チェルシー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160925-00010008-theworld-000-1-view

    簡単に与えてしまった3点目

    昨季レスター・シティのリーグ制覇に大きく貢献したMFエンゴロ・カンテは、今夏にチェルシーへ移籍。今やクロード・マケレレにも匹敵するほどの選手と言われており、世界屈指の潰し屋へと成長した。しかし、24日のアーセナル戦でのパフォーマンスを英『METRO』は批判している。

    同メディアが注目したのは、アーセナルMFメスト・エジルが決めた3点目のシーンだ。自陣でボールを拾ったエジルは、背後からチェックにきたカンテを華麗なターンでかわし、ドリブルを開始。前がかりになっていたチェルシーの隙を突いてアーセナルがカウンターを仕掛ける展開となった。

    1対1に強いカンテとはいえ、あれほど綺麗なターンをされれば抜かれることもある。しかし、同メディアはその後カンテが全力でエジルを追いかけなかったことに疑問を抱いている。エジルは敵陣をそのままドリブルで突き進み、最後はアレクシス・サンチェスとのパス交換から見事なボレーシュートを決めてみせた。

    同メディアは、エジルがペナルティエリア内でサンチェスからの折り返しを受ける時点でカンテはペナルティエリアの中にさえ入っていなかったと指摘。全力ではなくジョギングのような緩い走りだったことを批判している。

    エジルもガレス・ベイルやテオ・ウォルコットほど速いわけでもないため、全力で追いかければあれほど簡単にボレーシュートを打たれることはなかったかもしれない。カンテは驚異の運動量と守備能力で今季のチェルシーを支える存在になると期待されたが、今回のプレイは批判の対象となってしまった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160925-00010008-theworld-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160921-00010003-footballc-000-8-view

    岡崎、得意の“泥臭い”2ゴール! レスター先制もチェルシーが大逆転でリーグ杯4回戦進出

    【レスター・シティ 2-4 チェルシー キャピタル・ワン・カップ 第3回戦】

    イングランド・キャピタル・ワン・カップ第3回戦が現地時間の20日に開催され、日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティはホームでチェルシーと対戦した。
    岡崎が自らのスタイルを示す泥臭い2ゴールを決めたものの、チェルシーが延長戦の末に逆転勝利を収めている。

    チャンピオンズリーグ初戦ではベンチ外となり、前節のプレミアリーグ・バーンリー戦では出番なしに終わった岡崎。
    しかし、この日は強豪チェルシー相手に先発出場を果たす。

    すると17分、岡崎がクラウディオ・ラニエリ監督の期待に応える。
    右サイドからのクロスにヘディングで飛び込むも、ここは届かず一旦はボールを相手DFにクリアされる。しかし、これを再びヘディングで詰めてゴールに押し込んだ。

    さらに34分、岡崎が爆発する。相手クリアボールをキングが拾うと、このこぼれ球を岡崎が胸トラップで拾いDFダビド・ルイスのブロックを振り切り押し込んだ。
    先制点に続き岡崎らしい泥臭くゴールに押し込んだ形で追加点を奪う

    しかし、アントニオ・コンテ新監督のチェルシーも反撃する。
    前半アディショナルタイムにケーヒルのゴールで1点を返してハーフタイムを迎えると、49分にはDFアスピリクエタのゴールで同点に追いつく。

    75分にはラニエリ監督は岡崎に替えてFWウジョアを投入。
    しかし、89分にはボシレフスキが2枚目のイエローカードで退場しレスターは10人になってしまう。
    そのまま2-2で90分が終了し延長戦へ突入する。

    すると延長前半の92分、チェルシーが逆転ゴールを叩き込む。
    MFセスクが前線へと飛び出し、ゴール左隅へとシュートを突き刺した。さらに続く94分には再びセスクが追加点を奪い勝負あり。
    チェルシーが2点のリードを奪われながらも逆転勝利で4回戦進出を決めた。

    【得点者】
    17分 1-0 岡崎(レスター)
    34分 2-0 岡崎(レスター)
    45分 2-1 ケーヒル(チェルシー)
    49分 2-2 アスピリクエタ(チェルシー)
    92分 2-3 セスク(チェルシー)
    94分 2-4 セスク(チェルシー)

