リバプール

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20170329-00010024-soccermzw-000-1-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170329-00010024-soccermzw-socc

    英地元紙、香川とクロップ監督がリバプールで運命の再会を果たす可能性を報じる

     ドルトムントの日本代表MF香川真司は2018年6月に契約満了となる。その去就問題に注目が集まるなか、英メディアはプレミアリーグ強豪リバプールの来季補強特集を展開。香川はバルセロナの天才司令塔アンドレス・イニエスタ、アーセナルのチリ代表MFアレクシス・サンチェスら世界屈指の名手と並び、堂々の選出。恩師ユルゲン・クロップ監督と運命の再会を果たす可能性が報じられている。

     「ゴールスコアラー、レフトバック、獲得困難な選手たち、リバプールが今夏に安値で獲得できる可能性がある25選手」という補強特集を展開したのは英地元紙「リバプール・エコー」だ。

     法外な移籍金がかからない補強選手をリストアップ。現在セントラルハーフを本職とするイングランド代表MFジェームス・ミルナーがレギュラーを務めている左サイドバックには、PSVのオランダ代表DFジェトロ・ウィレムス、ハル・シティDFアンドリュー・ロバートソン、マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表DFルーク・ショー、ナポリのアルジェリア代表DFファウジ・グラム、ACミランのイタリア代表DFマッティア・デシリオらが候補に挙がっている。

     その一方、「獲得困難」というカテゴリーで数々の世界的な名手が候補に並ぶなか、ここにクロップの愛息子が登場する。「何人かの世界屈指のビッグネームは、この夏に契約問題からこう着状態に陥る可能性がある。リバプールが彼らを獲得する希望はほぼ厳しいが、夢見て何が悪い」と特集では紹介している。

     筆頭に登場するのはパリ・サンジェルマン(PSG)のウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニだ。

     「ウルグアイ人ストライカーは激アツなゴール記録を誇っている。28試合で27得点を叩き出している。30歳にして、獲得のチャンスはないかもしれない。年俸の要求もあまりに高いが、彼には明確な格というものが存在する」とリストアップされている。

     PSGからはフランス代表MFブラジエ・マテュイディも選ばれた。「そのエネルギーとパスを狙う眼、ピッチの高い位置までボールを運ぶ能力は中盤全域で完璧な補強になる。フランス代表選手は昨夏ユベントス移籍を望んでおり、アンフィールドに迎えるには説得が大変だ」と人気銘柄のダイナモは獲得困難と位置付けた。

     バルサの至宝イニエスタも登場している。「想像してもらいたい。16年間カンプ・ノウで過ごし、今32歳。彼はもしかすると環境変えたいと思うかもしれない。マージーサイド(リバプールを中心都市とする州)が意中の新天地であるということは想像困難だが……」と悲観的に報じた。

     レアル・マドリードのスペイン代表MFイスコも登場する。「最近、バルセロナ移籍話が浮上しているスペイン代表は、マラガからベルナベウに3000万ユーロ(約36億円)で移籍した時の好調さを取り戻すことができていない。まだ24歳で、彼の格というものは明確だ。前線を大幅に向上させるだろう」としている。

    サンチェスに55億円でオファー?

     そして、アーセナルのエースFWサンチェスの名前も挙がった。「2014年に獲得を失敗しており、リバプールがチリ人にとって理想的な目的地ではなさそうだ。サンチェスはエミレーツで不幸せで、どこに行こうがチームを向上させる存在だ。ユベントスが最有力候補と見られている。もしかすると(オーナーの)ジョン・W・ヘンリーが4000万ポンド(約55億円)でオファーする?」とレポートしている。

     14年にアーセナルとのサンチェス争奪戦で敗れたリバプールだが、2014年にバルセロナに移籍したウルグアイ代表FWルイス・スアレスへのアーセナルからの“どケチオファー”を蒸し返し、オーナーのヘンリー氏がリベンジオファーを出す可能性を指摘している。

     続いてACミランGKジャンルイジ・ドンナルンマが登場。「衝撃的なゴールキーパーだ。わずか18歳のイタリア人はフル代表のメンバー入りを果たしている。キャリア20年目のオーラを漂わせている。ペナルティー(PK)もセーブできるぞ」と、メガクラブが付け狙う若き守護神もリストアップしている。

