ドルトムント

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160911-00010024-theworld-000-1-view

    ドルトムント攻撃陣が沈黙

    昨季以上にポジション争いが激しくなっている中、ドルトムントMF香川真司は足首を負傷して10日のRBライプツィヒ戦を欠場した。代わりに、この日は香川とポジションを争うと予想される10番マリオ・ゲッツェが先発出場。香川がいない中でゲッツェの働きぶりは気になるところだった。

    しかしドルトムント攻撃陣は無得点と沈黙し、まさかの0-1で敗戦。バイエルンに食らいついていきたいはずが格下に足元をすくわれてしまった。

    この一戦に独『Sport Bild』は、ドルトムントのパスミスがあまりに多すぎると指摘。攻撃面において香川が持つポジティブなアイディアが欠けていたと伝えており、パスで攻撃にスイッチを入れる香川不在が無得点に繋がったとの見方を示している。

    この試合についてゲッツェは、「勝ち点3を得ようとしたが、できなかった。相手に10本もシュートを許してしまったし、こちらは8本打って枠内に飛んだのは1本だけ。これでは不十分だよ」と攻撃が上手く噛み合わなかったことを嘆いている。

    ライプツィヒとはチームが異なるものの、香川も出場した前節マインツ戦はポゼッション74%、シュートも17本放っている。これと比較してもライプツィヒ戦の出来はよくなかったが、やはりドルトムントには香川が必要か。

    theWORLD(ザ・ワールド) 9月11日 17時10分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160911-00010024-theworld-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160907-00010012-theworld-000-1-view

    代表でも香川は精彩欠く

    今夏にバイエルンからFWマリオ・ゲッツェを復帰させたドルトムントでは、10番のポジションを巡って日本代表MF香川真司とゲッツェが争うことになると見られている。香川はゲッツェが負傷を抱えていたこともあり、すでに22日のDFBポカール1回戦のアイントラハト・トリーア戦とリーグ第1節のマインツ戦で先発出場している。しかもトリーア戦では2得点を挙げており、ひとまず結果は出している。

    しかし、米『Breacher Report』は香川の立場は非常に不安定との見方を示している。香川はトリーア戦でこそ結果を出したものの、マインツ戦のパフォーマンスはあまり評価されていない。香川はマインツ戦でFWのピエール・エメリク・オバメヤンに次いでボールタッチの数が少なく、中盤で効果的にボールを引き出すことができなかった。

    しかも、香川は今回の日本代表戦でも精彩を欠いた。コンディションの面などで難しかったのは事実だが、あまりにボールロストが多く、らしさが全く出ていない。決定機を外すのも相変わらずで、この2連戦で香川らしいプレイはほとんど見られなかったといえる。

    一方で香川のライバルと目されているゲッツェはドイツ代表として31日のフィンランド代表戦と4日のノルウェー代表戦で先発出場しており、フィンランド戦では2得点に大きく関わっている。ノルウェー戦のパフォーマンスは批判されているものの、代表戦に限れば香川よりマシなパフォーマンスを見せたと言えよう。

    同メディアはマインツ戦の出来も含め香川の立場は安泰ではないと考えており、ポジションを確保するには改善していく必要があると警告している。もちろん香川とゲッツェが同時起用されることもあるかもしれないが、同メディアは今のところ香川とゲッツェが同時起用されるパターンはないと見ている。その場合はどちらかがベンチに下がることになるが、香川のパフォーマンスはゲッツェ以上のものと言えるか。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160907-00010012-theworld-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ドイツ・ブンデスリーガ1部、ボルシア・ドルトムントに所属するゴンサロ・カストロは、
    マインツ05(Mainz 05)に2-1で勝利した27日の試合後、ピッチ上の気温が高かったにもかかわらず、
    試合開始時間の変更を行わなかったドイツサッカーリーグ機構(DFL)を非難した。

    現地時間午後3時半から行われたこの試合は夜の試合開始に変更されるべきだったと主張するカストロは、
    「とてもぎりぎりの気温だった。どうしてDFLが試合を夜の開始に変更しなかったのか理解できない。