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160921-00010003-footballc-socc
    フットボールチャンネル 9月21日(水)6時16分配信

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160920-00495440-soccerk-000-1-view

    20日に行われるフットボールリーグ・カップ(EFLカップ)3回戦で、日本代表FW岡崎慎司のレスターとチェルシーが対戦する。

     昨シーズンのプレミアリーグ王者と3回戦で早くも対戦することとなったチェルシー。アントニオ・コンテ監督が同試合に向けてチーム状況と抱負を語った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

     チェルシーは16日、プレミアリーグ第5節でリヴァプールと対戦し、1-2で敗れて今シーズン初黒星を喫した。コンテ監督は「リヴァプールに負けたことは残念だった。だが、練習では良い集中力を感じ取ることができるし、選手たちは良い方向へ向かっている」とチームの現状に手応えを示している。

     そしてコンテ監督は「レスターとの試合は大一番だ。しっかりと準備を進めているよ」と話し、「細部への注意を怠った場合、それが勝敗をわけることになる。今回(リヴァプール戦)が良い例だ。(スコアを)0-2とされてしまうと引き分け(に持ち込むこと)も難しくなる。良いリアクションで1点を返して同点弾にも近づいたけど、時すでに遅しだったね」と、選手たちに細心の注意を促していた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160920-00495440-soccerk-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    david-luiz_h4xmq6rv0tn11phyehhjjo009

    パリ・サンジェルマン(PSG)DFダビド・ルイスが、3200万ポンド(約43億1000万円)以上の
    移籍金でチェルシーに復帰するかもしれない。『Goal』の取材で分かった。

    チェルシーはナポリDFカリドゥ・クリバリの獲得が失敗に終わり、キア・ジョオラビシアン代理人
    やジュリアーノ・ベルトルッチ氏とコンタクトを取っていた。

    29歳のD・ルイスは、復帰に応じる姿勢と言われている。2011年1月に2100万ポンド(約28
    億3000万円)でベンフィカからチェルシーに移籍したD・ルイスは、チェルシーで人気だった。

    しかし、チェルシー復帰が実現するかどうかは、PSGが代役を見つけられるか次第のようだ。

    チェルシーでチャンピオンズリーグを制したD・ルイスは、2014年にPSGに売却された。移籍金
    は5000万ポンド(約67億4000万円)と、DFとしての最高額だった。

    一方、チェルシーはフィオレンティーナDFマルコス・アロンソの獲得にも近づいているとされ、メデ
    ィカルチェック終了後に移籍が正式発表されるとみられている。
    http://www.goal.com/jp/news/74/1/2016/08/31/27034072/1


    ダビド・ルイスが先制口撃 「モウリーニョは自分にとってスペシャルではない
    http://www.football-zone.net/archives/7379

    モウリーニョ:「D・ルイス移籍でより強く」 - Goal.com
    チェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、DFダビド・ルイスの放出が間違いではなかったと確信している。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160823-00010006-footballc-000-1-view

    レアル・マドリーの背番号10番ハメス・ロドリゲスは今夏最後の“電撃移籍”となるかもしれない。
    21日付け英紙『サンデー・エクスプレス』が報じた。

    チェルシーはエヴァートンのベルギー代表FWロメル・ルカクの獲得を狙ったが、移籍金7500万ポンド(約98億円)のオファーをエヴァートンは拒否。
    チェルシーのアントニオ・コンテ監督は攻撃陣の補強を望んでおりJ・ロドリゲスに狙いを定めたようだ。

    マドリーのジネディーヌ・ジダン監督はJ・ロドリゲスのマドリー残留を宣言しているが、チェルシーはJ・ロドリゲスの獲得を強く望んでいる。
    チェルシーはマドリーに移籍金6000万ポンド(約79億円)のオファーを出したとみられている。

    今季ジダン監督から冷遇されることは確実とみられながらも、マーケティング要員としてクラブに留まったと報じられていたハメス。
    出場機会を求めてチェルシーへ電撃移籍することになるのだろうか。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160823-00010006-footballc-socc
    フットボールチャンネル 8月23日(火)7時20分配信