     リーダー役でバーンリーのイングランド代表DFマイケル・キーン、アトレチコ・マドリードのウルグアイ代表DFホセ・ヒメネス、アウクスブルクのオーストリア代表DFマルティン・ヒンテレッガーらがリストアップされている。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160914-00010029-footballc-000-2-view

    元マンチェスター・ユナイテッド監督のサー・アレックス・ファーガソン氏は、リバプールが昨シーズンのヨーロッパリーグ(EL)決勝で敗れた原因はユルゲン・クロップ監督の戦術にあったと指摘している。14日付の英メディア『スカイ・スポーツ』が伝えた。

     昨シーズン途中からリバプールを率い始めたクロップ監督は、就任1年目にしてチームをEL決勝にまで導いた。だが決勝では前半にFWダニエル・スタリッジのゴールで先制しながらも後半に3点を奪われ、前年まで大会2連覇中だったセビージャに3連覇を許す結果に終わっている。

     クロップ監督の戦術の代名詞である積極的なプレッシングへの固執が、セビージャの逆転に繋がったとファーガソン氏は考えているようだ。欧州サッカー連盟(UEFA)のテクニカルアドバイザーを務める同氏は、UEFAのELテクニカルレポートの中で次のように述べた。

    「前半のセビージャはリバプールのタックルや思い切りの良いプレーに苦しんでいたが、後半のリバプールはエネルギーがなくなってしまい、ボールに到達することができなかった。中盤のスペースはより大きくなった。私は、シーズンを通してボールへのプレスを続けられるチームを見たことがない」

     それでもファーガソン氏は、熱狂的なサポーターを持つリバプールにとってクロップ監督は適任だという考えも述べている。「彼はファンを受け入れ、ファンは彼をサポートしている。彼がタッチライン際で見せてきた熱意やエネルギー、パーソナリティーによるものだ。両者の組み合わせはぴったりだと思う」と語った。

     クロップ体制で2シーズン目を迎えたリバプールは、プレミアリーグ開幕から4試合で2勝1分け1敗を記録し6位に位置している。今季は欧州の舞台で戦うことはできないが、クロップ監督は国内での戦いでファンの期待に応える結果を出したいところだ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160914-00010029-footballc-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160909-00010007-theworld-000-2-view

    ミラクルレスターをこき下ろす

    好きなものがあれば、嫌いなものも存在する。かつてリヴァプールとイングランド代表で活躍したスティーブン・ジェラードは、昨季のプレミアリーグ王者レスターをあまり好意的に思っていないのかもしれない。

    1998年よりトップチームデビューを果たしたリヴァプールで、まさしくレジェンドと呼ばれるに相応しいほど素晴らしいキャリアを築いていたジェラード。2004-05シーズンには欧州チャンピオンズリーグを制覇するなど様々なタイトルに恵まれたが、プレミアリーグの優勝には縁がなかった。そんな彼が2015-16シーズンに奇跡の優勝を成し遂げたレスターに嫉妬心を抱いているのかは分からないが、現所属のLAギャラクシーのファンである少年に“パンチの効いた”アドバイスを送ったと英『THE Sun』が伝えている。

    「(将来レスターでプレイしたいと打ち明けた少年に対し) レスターだって? なんでだ? リヴァプールやバルセロナ、もしくはレアル・マドリードはどうだい? レスターなんかに行くな。あんなのゴミクズだよ」

    エッジの効いたアドバイスを送ったリヴァプールのレジェンドは続けて、“イングランドが恋しいと思うことはない?”と聞かれると次のように話している。

    「家族や友人のことを考えると寂しいよ。でも寒くて風の強いあの気候を恋しいと思うことはないね」

    今季はいまだに昨季のような勢いあるサッカーを披露できていないレスターだが、ジェラードの発言によって大いに発奮することになるかもしれない。

    theWORLD(ザ・ワールド) 9月9日 16時10分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160909-00010007-theworld-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160902-00010013-footballc-001-2-view