    選手は疲れ切った状態で、全力で走らなくてはならない」と語った。
    この試合、元ドイツ代表のカストロは後半14分で途中交代していた。


    ピッチ上の気温が45度にまで上っていたとされるこの試合では、主審が試合を2度中断し、選手が水分を摂れる時間が設けられていた。

    この試合で1アシストに加えPK獲得の活躍を見せたアンドレ・シュールレ(Andre Schuerrle)も、「天気は異常で過酷だった。
    息は切れるし、水風呂に入りたいと思った」と語るなど、当日のコンディションについて不満を口にしている。

    シュールレはこの試合の後、ドイツ代表が臨む31日のフィンランドとの親善試合および9月4日に行われるW杯ロシア大会
    (2018 World Cup)欧州予選グループリーグのノルウェー戦を、背中の問題を理由に欠場することを発表している。

    また、この試合終了間際の後半44分にPKを沈めるなど2ゴールを挙げたガボン代表のピエール・エメリク・オーバメヤンも
    「暑さのせいで、試合の決着が遅くなった」と語っていた。

    AFP=時事 8月29日(月)15時52分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160829-00000025-jij_afp-socc

    写真
    no title


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160823-00000013-goal-000-1-view

    22日に行われたDFBポカール1回戦でボルシア・ドルトムントは4部所属トリーアと対戦し、3-0と快勝した。ドイツ『シュポルト1』はこの試合で2ゴールを決めたMF香川真司と加入後初得点をマークしたFWアンドレ・シュールレを”ドリームコンビ”と形容している。

    香川は8分に先制弾を決めると、33分には追加点を挙げてドルトムント今シーズンの公式戦における最初の2ゴールを記録。前半終了間際には香川のゴールに絡んだシュールレがチーム3点目を決め、ドルトムントの勝利を決定づけた。

    この試合のハーフタイムには、『ARD』でコメンテーターを務める元ドイツ代表のメーメット・ショル氏が香川の走りを分析している。先制点について、「ボールが彼の前にこぼれたのはラッキーだったかもしれないが、プロはスペースを見つければ最後のところまで走る」と香川を高く評価した。

    『シュポルト1』はこの試合のマッチレポートを「ドルトムントのドリームコンビがトリーアを一蹴」と題している。香川とシュールレの2人はFWピエール=エメリク・オーバメヤンとともに相手DFを混乱させたと記し、ドルトムント攻撃陣の連携を「非常にうまく調和していた」とたたえている。

    なお同メディアは、このような”パワーサッカー”を見せるドルトムントでは「マリオ・ゲッツェやマルコ・ロイスの不在がほとんど気にならない」とも記述。ブンデスリーガ開幕を控えるなか、香川もシュールレもそれぞれのポジション争いに向けて、早くもアドバンテージを得たとみられているようだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160823-00000013-goal-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2016-08-22-dor-s-kagawa_1uv9i55culyhn1tmrdscc5l1ok

    【スコア】
    アイントラハト・トリアー 0-3 ドルトムント

    【得点者】
    0-1 8分 香川真司(ドルトムント)
    0-2 33分 香川真司(ドルトムント)
    0-3 45分 アンドレ・シュールレ(ドルトムント)

    DFBポカール1回戦が22日に行われ、アイントラハト・トリアー(4部)と日本代表MF香川真司が所属するドルトムントが対戦した。

     14日に行われたドイツ・スーパーカップでバイエルンに敗れ、今シーズン初タイトルを逃したドルトムント。ブンデスリーガ開幕を1週間後に控え、格下相手にしっかりと勝利を収めて弾みを付けたいところだ。今夏バイエルンから復帰を果たしたMFマリオ・ゲッツェが負傷でメンバー外となった一方、同じく新加入のMFアンドレ・シュールレが左サイドで先発。そのほか、MFウスマン・デンベレやFWピエール・エメリク・オーバメヤンらが起用され、香川はトップ下に入った。

     立ち上がりから試合の主導権を握るドルトムントは、開始8分に幸先良く先制する。前線で縦パスを受けた香川が左サイドへ展開すると、シュールレがクロスを供給。これはDFに阻まれたが、こぼれ球に反応した香川が落ち着いてゴール右に流し込んだ。

