ドイツ代表

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160905-00000010-ism-000-1-view

    2018年W杯欧州予選は現地時間4日に各地で第1節が行なわれ、グループCでは
    王者ドイツがアウェイでノルウェーに3対0と快勝し、好スタートを切った。

     シュヴァインシュタイガーが代表から引退し、新たにノイアーが主将に就任したドイツ。
    アウェイでの初戦は15分、ミュラーがゴール前の混戦で自らのシュートのこぼれ球を
    倒れこみながら押し込む、“らしい”ゴールでネットを揺らして幸先よく先制。
    同選手はこれが代表戦では2015年10月のEURO予選・ジョージア戦以来の
    得点となった。45分にはミュラーのラストパスからキミッヒが代表初ゴールを
    マークして、2点のリードで前半を折り返す。

     後半に入りドイツは60分、ケディラの正確なクロスにミュラーが頭で合わせて3点目。
    ミュラーの2得点1アシストの活躍で、危なげなく勝利を収めた。

     EURO2016では無得点に終わったものの、W杯予選初戦でその類まれな得点力を
    見せつけたミュラー。レーヴ監督は同選手について
    「彼はEUROでもハードワークをこなしてくれた。チャンスはあったが得点を
    挙げることはできなかった。今日の結果は、今シーズンに良い影響を与えるだろうね」と
    語っている。

     同グループの試合では、北アイルランドがチェコとアウェイでスコアレスドローに
    終わった。アゼルバイジャンはグルバノフの代表初ゴールで、サンマリノをアウェイで
    1対0と下している。(STATS-AP)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160905-00000010-ism-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160729-00000107-sph-000-2-view

    マンチェスターUのMFバスティアン・シュバインシュタイガー(31)が29日、ドイツ代表から引退すると自身のツイッターで発表した。

     ドイツの名門バイエルン下部組織出身のシュバインシュタイガーは、04年にA代表入り。代表通算120試合24ゴール。14年W杯ブラジル大会では主力として優勝に貢献した。今年の欧州選手権では準決勝でフランスに0-2で敗れ、3位に終わった。主要大会出場38試合は史上最多。

     欧州選手権後の7月12日には、テニス選手のアナ・イバノビッチ(28)と結婚した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160729-00000107-sph-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    3280bbc3

    ドルトムントが中国遠征に出発する20日までに、バイエルンのドイツ代表MFマリオ・ゲッツェとヴォルフスブルクの同FWアンドレ・シュールレの、
    衝撃のダブル補強を完了させる可能性が高まっている。ドイツ地元紙「ビルト」が報じている。

    ドイツ代表DFマッツ・フンメルス(バイエルン・ミュンヘン)、同MFイルカイ・ギュンドアン(マンチェスター・シティ)、
    そしてアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(マンチェスター・ユナイテッド)という昨季までの屋台骨を引き抜かれたドルトムントが、移籍市場で一気に逆襲に転じた。

    すでにレンヌから昨季のフランス1部新人王のFWウスマン・デンベレ、バルセロナからスペイン代表DFマルク・バルトラら若き逸材6人を獲得しているが、
    そこに二人のドイツ代表アタッカーの名前が加わるようだ。

    「マリオ・ゲッツェはドルトムントに戻ってくる。そして、とても早く実現する可能性がある。
    シュールレ、ゲッツェという目覚ましい補強を、ドルトムントは水曜日(20日)までに完了することを求めている」と記事では報じられている。

    欧州選手権でドイツ代表として戦った2人は、いずれも移籍金の交渉をクラブ間で進めている。
    トーマス・トゥヘル監督が直接電話で加入を呼びかけたマインツ時代の愛弟子シュールレの移籍金は3300万ユーロ(約38億円)、

    2013年にドルトムントから宿敵バイエルンに“裏切りの移籍”を果たした天才ゲッツェの移籍金は2800万ユーロ(約32億円)程度と、地元メディアでは分析されている。

    ◆弱体化危機から一転、魅惑の攻撃陣へ

    ドルトムントは21日から中国に出発。プレシーズンマッチのインターナショナル・チャンピオンズ・カップに参戦し、22日にマンチェスター・ユナイテッドと上海で、
    28日にマンチェスター・シティと深センで対決する。トゥヘル監督は中国遠征までに、二人の実力者を陣容に加えたいと考えているようだ。

    一方、ブンデスリーガ公式サイトで今季トップ下のスタメンを務めると予想されていた香川にとっては、一気にポジション争いが激化することになる。
    ムヒタリアンが抜ける代わりに、デンベレに加え、指揮官の愛弟子シュールレとドイツ最高の才能と呼ばれたゲッツェも加わることになる。

