ムヒタリアン

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    87876be9-89a1-40b1-9623-d70f7e8394d0

    『Liverpool Echo』は「リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、教え子であるヘンリフ・ムヒタリャン獲得に関心はなかったと話した」と報じた。

    先日マンチェスター・ユナイテッドへの加入が決定したムヒタリャン。しかし、その前には恩師であるクロップが率いるリヴァプールとの関係が噂されていた。

    しかしクロップ監督は以下のように話し、ムヒタリャンの獲得については関心を持っていなかったと明かした。

    ユルゲン・クロップ

    「もしある選手を指導したことがあれば、彼のことはよく知っているわけだ。そうすれば、他の選手のことを知りたくなる。そういうことだよ。

    私は、彼(ムヒタリャン)がマンチェスター・ユナイテッドに行こうとしていることをずっと前から知っていた。私がそこに飛び込んでいく理由は何もない。それは我々の仕事の形ではない。

    我々は、すでにともに働いたことのある選手を探してはいなかった。

    それは退屈というわけではないが、お互いにすべてを知り尽くしているのに、どうやって成長できるというのだ?次のステップはどこにあるのだ?一歩踏み出す場所はどこなんだ?

    我々は多くの選手に向かうことができた。しかし、まず考えるのはこういうことだ。『何をすることが必要なんだ?』と」

    http://qoly.jp/2016/07/31/jurgen-klopp-talked-about-henrikh-mkhitaryan

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2b0a32

    マンUを知る香川からアドバイス

    今夏マンチェスター・ユナイテッドはドルトムントからMFヘンリク・ムヒタリアンを獲得したが、マンUサポーターの頭にはドルトムントからやってきて満足な結果を出せなかった日本代表MF香川真司の記憶が残っている者もいるだろう。

    香川にとってマンチェスターでの生活は難しいものとなってしまい、マンUも上手く香川を活かすことができなかった。香川にとっては苦い思い出だが、香川はムヒタリアンにマンUの良いところなどを伝えていたようだ。

    英『Telegraph』によると、ムヒタリアンは香川と何度かマンU移籍について話したと明かしており、香川の話で良い印象を持つことができたとコメントしている。

    「何かを約束することはできない。トライするとしか言えないよ。何かを約束してしまうと、プレッシャーになるからね。シンジからはマンチェスターについて話すたびに良い印象を受けたよ」

    イングランド国内でもムヒタリアンが香川よりもスピード、得点力があり、成功しやすいはずと期待されている。ムヒタリアンの縦へのスピードはプレミアリーグの環境でも通用するはずで、香川の後押しがマンUを助けることに繋がるかもしれない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160727-00010039-theworld-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    GettyImages-576568512-min

    新戦力の初陣にマンU・モウリーニョ監督、高評価「ムヒタリアンはトップクラス、バイリーのポテンシャルは……」

    2016年07月17日(日) 05時25分配信

    初の実戦に臨んだモウリーニョ監督 photo/Getty Images
    ウィガンに完勝

    ジョゼ・モウリーニョ監督による新体制となったマンチェスター・ユナイテッドは現地時間16日、ウィガン(イングランド2部)をフレンドリーマッチを行い2-0で完勝した。敵地で行われた一戦では、新戦力のMFヘンリク・ムヒタリアン、DFエリック・バイリー、実戦復帰を果たしたDFルーク・ショーや若手メンバーが起用され、[4-2-3-1]の布陣で臨んだ。

    試合を振り返りモウリーニョ監督は「結果がすべてではないが、常に大事なことでもある。選手たちは私が考えるフットボールを実践しようとする姿勢が見れた。その部分に満足している」とコメントした。クラブの公式サイトが伝えている。

    そして新加入の選手については「ムヒタリアンはトップクラスの選手でフットボール選手として全盛期にあたる27、8歳だ。非常に頭の回転が早く、ボールタッチも素晴らしい。バイリーについては、彼の獲得を決めたときのポテンシャルを、今日の試合でも発揮してくれた」とポジティブな評価をしている。またFKの流れからこぼれ球を押し込んで決勝ゴールを決めた20歳のアンドレアス・ペレイラについても「才能に溢れている。視野の広さと素晴らしいテクニックを持っている」と語った。

    決して万全のコンディションではなかったが、モウリーニョ監督は初の実戦で好材料を掴み幸先の良いスタートを迎えることができた。

    http://www.theworldmagazine.jp/20160717/01world/england/75497

    続きを読む

    このページのトップヘ