     香川の今シーズン公式戦初ゴールでリードを得たドルトムントは33分に追加点を奪う。エリア手前右からゴンサロ・カストロがゴール前にスルーパスを送ると、エリア内左に流れたボールを香川が左足で押し込んでネットを揺らした。

     さらに前半終了間際の45分、敵陣をドリブルで持ち上がったデンベレがエリア内右にスルーパス。抜け出したオーバメヤンがクロスを上げると、ファーサイドにフリーで走り込んだシュールレが右足ダイレクトで合わせる。GKの手を弾いたボールが右ポストに当たってゴールへ転がり込み、リードが3点に広がった。

     後半に入り53分、ドルトムントは右サイドのデンベレが上げたクロスにゴール前のオーバメヤンが頭で合わせたが、シュートはクロスバーを叩いた。73分には香川からパスを受けた途中出場のエムレ・モルがミドルレンジから左足で強烈なシュートを放ったが、GKの好セーブに阻まれた。

     その後も相手ゴールに迫ったドルトムントだったが、追加点を奪うには至らない。それでも危なげなく時計の針を進め、試合は3-0のまま終了。香川の2得点とシュールレの加入後初ゴールで快勝を収めたドルトムントが2回戦進出を果たした。なお、香川はフル出場している。

     ドルトムントは27日、ブンデスリーガ第1節でFW武藤嘉紀所属のマインツと対戦する。

    SOCCER KING 8月23日 5時35分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160823-00483242-soccerk-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160808-00000547-sanspo-000-3-view

    人気アニメ「ワンピース」の主人公、モンキー・D・ルフィとサッカー日本代表の香川真司(ドルトムント所属)のスペシャルコラボ動画「ワンピース×香川真司SP絆リフティング」が8日からYouTubeで公開中(12月31日まで予定)だ。

     動画は「夢が世界を変えていく」というテーマで奇跡のコラボが実現。共通の思いのもと、リフティングを行い、最後は空間を超えてサッカーボールを引き継ぐ内容だ。伝えたいことは「夢に向かって真っすぐ進んで行ってほしい」。世界に羽ばたく2人からの熱いメッセージでもある。

     原作連載開始から19年。香川は原作コミックスを海外にも持っていくほどの「ワンピース」フリーク。「僕のフィールドであるサッカーをともにプレーできたことを幸せに思う。誰もが持つ夢の素晴らしさや友情の大切さをより多くの子供たちに知ってもらうきっかけになればうれしい。麦わらの一味、そして香川真司をこれからも応援してください」と語り、「ルフィ、一緒にボールを蹴ってくれてありがとうね。今度はぜひドイツで僕の試合を見に来て応援してください。僕は、足は伸びないけどね」とちゃめっ気たっぷりに感謝とエールを口にしていた。

     レギュラー放送はフジテレビ系で毎週日曜午前9時30分から。


    ワンピース×香川真司SP絆リフティング【原作19周年記念】
    http://www.youtube.com/watch?v=u0W5Or1i-60




    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160808-00000547-sanspo-ent

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2016-08-05dor-m-gotze_n5s8cm2wgsaf1jscvzhrijhwb
     
    ドルトムントではゲッツェは親友であることで知られるMFマルコ・ロイス、FWアンドレ・シュールレとプレーすることになる。
    移籍前に連絡を取り合ったか聞かれると、こう返した。

    「彼らとのチャットグループは実際に存在するよ(笑)。こうなるとは想像していなかったね。それだけに、僕たち3人がドルト
    ムントでともにプレーできることはうれしいことだ。最高の仲間だし、それがピッチで生かされたら良いね。でもチームは僕
    たち3人だけじゃないし、チーム全員で大きな目標に向かいたい」

    ドルトムントは5日に行われたプレシーズンマッチでサンダーランドと対戦し、1-1で引き分けた。ゲッツェは後半途中から
    出場し、存在感を示している。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160806_gotze_getty-560x373

     今夏バイエルン・ミュンヘンからドルトムントへ復帰したマリオ・ゲッツェは、慣れ親しんだ場所で復活への気持ちを新たにしている。地元紙『ルール・ナハリヒテン』のインタビューに応じ、移籍直後の心境を語った。

