必要なんだ?』と」

    http://qoly.jp/2016/07/31/jurgen-klopp-talked-about-henrikh-mkhitaryan

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160730-00010029-theworld-000-1-view

    ミスの少ないチームを作った情熱家が1位に

    現在世界最高の指揮官は誰なのか。これはサッカーファンなら誰もが議論したことのあるテーマだろう。今季はプレミアリーグにジョゼ・モウリーニョ、ジョゼップ・グアルディオラ、アントニオ・コンテ、そして昨季レスターをプレミアリーグ制覇に導いたクラウディオ・ラニエリと、世界トップレベルの名将が顔を揃えている。しかし、英『FourFourTwo』が選ぶ最高の指揮官はプレミアリーグのクラブを率いている指揮官ではない。

    同メディアはベストマネージャー2016と題し、世界最高の指揮官をランキング形式で紹介。モウリーニョ、グアルディオラらを抑えて1位に選ばれたのは、誰なのか。ここではトップ10を紹介する。

    10位 ジョルジュ・ジェズス(スポルティング・リスボン)

    9位 ロナルド・クーマン(エヴァートン)

    8位 クラウディオ・ラニエリ(レスター・シティ)

    7位 ユルゲン・クロップ(リヴァプール)

    6位 マッシミリアーノ・アッレグリ(ユヴェントス)

    5位 ウナイ・エメリ(PSG)

    4位 ジョゼ・モウリーニョ(マンチェスター・ユナイテッド)

    3位 ルイス・エンリケ(バルセロナ)

    2位 ジョゼップ・グアルディオラ(マンチェスター・シティ)

    1位 ディエゴ・シメオネ(アトレティコ・マドリード)


    1位に選ばれたのはアトレティコでヨーロッパリーグ優勝、リーガ・エスパニョーラ優勝、チャンピオンズリーグ準優勝2回と輝かしい成績を収めるシメオネが選ばれた。シメオネは自身の哲学について、「サッカーとはミスの多いスポーツだ。つまりミスを少なくすれば勝利に近づくことができる。攻撃的に振る舞うことが勝利に近づくわけではない」と語っており、同メディアはシメオネがミスの少ない堅い守備組織を作り上げたことを高く評価している。

    また、アトレティコは毎年のように主力選手が引き抜かれているが、それでも強さを維持してきたところも評価されている。これはビッグクラブを率いるモウリーニョやグアルディオラにはない要素と言える。シメオネは将来的にアトレティコ以外のチームを指揮する考えも持っているようだが、他のチームを率いるシメオネの姿も見てみたいところだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160730-00010029-theworld-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160730-00000018-goal-000-2-view

    リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、クラブの行ってきたこれまでの補強に満足しているようだ。数人の選手たちを入れ替えた現在のチームは「私のチーム」だと強調している。

    昨季途中での就任以来初めてとなる夏の移籍市場を迎えたクロップ監督は、これまでにGKロリス・カリウス、DFラグナル・クラバン、ジョエル・マティプ、MFジョルジニオ・ワイナルドゥム、FWサディオ・マネらを獲得。一方でDFマルティン・シュクルテル、コロ・トゥーレ、MFジョー・アレン、FWジョーダン・アイブらを放出してきた。

    クロップ監督はすべての移籍が自分の意図のとおりだと述べつつ、これ以上の選手を放出する可能性は低いとの見解を示した。『リヴァプール・エコー』などイギリスメディアが同監督のコメントを伝えている。

    「もちろん、今はこれが私のチーム、私のメンバーだ。8月31日までに何が起こるかはこれから見てみなければならないが、色々と移籍が済んで、今はこれが私のチームだ」

    「今ここにいる選手たちの中で、私が不要だと思う選手はおそらくこれ以上いないだろう。私の望まなかったような補強はひとつもなかったし、私が売りたくないと思う選手を売ったこともなかったよ」

    望みどおりの戦力をそろえた上で、タイトル獲得に向けて戦っていきたいという意欲も口にした。

    「私は今の自分のチームに満足している。我々は挑戦者になると言うことができるよ。あらゆるものに向けて戦って、あらゆるカップを狙っていく。その上で、最終的にどういう結果になっているかを見てみよう」

    「もちろん、言い訳を探すべきではない。『もう1年必要だ』とか、そういうことを言うべきではないんだ。100%を尽くして、それでどうなるかだ。我々は成功を収めるためにこのチームを作っているんだ」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160730-00000018-goal-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/07/08(金) 19:57:25.37 ID:CAP_USER9
    公式サイトで発表 英「BBC」は2022年までの6年契約と報じる
     
    リバプールのユルゲン・クロップ監督が、昨年10月の就任からわずか9カ月間で契約を延長した。リバプールが公式サイトで発表した。

    クロップ監督は「オーナーとクラブから示された献身に、自分自身、ゼリコ、ペーターがどんなに名誉に思っているのか表現するのが難しい。
    我々は旅をまだまだ始めたばかり。この特別な場所とすでに絆を持てたのは信じられないよ」と語った。

    クロップ監督は右腕であるアシスタントコーチのゼリコ・ブバッチ氏と、分析担当コーチのペーター・クラビッツ氏とともに長期契約を延長した。
    クロップ氏はこれまで2018年6月まで、年俸総額1500万ポンド(約20億円)の好条件を手にしていたが、
    英公共放送「BBC」によると2022年までの6年という、異例の長期契約になったとレポートされている。

    リバプールは昨季8位に終わったが、
    欧州屈指の名将はリーグカップとUEFAヨーロッパリーグで、チームを準優勝に導くなど確かな手腕を示していた。

    公式サイト
    http://www.liverpoolfc.com/

    no title

    続きを読む

    このページのトップヘ