シュバインシュタイガー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    news_195712_1

    ユナイテッドでベテランMFが受けた仕打ちに…

    マンチェスター・ユナイテッドMFバスティアン・シュバインシュタイガーに対するジョゼ・モウリーニョ監督の扱いに、Fifpro(国際プロサッカー選手会)も苦言を呈している。

    今季ユナイテッド指揮官に就任したモウリーニョ監督はシュバインシュタイガーを構想外とみなしている模様だが、同選手に対する対応には批判の声も上がっている。
    イギリスメディアの報道によれば、1日に32歳の誕生日を迎えたシュバインシュタイガーは、その日にロッカーを片付けてU-23チームの控え室へ移動することを命じられたという。

    3日にウェイン・ルーニー記念試合として行われたエヴァートン戦でも、モウリーニョ監督がシュバインシュタイガーに出場機会を与えることはなかった。
    Fifproのメンバーであるスロベニア人弁護士のデヤン・ステファノビッチ氏は、イギリス『BBC』でモウリーニョ監督への批判を繰り出した。

    「これは明らかないじめだ。スロベニアで起きたとすれば我々はモウリーニョを起訴し、最も重い刑を求刑していただろう。3年間の投獄だ」

    「明らかにバスティアンを意気消沈させる意図がある。モウリーニョは悪しき前例をつくっている。私ならこの件を法廷に持ち込みたいと思う。
    我々の場合であれば、刑法は明確だ。いじめやハラスメントがあれば、最高3年間の禁錮刑が規定されている」

     シュバインシュタイガーに対しては、選手協会を通してモウリーニョを訴えるべきではないかとの見解を述べた。

    「シュバインシュタイガーは選手協会に申し出るべきだろう。訴えを起こすべきだ。私もモウリーニョへの罰則を求めたいと思う」

    「トップチームのすべての選手たちは、トップチームの監督・コーチたちとともに、ほかのチームメートたちと同じ場所で、同じ時間に練習すべきだ。
    あらゆるクラブに適応されるべきであり、FIFAの規定にも記されるべきことだ」

    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?195712-195712-fl

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    o0467035613541200237

    マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ新監督(53)が、ドイツ代表からの引退を表明したMFバスティアン・シュバインシュタイガー(31)ら大量9選手に面接で戦力外を通知したと、29日付の英紙サンなど複数の英メディアが報じた。

     9選手は、シュバインシュタイガーのほか、ベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイ(21)、MFアンドレアス・ペレイラ(20)、DFキャメロン・ボースウィック・ジャクソン(19)、FWウィル・キーン(23)、DFパディ・マクネア(23)、FWジェームス・ウィルソン(20)、DFタイラー・ブラケット(22)、既にフランクフルトへ期限付き移籍したMFギジェルモ・バレラ(23)。バレラをのぞく8選手は、トップチームから外れ、U―21チームで練習しているという。

     昨季加入したシュバインシュタイガーは、契約を2年残している。ウィルソンとペレイラは将来の構想に入っているため、期限付き移籍となる可能性があるという。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160729-00000114-spnannex-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160729-00000107-sph-000-2-view

    マンチェスターUのMFバスティアン・シュバインシュタイガー(31)が29日、ドイツ代表から引退すると自身のツイッターで発表した。

     ドイツの名門バイエルン下部組織出身のシュバインシュタイガーは、04年にA代表入り。代表通算120試合24ゴール。14年W杯ブラジル大会では主力として優勝に貢献した。今年の欧州選手権では準決勝でフランスに0-2で敗れ、3位に終わった。主要大会出場38試合は史上最多。

     欧州選手権後の7月12日には、テニス選手のアナ・イバノビッチ(28)と結婚した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160729-00000107-sph-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160729-00000035-goal-000-2-view

    マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、
    MFバスティアン・シュバインシュタイガーをはじめとする9選手に戦力外通知をしたという。イギリス『デイリー・メール』が報じた。

    報道によると、9選手は指揮官から個別に戦力外を言い渡され、
    トップチームではなくU-21チームと練習。30日に行われるガラタサライとの親善試合にも起用されないとのことだ。

    モウリーニョ監督はシュバインシュタイガーのほか、
    若手のDFキャメロン・ボースウィック=ジャクソンとMFティモシー・フォス=メンサーにも、新シーズンの構想に入らないと通達。
    MFアンドレス・ペレイラには、将来的なポジション獲得を競うべく、トップチームで出場できるチームへのレンタル移籍を伝えたという。

    FWジェームズ・ウィルソンはツアー前に指揮官と会い、長期的には構想に入っており、
    残留してU-21でプレーする可能性はあるが、本人が望むならレンタル移籍が可能と伝えられたそうだ。

    そのほか、MFアドナン・ジャヌザイ、FWウィル・キーン、DFタイラー・ブラケット、
    DFパディ・マクネアが戦力外になったとみられている。

    シュバインシュタイガーはユナイテッドと2年の契約を残している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160729-00000035-goal-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/07/08(金) 21:51:08.50 ID:CAP_USER9
    7日に行われたユーロ2016準決勝で開催国フランスに0-2の敗戦を喫し、世界王者ドイツは大会から姿を消した。主将のMFバスティアン・シュバインシュタイガーは試合後に、これからの自身の代表キャリアについてはまだ決めていないと話している。ドイツ『キッカー』が試合後のコメントを伝えた。

    マンチェスター・ユナイテッドでは負傷を繰り返し、シーズン後半戦のほとんどを棒に振っていたシュバインシュタイガー。負傷から完全に復活していない状態でユーロに向けたドイツ代表メンバーに選ばれたことで、ヨアヒム・レーブ監督の決断に対しては国内で疑問の声も上がっていた。

    大会では途中出場が続き、準決勝が初めての先発出場となった。相手からボールを奪うなど守備面で好プレーも見せていたが、ハンドによりフランスのゴールにつながるPKも献上してしまった。

    シュバインシュタイガーはハンドの場面について、「ボールの方に向かおうとしたが、なぜ手を上げたのかは説明できない」とコメント。さらに代表での自身の将来については次のように語った。

    「少し距離を置いてから考えたい。すべてのエネルギーをこの大会に注ぎ込むつもりで戦おうとしていたが、2度の負傷をしたあとでもあったから簡単なことではなかった。敗れたことは本当に残念だ。だが、このチームの道は続いていく」

    ユーロ2016に臨んだ全チームの中で平均年齢が最も低かったドイツ代表だが、来月1日に32歳の誕生日を迎えるシュバインシュタイガーは23人の中で最年長だった。このまま若手に道を譲り、代表のキャリアを終えることになるのだろうか。

    20160708-00000023-goal-000-2-view

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160708-00000023-goal-socc


    続きを読む

    このページのトップヘ