    「僕はここで育ち、練習場や街も知っているし、古い友人も何人かいる。もちろん新しくなったこともある。練習場の施設や、素晴らしい新たなコーチングスタッフがそうだ。でもいい感じだね。いまはここでの時間を楽しんでいる」

     少年時代から過ごした古巣に帰還し、バイエルン時代とは違う充実ぶりを感じさせるゲッツェ。「非常に才能のある若い選手たちもよくなじんでいて、いい感覚だ。大きなポテンシャルを秘めている」とチームの出来にも満足している。

     バイエルンでの3年間は決して本領を発揮できたとはいえず、不遇の時を過ごした。ゲッツェも「(移籍の)決断を下したとき、すでに簡単な状況ではなかった。ドルトムントでキャリアを終えることを想像していたけど、数週間、数ヶ月のうちに状況が変わっていたんだ」と認めている。一方で「これから新たな物語が始まるよ」と古巣復帰を機に気持ちを入れ替えたようだ。

     ゲッツェはトーマス・トゥヘル監督率いる新チームで親善試合に出場し、徐々に信頼を取り戻しつつある。「本拠地でプレーする最初の試合の雰囲気が楽しみ」と語り、新シーズンに向けて闘志を燃やしている。

    http://www.footballchannel.jp/2016/08/06/post168041/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    sci16080608050002-p1
     
    5日に行われたプレシーズンマッチでドルトムントはサンダーランドと対戦し、1-1で引き分けた。MF香川真司は先発出場で67分までプレーしている。

     マンチェスターU時代に指導を受けたデイビッド・モイーズ監督が率いるサンダーランドと対戦した香川は先発でピッチで立ったものの、ドルトムントは立ち上がりからリズムがいまひとつだった。

     17分、シャヒンのゴールで先制したドルトムントだが、チームとしての連係はまだ不完全な様子をうかがわせた。

     ローデとデンベレを下げて後半に臨むと、ややテンポが出てくる。香川にも良い形でボールが入る場面があった。

     だが、66分にセットプレーで失点し1-1とされると、ドルトムントは大幅にメンバーチェンジ。香川らが下がった。この交代で入った新戦力のゲッツェが攻撃の起点となったドルトムントだが、勝ち越しゴールを決めることはできず、試合は1-1で終了している。(Goal.com)

    http://www.sanspo.com/soccer/news/20160806/sci16080608050002-n1.html?pdm_ref=gpc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160803-00010028-theworld-000-1-view

    サポーターはフィジカル面で不安?

    待望の名手たちが続々とドルトムントへ合流している。マリオ・ゲッツェにアンドレ・シュルレというファンタスティックな2人のドイツ代表MFと新たにサインした同クラブだが、サポーターはとある懸念を抱いているようだ。

    とりわけ多くのファンが気にかけているのは2013年にチームを離れ、バイエルン・ミュンヘンへと去っていったゲッツェの以前よりも明らかにふくよかとなった体型だ。2001年よりドルトムントユースに所属するこの生え抜きのスーパースターは晴れて今夏に古巣復帰を果たしたものの、1日に実施されたメディカルチェックには、やや丸みを帯びた姿で登場。どれほど娯楽に満ちたシーズンオフを楽しんでいたのかは定かでないが、まずは長いシーズンを戦い抜くだけの頑強なフィジカルを作り上げる必要がありそうだ。英紙『Daily Mail』もそんなゲッツェのメディカルチェックの様子を画像付きでリポート。しかし多くのファンは少し様子の変わったゲッツェに驚きの反応を示している。

    「どうしてゲッツェはこんなに太ってるんだ?」

    「太っただけでなくなぜこんな髪型に……」

    「バイエルンの頃の2倍のサイズがあるように見えるが」

    「シンジはいつも痩せていて、きちんとしてる。それに比べてゲッツェは……」

    同メディアに寄せられた意見の多くはやはりゲッツェのフィジカル状態を案じたものとなっており、来たる新シーズンに向けて万全の準備を施してほしいと願っているようだ。先日は、退団したヘンリク・ムヒタリヤンが付けていた10番を再び纏うことが決まったゲッツェ。彼の才能が再び覚醒することを期待したい。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160803-00010028-theworld-socc

    続きを読む

    このページのトップヘ