マンイツ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160930-01631715-gekisaka-000-4-view

    [9.29 ELグループリーグ第2節 ガバラ2-3マインツ]

     ヨーロッパリーグ(EL)は29日、グループリーグ第2節を行い、FW武藤嘉紀の所属するマインツ(ドイツ)は敵地でガバラ(アゼルバイジャン)と対戦し、3-2で競り勝った。武藤は公式戦4試合ぶりの先発出場で、ELは2戦連続先発。前半41分に左足で先制点を決め、今季公式戦3得点目となるEL初ゴールを記録したが、終盤に右膝を痛めて負傷交代を余儀なくされた。

     荒れたピッチコンディションなどアウェーの環境に苦しめられた。マインツは前半20分、右サイドのスローインからFWユヌス・マリの折り返しにMFパブロ・デ・ブラシスが合わせるが、右足のシュートはミートし切れず、枠を外れる。同24分にはピンチを招き、クロスに合わせたDFリカルジーニョのヘディングシュートがポストを直撃。ヒヤリとさせられた。

     なかなか決定機をつくれずにいたマインツだが、前半41分、縦パスに走り込んだDFガエトン・ブスマンがワンタッチで流し、武藤がPA内に進入。左45度の位置でDFと対峙すると、冷静なボールコントロールから左足を振り抜き、ゴール右隅にねじ込んだ。

     武藤は18日のアウクスブルク戦以来、公式戦3試合ぶりのゴール。EL初得点でリードを奪い、前半を1-0で折り返すと、後半立ち上がりはマインツペースで進んでいたが、一つのミスが流れを変える。後半12分、マインツDFシュテファン・ベルが頭でGKに戻そうとしたバックパスが短くなり、MFフィリップ・オゾビッチがカット。たまらずGKヨナス・レッスルがオゾビッチを倒してしまい、PKを献上した。

     このPKをMFルスラン・クルバノフが決めて1-1の同点に追いついたガバラ。5分後の後半17分にはFWバガリー・ダボのボールキープからラストパスを受けたMFセルゲイ・ゼニオフが左足を振り抜き、勝ち越しゴールを奪った。

     1-2と逆転を許したマインツは後半22分にMFレビン・エズトゥナリとFWジョン・コルドバを同時投入。この交代策が的中した。1分後の後半23分、マリの右CKをニアのブスマンがヘディングでそらし、中央のコルドバが左足で押し込んだ。投入直後のゴールで2-2の同点に追いつくと、同33分には同じく途中出場のエズトゥナリが逆転ゴールを叩き込んだ。

     3-2と再逆転に成功したマインツだったが、後半36分、右クロスに武藤が飛び込んだ際にDFと交錯し、右膝を負傷。気にする素振りを見せながらそのままプレーを続けていたが、同38分、ピッチに座り込み、メディカルスタッフの治療を受けた。歩いてピッチをあとにした武藤はそのままMFズアト・ゼルダーと交代。3-2の逆転勝利でEL初勝利を挙げたが、古傷である右膝を痛めた武藤の状態が心配される。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160930-01631715-gekisaka-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    プレシーズンマッチが7日に行われ、FW武藤嘉紀のマインツとリヴァプールが対戦。武藤はベンチスタートだった。

    ホームでの一戦に臨んだマインツは14分、左サイド深くからのクロスで相手DFのハンドを誘発し、PKを獲得。
    ダニエル・ブロジンスキがゴール左隅に決め、先制に成功した。

    アウェーのリヴァプールは前日にインターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)2016のアメリカ・ヨーロッパラウンドでバルセロナと戦い、4-0と快勝。
    マインツ戦では先発メンバーを大幅に入れ替えて臨んだが、苦しい展開を強いられることとなった。

    次のゴールもマインツのものだった。45分、カウンターから縦パスに抜け出したジョン・コルドバがペナルティーエリア手前からのドリブルで左前方へ持ち出し、
    角度のないところから左足を一閃。ニアサイドを破るシュートでゴールネットを揺らした。

    2-0で迎えた後半、マインツは59分にユヌス・マッリが豪快なミドルシュートをゴール左隅に決めて3点目。
    リードを広げると、70分には武藤を投入する。そして4分後、武藤は右サイドからのクロスに反応。

    ニアサイドに飛び込んでヘディングシュートを突き刺し、チームの4点目を記録した。
    7月13日のスウィッチバックス戦で負傷からの実戦復帰を果たした武藤。同28日のセビージャ戦を経て、ついに復帰後初ゴールを挙げた。

    試合は4-0で終了。ホームのマインツがゴールラッシュを見せて快勝した。
    リヴァプールのユルゲン・クロップ監督にとっては、選手時代の大半を過ごし、指導者転身後初めて指揮を執った古巣との対戦だったが、完敗を喫することとなった。

    【スコア】
    マインツ 4-0 リヴァプール

    【得点者】
    1-0 15分 ダニエル・ブロジンスキ(PK)(マインツ)
    2-0 45分 ジョン・コルドバ(マインツ)
    3-0 59分 ユヌス・マッリ(マインツ)
    4-0 74分 武藤嘉紀(マインツ)

    写真
    no title


    マインツ公式
    http://www.mainz05.de/mainz05/home.html

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    spo1607290008-p1

    サッカーのドイツ1部リーグ、マインツの武藤嘉紀は28日、ホームで行われたセビージャ(スペイン)との練習試合に後半開始からワントップで出場した。献身的な守備を見せ、終盤は好機でシュートを放った。試合は0-1で敗れた。

     FWの定位置争いをしている武藤は「決めなくちゃいけないシーンはあった。決めたかった」と悔しがった。右脚負傷からの復帰を目指すセビリアの清武弘嗣は欠場した。(共同)

    http://www.sankei.com/sports/news/160729/spo1607290008-n1.html

    続きを読む

    このページのトップヘ