    そけい部の故障でリハビリ中のドイツ代表FWマルコ・ロイスも、8月27日のマインツとのリーグ開幕戦には間に合う予定。
    弱体化が懸念されたドルトムントだが、2列目の選手層が一気に厚くなった。

    激化する中盤のポジション争いで香川の定位置はトップ下か、昨季前半戦に新境地を開拓したインサイドハーフか、
    それともベンチを温めることになるのか。日本代表アタッカーにとって、試練のシーズンとなるのかもしれない。

    フットボールゾーン 2016.07.18 (Mon)
    http://www.football-zone.net/archives/36944/2

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160715-00000029-goal-000-2-view

    ドイツ代表FWトーマス・ミュラーは、ユーロ2016ではゴールを記録できなかった。昨シーズンのバイエルン・ミュンヘンで全公式戦を通じて32ゴールを決めたアタッカーは、ユーロでは「動き回り過ぎた」と反省している。

    ミュラーは、2010年、2014年ワールドカップではそれぞれ5ゴールを決めている。しかし今年のユーロは2012年大会と同様に0ゴールに終わり、期待に応えることができなかった。

    14日にミュンヘン近郊で開催されたイベントで、ドイツがフランスに敗れた準決勝でのプレーを振り返っている。

    「CFとして最前線に置かれたが、もっとストライカーとしての役割を受け入れるべきだった。20分間ボールに触ることがなくても中央で構えなければいけなかったんだ。だがそれをしっかりとこなせなかった」

    サイドに流れてしまったことについては次のように説明した。

    「プレーに参加しないことを耐えられなかったね。自分を役立たずだと思ってしまい、どこかでチームを助けたいという気持ちに負けてしまった。でもそうすると、例えばサイドでの状況の解決を助けたとしても、中央に誰もいないことになる」

    「だから特にフランス戦では、もっと規律を守らなければいけなかった。CFとして起用されている以上、相手ペナルティーエリアに立って、待ち構えるべきだっただろう。動き回り過ぎたよ」

    FWマリオ・ゴメスが負傷したことで、ミュラーは準決勝ではその代役を託されてCFでプレーすることになった。自身のプレーへの反省点を述べた同選手は、ヨアヒム・レーブ監督による起用法への不満や疑問を抱いている様子は見せていない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160715-00000029-goal-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ラーム独占コラム

    【文】フィリップ・ラーム

    サッカーファンの皆さんへ。

    ユーロ2016が終了して数日が経った。個人的には、2002年以来で初めて“ファン“として主要大会を観戦することができた。代表チームでプレーする重圧を感じることなく、リラックスして母国ドイツを応援することを楽しめたよ。

    美女とサッカー!美人揃いの選手の彼女や妻を、あなたはもう見ましたか?/Part1

    一人のファンとして感じたのは、フットボールの根本的な真実、「フットボールはゲーム」ということだ。かつてゼップ・ハーバーガー(1954年にワールドカップ優勝を果たした西ドイツの監督)は、「人々がフットボールを観戦するのは、結果がわからないからだ」と語っている。

    予測不能だからこそ、フットボールは常に新鮮でどんな試合でも楽しむことができるんだ。加えて、ユーロやワールドカップは巨大な社会性を伴うイベントとなった。友人と共に、家で、パブやビアガーデンで飲食をしながら試合を観戦するような。

    ユニフォームを着る、旗を振る、歌をうたう、試合を対象に賭けをする。様々な方法で人々はチームと関係性を築く。チームに投資し、自分の色を出し、チームの一員となる。気持ちも高まるから勝利の喜びは大きく、敗北の落胆も深い。両方とも重要な経験で、観衆の中にも勝者と敗者がいる。

    長年その中心にいたからこそ、こういった方法でチームと自分の関係性を見出すのは、とても嬉しいことだった。ユースでプレーしていた頃を思い出したよ。当時はクラブハウスのテレビにかじりつき、プロのプレーを見ながら自分の試合を振り返っていた。

    選手の視点でプレーを見ながら、自分だったらどうするか脳内で再生する。実際にどう選手たちが対応するか見ていると、90分間夢中で見続けていられるんだ。

    今大会では、ウェールズ、北アイルランドやアイスランドには興奮したよ。素晴らしいフットボールを魅せたからではなく、謙虚さと団結力を持って格上のチームと戦い、自分たちのフットボールを貫き通した。対峙した多くの相手は世界的なスーパースターや、自分たちより恵まれた環境のチームたちだ。

    とても楽しかったよ。フットボールはこういった熱気が必要なんだ。小さくても気持ちが強いチームがより格上とされているチームに勝つことができるのだから。

    勿論、運もある。イングランド戦におけるアイスランドは勝利に値するけれど、運も味方した。フランス対ドイツも同じような話だ。フットボールは予測できないゲームなんだ。運は要素の一つであって、それはいいことだ。誰も確信を持って大会の結果を予想できないのだから。