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160731-00010025-theworld-000-1-view

    アメリカの人々を大いに盛り上げた

    チェルシーは30日、インターナショナル・チャンピオンズカップで欧州王者のレアル・マドリードと対戦した。105826人のサポーターがスタジアムに駆けつけた試合は、2-3で惜しくもレアルに敗れたが、チェルシー史上最多の観客動員数を記録。アメリカの人々を大いに盛り上げた。

    試合後、チェルシーのキャプテンであるジョン・テリーが観客動員数について次のように触れた。クラブの公式サイトが伝えている。

    「今日の試合は信じられない数の人が見に来てくれた。この試合でチェルシーのキャプテンとしてピッチに立てたことが光栄だよ。チケット代に見合ったプレイが見れたと思ってくれたらうれしいね。僕たちは新シーズンへ向けての準備としてアメリカツアーに参加しているけど、サポーターには関係ないことだ。お金を払ってわざわざ試合を見に来てくれているのだからね。長年の成果もあり、僕たちはアメリカの人々に愛されるクラブにまで成長した。これからは世界中から愛されるクラブになりたいね。そのためにも多くのタイトルを獲得したいよ」

    この試合を見に来てくれたチェルシーファンのためにも、新シーズンで昨季の雪辱を果たしたいところだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160731-00010025-theworld-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    17754_ext_04_0

    全員が同じ方向に向かって船を漕いでいない――。これはチームスポーツの世界においては、極めてネガティブな状況だ。

     ネマニャ・マティッチとファン・ギジェルモ・クアドラードは、「チェルシーを出たい」という意思を明確にしている。どうやら2人はセリエAで、それも揃ってユベントスでプレーしたいらしい。

     マティッチはもう1か月もユーべと接触を続けており、代理人のヴラド・レミッチもすでにそれをオーナーのロマン・アブラモビッチに伝えている。

     ところが、マティッチを重要戦力と考えているアントニオ・コンテ新監督が拒否権を発動。先日の会見でも「マティッチは私にとって非常に重要な選手だ。彼自身もそれを分かっていると思う。世界屈指のミッドフィルダーのひとりだろう。彼は売らないよ」と明言している。

     ポール・ポグバのマンチェスター・U行きが決まれば、ミラレム・ピャニッチ(ローマから)に続く主力級のMF(筆頭候補がマティッチだ)の獲得に向かう予定のユーベの前には、かつての自分たちの指揮官が立ちはだかっているというわけだ。はたして、セリエA王者はこの強固な壁を崩すことができるか。

     クアドラードも状況は似ている。なにしろ当時フィオレンティーナにいた彼を獲得してくれなかったことが、ユーベ監督辞任の理由のひとつになったほど、コンテはこのスピードスターを気に入っている。

     しかし、こちらは指揮官の思惑通りにいきそうにない。昨シーズンはユーベにレンタルされた彼がイタリアに残りたいのは、個人的な事情から。コンテはそれに理解を示し、移籍を容認する姿勢を見せている。

     このウイングにはユーベ以外に、フィオレンティーナ時代に師事したヴィンチェンツォ・モンテッラを新監督に招聘したミラン、さらにインテルも獲得に動こうとしている。新たな展開が待たれるところだ。

    http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=17754

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    CoZ_SpaWAAARyuj

    1: さあ名無しさん、ここは守りたい 2016/07/28(木) 12:36:37.20 ID:91Cscy6Q
     

    27日に行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)、チェルシー対リヴァプールの一戦は、1-0でチェルシーが勝利を収めた。

    プレミアリーグの強豪対決となった試合は、前半10分と早い時間のうちに動く。CKからセスクの上げたボールにケイヒルがヘッドで合わせ、これがゴール右隅に収まってチェルシーが先制点を奪った。

    21分にはコウチーニョがFKから同点ゴールを狙うも、枠内を捉えた鋭いシュートをGKベゴビッチが見事にセーブ。35分には巧みなパスで中央を崩したプレーからフィルミーノがネットを揺らしたが、これもオフサイドによりゴールとはならなかった。