    現役時代にリバプールだけでプレーしたジェイミー・キャラガー氏が、フリートランスファーでフランス・リーグアンのニースに移籍した元イタリア代表FWマリオ・バロテッリを批判した。1日付の伊紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。

     夏季移籍市場最終日にニースへと移籍したバロテッリは、2014年にリバプールに加入するも公式戦28試合に出場して4得点のみと期待を裏切り、さらには移籍金さえも残さないフリートランスファーの形で同クラブから去って行った。

     そこでリバプールだけに17年間のプロキャリアを捧げたキャラガー氏は、バロテッリの移籍について「ニースはバロテッリをフリーで獲得したけれど、それでも高すぎる買物をしたね」と皮肉を込めた批判的発言をしている。

     キャラガー氏がバロテッリを批判したのは、これが初めてのことではない。少し前には「バロテッリはクラブが獲得した史上最低の補強選手か」という質問に対して「人々は彼にはタレントがあると言うけれど、私には記憶に残る彼の試合を思い出せない」と返答。

     さらに、「誰かが彼を中国リーグへ連れて行ってくれることを祈っているよ。プレミアリーグに彼を獲得したいクラブがあるとは思わない」と続けると、「バロテッリは私が見た選手の中で最も過剰評価された選手だ。正直に言えば、リバプールが彼を獲得したなんて信じられない」とバロテッリを批判している。

     結局、厄介払いされる形でニースへ移籍したバロテッリ。果たしてそこで蓄積された汚名を払拭するようなパフォーマンスを披露することができるだろうか。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160902-00010013-footballc-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    プレシーズンマッチが7日に行われ、FW武藤嘉紀のマインツとリヴァプールが対戦。武藤はベンチスタートだった。

    ホームでの一戦に臨んだマインツは14分、左サイド深くからのクロスで相手DFのハンドを誘発し、PKを獲得。
    ダニエル・ブロジンスキがゴール左隅に決め、先制に成功した。

    アウェーのリヴァプールは前日にインターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)2016のアメリカ・ヨーロッパラウンドでバルセロナと戦い、4-0と快勝。
    マインツ戦では先発メンバーを大幅に入れ替えて臨んだが、苦しい展開を強いられることとなった。

    次のゴールもマインツのものだった。45分、カウンターから縦パスに抜け出したジョン・コルドバがペナルティーエリア手前からのドリブルで左前方へ持ち出し、
    角度のないところから左足を一閃。ニアサイドを破るシュートでゴールネットを揺らした。

    2-0で迎えた後半、マインツは59分にユヌス・マッリが豪快なミドルシュートをゴール左隅に決めて3点目。
    リードを広げると、70分には武藤を投入する。そして4分後、武藤は右サイドからのクロスに反応。

    ニアサイドに飛び込んでヘディングシュートを突き刺し、チームの4点目を記録した。
    7月13日のスウィッチバックス戦で負傷からの実戦復帰を果たした武藤。同28日のセビージャ戦を経て、ついに復帰後初ゴールを挙げた。

    試合は4-0で終了。ホームのマインツがゴールラッシュを見せて快勝した。
    リヴァプールのユルゲン・クロップ監督にとっては、選手時代の大半を過ごし、指導者転身後初めて指揮を執った古巣との対戦だったが、完敗を喫することとなった。

    【スコア】
    マインツ 4-0 リヴァプール

    【得点者】
    1-0 15分 ダニエル・ブロジンスキ(PK)(マインツ)
    2-0 45分 ジョン・コルドバ(マインツ)
    3-0 59分 ユヌス・マッリ(マインツ)
    4-0 74分 武藤嘉紀(マインツ)

    写真
    no title


    マインツ公式
    http://www.mainz05.de/mainz05/home.html

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160807-00010004-soccermzw-000-2-view

    リバプール 4-0 バルセロナ

    マネ 15'
    ヘンダーソン 47'
    オリジ 48'
    グルイッチ 93'

    http://www.internationalchampionscup.com/videos/territory/na

    ⬛45億円FW”マネらのゴールでスペイン王者を破る

     ユルゲン・クロップ監督率いるリバプールは6日、インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)でバルセロナと対戦し、4-0で快勝。