    今大会では、幸運を引き寄せ優勝したチームはポルトガルだった。ポルトガルはこれまで偉大な選手たちを数多く輩出してきた。これまでは、不幸にもそういった選手たちが主要大会で輝くことは少なかったが、レナト・サンチェスのような才能があり、規律と豊富な運動量を持ち合わせる選手に夢を重ねることができた。

    勿論、最高の選手でも運命の前には非力だ。最も努力したチームが勝利するのではなく、最も運が良かったチームが勝つんだ。僕はそれが良いと思う。

    だからこそ、成功はより特別に感じるし、勝利の瞬間は書き表すことのできない感情で一杯だ。信じて欲しい。僕は2014年のワールドカップでそれを経験した。それまでに経験してきた長くて辛い旅を思い返すのではなく、特別なその瞬間を味わい、幸運を噛み締めていたんだ。

    だからこそ、僕はユーロ2016の勝者であるポルトガルに最大限の祝福を贈りたい。

    フィリップより

    20160714-00010000-goal-000-2-view

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160714-00010000-goal-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/07/10(日) 08:48:23.84 ID:CAP_USER9
    ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェがバイエルン退団を決断したようだと、ドイツ紙『ビルト』が8日に報じた。

     ユーロ2016開幕前にバイエルン残留を明言していたゲッツェ。大会では4試合に出場したものの、ノーゴールに終わり期待に応えられず、チームもベスト4敗退となった。

     同紙によると、ゲッツェは大会終了後、バイエルン退団を決意し、今夏の移籍を希望しているという。移籍先の候補として、以前から復帰が噂されている古巣のドルトムントと、昨シーズンのプレミアリーグで3位の躍進を見せたトッテナムの名前が挙がっているようだ。

     ゲッツェはユーロ前に「(カルロ・)アンチェロッティ新監督の初日の練習から、トップコンディションで臨むように全力で頑張るよ」と残留を明言。

    だが、その一方でバイエルンのアンチェロッティ新監督は以前、同選手に対して「コンスタントに試合に出たいというのであれば、移籍したほうがいい」と移籍容認と取れる発言をしたとも報じられていた。

    20160710-00466621-soccerk-000-3-view

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160710-00466621-soccerk-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160709-00466461-soccerk-000-3-view

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/07/09(土) 14:12:05.22 ID:CAP_USER9
    ユーロ2016で優勝候補の筆頭と目されていたドイツ代表。7日に行われた準決勝でフランス代表に0-2と敗れ、“スーパーダブル”と呼ばれる偉業(ワールドカップとユーロの連覇)への挑戦が終わった。

     今大会では絶対的ストライカーが不在であり、この日のフランス戦でも試合を優位に進めながら、最後までゴールを割ることができなかった。

     そうしたチーム状況のなかで期待されたのがトーマス・ミュラー(バイエルン)であったのだが、今大会では無得点に終わった。

     そんなミュラーのW杯とユーロにおける成績比較が話題になっている。

    ■ワールドカップ(2010年大会、2014年大会に出場)
    出場試合数:13
    ゴール数:10
    (得点王1回、ハットトリック1回、優勝1回)

    ■EURO(2012年大会、2016年大会に出場)
    出場試合数:11
    ゴール数:0

     W杯に滅法強い印象のあるミュラー。これまで2大会に出場してすでに10得点をあげており、26歳ながらミロスラフ・クローゼが持つW杯記録に「6」と迫っているのだ。2014年大会では初戦のポルトガル代表戦でハットトリックを記録し、チームの優勝にも貢献した。

     だが一方で、ユーロではこれまで11試合の出場でまさかのノーゴール…。今大会では全試合にフル出場を果たしているのだが、結局1ゴールも奪うことができなかった。

     ミュラーはこれまでドイツ代表として77試合に出場し32ゴールを記録。その得点率は0.415と、3試合あれば1点を取る計算なのだが、ユーロは圧倒的に相性が悪い大会という結果になっている。準々決勝のイタリア戦では、得意であるはずのPKも外していた。

     移籍情報サイト『transfermarkt』の集計によればユーロではアシストもわずかに1であり、W杯とは対照的に全く結果を残せていないようだ(ワールドカップでのアシスト数は6)。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160709-00466461-soccerk-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/07/08(金) 21:51:08.50 ID:CAP_USER9
    7日に行われたユーロ2016準決勝で開催国フランスに0-2の敗戦を喫し、世界王者ドイツは大会から姿を消した。主将のMFバスティアン・シュバインシュタイガーは試合後に、これからの自身の代表キャリアについてはまだ決めていないと話している。ドイツ『キッカー』が試合後のコメントを伝えた。

