日本代表FW本田圭佑が所属するミランのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が、
コロンビア代表FWカルロス・バッカの去就について発言を残した。

イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』などが18日に報じている。

現在29歳のバッカは、昨夏にミランへ加入後、2015-16シーズンのセリエAで全38試合に出場し18ゴールを記録。
すると今夏、複数クラブが同選手に関心を示し、動向に注目が集まっていた。

同紙によると、ミランの新指揮官に就任したモンテッラ監督がバッカの去就について言及。
「バッカは世界レベルの選手だ。彼は1シーズンに多くのゴール量産を保証してくれる。
そのようなプレイヤーを手放すのは厳しいことだが、彼はチャンピオンズリーグでのプレーを望んでいる。
これから何が起きるか見てみよう」とコメント。バッカの退団を覚悟している様子を示した。

一時はウェストハムへの移籍が決定的と報じられたバッカだが、
16日にはミラン残留に前向きな姿勢を示していると伝えられた。

不透明な状況が続くが、
最終的な結論はどうなるのか。今後の展開に注目が集まる。

サッカーキング / 2016年7月18日
http://www.soccer-king.jp/news/world/ita/20160718/469561.html


no title

続きを読む