    前半から激しさの見られた試合には、何枚かのイエローカードが出されていたが、70分にはついに退場者が出てしまう。セスクが足を投げ出してスパイクの裏を見せたタックルをクラヴァンに食らわせ、一発レッドで退場を命じられることになった。

    10人となったチェルシーだが、守備を固めてリヴァプールの反撃は許さず。そのまま1-0で逃げ切り、幸先の良い形で大会をスタートさせた。

    今後のICCでチェルシーはレアル・マドリーおよびミランと、リヴァプールはミランおよびバルセロナとの対戦を予定している。

    CobBHeGWgAE2f0X

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160720-00470130-soccerk-000-2-view

    バルセロナは19日、「カタール航空」とのメインスポンサー契約延長を発表した。新契約の期間は2017年6月30日までで、注目されていた“胸スポンサー”の動向が決着を迎えた。

     バルセロナの発表を受け、スペインメディア『Weloba』が“胸スポンサー”の契約料ランキングを掲載。同メディアの推定額で、高額契約を結んでいる上位10クラブを紹介している。

     首位に輝いたのはマンチェスター・U。アメリカの自動車メーカー「シボレー」と2014年から2021年までの契約を結んでおり、スポンサー料は年間6300万ユーロ(約73億9000万円)と推定されている。

     2位もプレミアリーグのクラブが入った。日本のタイヤメーカー「横浜ゴム」と2015年から2020年までの契約を結んでいるチェルシーで、スポンサー料は年間4700万ユーロ(約55億1000万円)と推定されている。

     3位には「エミレーツ航空」のアーセナルと「カタール航空」のバルセロナが入った。両クラブは年間3500万ユーロ(約41億1000万円)のスポンサー契約を結んでいる。

    『Weloba』が掲載した“胸スポンサー”の契約料ランキングは以下のとおり。括弧内はスポンサー契約を結んでいる企業名。トップ10のうち、半数以上の6クラブをイングランド勢が占める結果となった。

    ▼1位
    マンチェスター・U(シボレー)…年間6300万ユーロ(約73億9000万円)

    ▼2位
    チェルシー(横浜ゴム)…年間4700万ユーロ(約55億1000万円)

    ▼3位
    アーセナル(エミレーツ航空)…年間3500万ユーロ(約41億1000万円)
    バルセロナ(カタール航空)…年間3500万ユーロ(約41億1000万円)

    ▼5位
    バイエルン(ドイツテレコム)…年間3000万ユーロ(約35億2000万円)
    レアル・マドリード(エミレーツ航空)…年間3000万ユーロ(約35億2000万円)

    ▼7位
    パリ・サンジェルマン(エミレーツ航空)…年間2500万ユーロ(約29億3000万円)

    ▼8位
    リヴァプール(スタンダードチャータード銀行)…年間2400万ユーロ(約28億2000万円)
    マンチェスター・C(エティハド航空)…年間2400万ユーロ(約28億2000万円)

    ▼10位
    トッテナム(AIA)…年間1900万ユーロ(約22億3000万円)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160720-00470130-soccerk-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    チェルシーに所属するスペイン代表FWジエゴ・コスタが退団の意向を示している。
    18日付の大手メディア『ユーロスポーツ』などが伝えた。

    今夏、かねてより去就に注目が集まっていたD・コスタ。

    古巣のアトレティコ・マドリードが関心を示し、同クラブのエンリケ・セレソ会長も復帰に向けて動いていることを認めていた。
    一方、チェルシーのアントニオ・コンテ新監督はD・コスタを高く評価し、放出を許さない考えを示していた。

    しかし同メディアは、D・コスタが公式に移籍のリクエストをクラブへ提出したと報じた。
    これで、アトレティコ・マドリードとの交渉が加速すると見込まれているようだ。

    1988年生まれのD・コスタは現在27歳。
    2014年夏に移籍金3200万ポンド(約45億円)でチェルシーと5年契約を締結し、加入を果たす。

    プレミアリーグでは2014-15シーズンに20ゴール、2015-16シーズンは12ゴールを記録している。

    サッカーキング
    http://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20160719/469573.html


    no title

    続きを読む

    このページのトップヘ