    マンチェスター・ユナイテッドでは負傷を繰り返し、シーズン後半戦のほとんどを棒に振っていたシュバインシュタイガー。負傷から完全に復活していない状態でユーロに向けたドイツ代表メンバーに選ばれたことで、ヨアヒム・レーブ監督の決断に対しては国内で疑問の声も上がっていた。

    大会では途中出場が続き、準決勝が初めての先発出場となった。相手からボールを奪うなど守備面で好プレーも見せていたが、ハンドによりフランスのゴールにつながるPKも献上してしまった。

    シュバインシュタイガーはハンドの場面について、「ボールの方に向かおうとしたが、なぜ手を上げたのかは説明できない」とコメント。さらに代表での自身の将来については次のように語った。

    「少し距離を置いてから考えたい。すべてのエネルギーをこの大会に注ぎ込むつもりで戦おうとしていたが、2度の負傷をしたあとでもあったから簡単なことではなかった。敗れたことは本当に残念だ。だが、このチームの道は続いていく」

    ユーロ2016に臨んだ全チームの中で平均年齢が最も低かったドイツ代表だが、来月1日に32歳の誕生日を迎えるシュバインシュタイガーは23人の中で最年長だった。このまま若手に道を譲り、代表のキャリアを終えることになるのだろうか。

    20160708-00000023-goal-000-2-view

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160708-00000023-goal-socc


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    o0450025413360611180

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/07/08(金) 20:35:45.51 ID:CAP_USER9
    準決勝でフランスに敗れ、20年ぶりのEURO制覇を逃したドイツ代表。
    皇帝フランツ・ベッケンバウアー氏は、DFジェローム・ボアテングの負傷交代が勝敗のカギだったと考えている。8日、スペイン紙『マルカ』が報じている

    ベッケンバウアー氏は「ボアテングがいたら0-1をひっくり返していたと確信している」と61分で負傷交代を余儀なくされた守備の要の不在を嘆き、
    「彼の交代で守備が崩壊した」と述べる。

    アントワーヌ・グリーズマンによる決定的な2点目が入ったのは、
    ボアテング交代後の72分。今大会のチームMVPとも言われたボアテングの負傷交代はあまりにも痛すぎたようだ。

    また、「FWマリオ・ゴメスの欠場で真のストライカーがおらず、多くのチャンスをものにできなかった」と語り、
    「DFマッツ・フンメルスの欠場も思った以上に影響があった」とこの大一番をそれぞれ負傷と出場停止で棒に振った2選手の名を挙げた。

    「ドイツとフランスは大会ベストチームの2つだ。敗退はしたが、我々はいいEUROを送れた」と評価するベッケンバウアー氏。
    準決勝を前に、多くの負傷者を出してしまったドイツ代表。そして試合中のキーマンの離脱。皇帝には彼らの不在がさぞ歯痒く映ったことだろう。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160708-00010033-footballc-socc
    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/07/08(金) 18:12:30.06 ID:CAP_USER9
    現地時間7日に行なわれたEURO2016準決勝でフランスに0対2と敗れ、欧州制覇の目標に届かなかったドイツ。

    かつて同代表として活躍したミヒャエル・バラック氏は、
    「フランスが勝って当然だった」と述べ、チームを批判した。独放送局『Sport1』のウェブサイトが伝えている。

    開催国フランスと対戦したドイツは、前半にいくつか好機を得るも決定力に欠け、前半ロスタイムにバスティアン・シュヴァインシュタイガーのハンドでPKを献上。
    これをアントワン・グリーズマンに決められると、その後同点にできないまま72分にもグリーズマンにネットを揺らされ、完敗した。

    米放送局『ESPN』で解説を務めるバラック氏は「フランスが勝って当然の試合だった。彼らのパフォーマンスは素晴らしかった。
    辛抱強く待ち、ドイツを前がかりにさせた。

    グリーズマン、(ポール・)ポグバ、(ディミトリ・)パイェというファンタスティックな選手たちによって、その戦術が功を奏した。実に素晴らしかった」と手放しでフランスを称えた。

    シュヴァインシュタイガーがハンドを取られたシーンについて、バラック氏は「100%ハンド」「自分が守備に入るのが遅かったから、手で何とかしようとしたんだ。
    そうでもしないとボールに届かないから」とコメント。

    ドイツはボールポゼッションで65%と相手を上回っていたが、これについては
    「全員が攻撃に上がった最後の10分か5分を除いて、まともなチャンスを1つも生み出せていなかった」と批判的な言葉を残した。

    バラック氏は今大会中、ドイツ代表に対して何度か厳しいコメントを発しており、
    「このチームには個性も特徴もない」「美しいサッカーをしてゴールを決めようとするところが弱点」と述べていた。
     
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160708-00000020-ism-socc

    no title

    続きを読む

    このページのトップヘ