ラモス瑠偉

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    昨年末に脳梗塞で倒れ、リハビリを経て復活した元サッカー日本代表のラモス瑠偉氏(60)が5日、都内で行われた「2017 プラチナエイジ授賞式」に出席。「ベストプラチナエイジスト」に選ばれた。

     ラモス氏は「昨年、脳梗塞で倒れ、自分でどうなるか分からなかった。MRIを見ると(梗塞が)ゴルフボール大で、決して軽くはなかった。皆の応援と亡き妻(初音さん)、神様が助けてくれた。素晴らしい賞をもらえて、頑張ってきてよかった。若い人に負けずに自分を磨いて世の中に貢献したい」とあいさつした。

     朝晩とリハビリを続けており、体調は万全ではないが、足取りは軽く、倒れる前と変わらないように見える。「先生から『現役復帰するわけじゃないから、もっとゆっくりリハビリしなさい』と言われたくらい。人間は気持ち。気持ちは35歳くらい」と元気そのものだ。

     監督業についても「このままでは終わらない。もし、話がきたら今すぐでもいけるよ! ぜひやりたい」とやる気をみなぎらせた。

     さらには「下手くそだらけで激しさを感じないから、自分でもできるんじゃないかと思うくらい。皆がちょっと甘い。前に出る勇気がなく、横、横のカニサッカー。8月31日(ロシアW杯アジア最終予選オーストラリア戦)に負けたらほえるよ!」と愛する日本サッカー界にカツを入れた。

     以前と同じく、サッカーにかける情熱は相当のもの。先日もある試合を観戦したが、ふがいない内容に激高し途中で帰ってしまったという。現夫人は病気も忘れてサッカーに入れ込むラモス氏の体調を心配しているというが、この調子なら監督としてピッチに立つ日もそう遠くはないだろう。
    20170705-00000028-tospoweb-000-2-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170705-00000028-tospoweb-ent

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20131008_shiota_12

    【武田修宏の直言!!】Jリーグは後半戦に入って各クラブの監督交代が相次いでいる。J2岐阜の監督を解任されたラモス瑠偉さん(59)からは連絡をもらったけど「プロの世界は結果がすべてなので仕方ない」って話していた。

     任期途中でのクビは残念だったけど、ラモスさんのおかげで岐阜の注目度は確実に上がったよね。サポーターは増えたし、スポンサーも付いた。メディアから取材される機会も多くなって、立派なグラウンドまでつくってもらったでしょ。岐阜にサッカー文化を根付かせたっていう功績は残せたんじゃないかな。

     一方で、J2千葉の関塚隆監督(55)も退任したけど、今の千葉は何をしたいのかまったく見えないよ。開幕前に20人以上も選手を入れ替えるチーム編成をしたかと思えば、まだJ1昇格プレーオフ進出が狙える順位なのに指揮官を代えるっていうのはどういうことなのかな。千葉OBとして疑問だね。

     いつも言っていることだけど、FC東京監督を退任した城福浩さん(55)を含めて責任を取らされるのは現場だけ。

     Jリーグではテレビ放映権が2000億円など、華やかな部分ばかりがクローズアップされて競技の本質の部分は軽視されている感じ。サッカー界の先行きが不安だよ。

    ☆武田修宏:たけだ・のぶひろ=1967年5月10日生まれ。静岡県出身。幼少期から「天才少年」と呼ばれたストライカー。名門・清水東(静岡)から86年に読売クラブ(現東京V)入り。ルーキーながら11得点を挙げ、リーグVに貢献し、MVPにも選出された。Jリーグ発足後はV川崎や磐田、京都、千葉などでプレー。00年には南米パラグアイのルケーニョに移籍。01年に東京Vに復帰し、同シーズンで現役引退した。Jリーグ通算は94得点。JSL時代も含めれば152得点を挙げた。87年に日本代表に選出。93年米国W杯アジア最終予選でドーハの悲劇を経験した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160728-00000002-tospoweb-socc

    続きを読む

    このページのトップヘ