    試合会場となったロンドンの“聖地”ウェンブリー・スタジアムに、史上2番目に多い8万9945人の大観衆が詰めかける注目の一戦でリバプールがスペイン王者を粉砕した。

     クラブ史上最高額となる3400万ポンド(約45億円)で獲得したセネガル代表FWサディオ・マネのゴールで先制したリバプールは、後半にもアルゼンチン代表DFハビエル・マスチェラーノのオウンゴール、ベルギー代表FWディボック・オリギ、セルビア代表MFマルコ・グルイッチによる追加点が生まれ、終わってみれば4-0の大勝となった。

     バルセロナは古巣対決となったウルグアイ代表FWルイス・スアレスや、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシといった主力も先発したが、この日は沈黙した。

     また、英公共放送「BBC」のレポートによれば、ウェンブリーに集まった観客は史上2番目に多い8万9945人となった。プレシーズンマッチのICCとはいえ、スーパースターの集結する一戦は歴史上でも最大級の注目カードとなったようだ。

     左サイドバックにコンバートされたイングランド代表MFジェームズ・ミルナーが負傷するアクシデントはあったものの、14日に控えるアーセナルとのプレミアリーグ開幕戦に向けて、クロップ監督率いるリバプールは自信を深めている。 

    Football ZONE web 8月7日 11時34分
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160807-00010004-soccermzw-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160731-01629834-gekisaka-000-1-view

    [7.30 IC杯 リバプール2-0ミラン サンタクララ]

     インターナショナルチャンピオンズ杯のアメリカラウンドで、日本代表MF本田圭佑の所属するミラン(イタリア)はリバプール(イングランド)と対戦し、0-2で敗れた。本田は後半24分から途中出場した。

     IC杯の初戦でバイエルンと3-3の打ち合いを演じ、PK戦で下していたミランだが、2連勝とはならなかった。前半をスコアレスで終えた試合は、後半14分に動く。リバプールはエリア内左に入ったFWディボク・オリジがDFを外して右足を振りぬく。鮮やかなゴールで先制に成功した。

     両チームとも途中で選手を大幅に入れ替えて試合を行ったが、ベンチスタートだった本田も後半24分から途中出場。しかし右MFに入るが、なかなかボールを触ることすら出来ない。逆に同28分にはMFセイ・オジョのシュートはDFが防ぐが、コースが変わったところをFWロベルト・フィルミーノにスライディングで押し込まれる。

     本田も後半37分にMFジャコモ・ボナベントゥーラのクロスを頭で合わせて、ようやくゴール前に顔を出すが、シュートは枠上に外れていった。ミランはこのまま0-2で敗れ、完敗を喫した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160731-01629834-gekisaka-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160730-00000018-goal-000-2-view

    リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、クラブの行ってきたこれまでの補強に満足しているようだ。数人の選手たちを入れ替えた現在のチームは「私のチーム」だと強調している。

    昨季途中での就任以来初めてとなる夏の移籍市場を迎えたクロップ監督は、これまでにGKロリス・カリウス、DFラグナル・クラバン、ジョエル・マティプ、MFジョルジニオ・ワイナルドゥム、FWサディオ・マネらを獲得。一方でDFマルティン・シュクルテル、コロ・トゥーレ、MFジョー・アレン、FWジョーダン・アイブらを放出してきた。

    クロップ監督はすべての移籍が自分の意図のとおりだと述べつつ、これ以上の選手を放出する可能性は低いとの見解を示した。『リヴァプール・エコー』などイギリスメディアが同監督のコメントを伝えている。

    「もちろん、今はこれが私のチーム、私のメンバーだ。8月31日までに何が起こるかはこれから見てみなければならないが、色々と移籍が済んで、今はこれが私のチームだ」

    「今ここにいる選手たちの中で、私が不要だと思う選手はおそらくこれ以上いないだろう。私の望まなかったような補強はひとつもなかったし、私が売りたくないと思う選手を売ったこともなかったよ」

    望みどおりの戦力をそろえた上で、タイトル獲得に向けて戦っていきたいという意欲も口にした。

    「私は今の自分のチームに満足している。我々は挑戦者になると言うことができるよ。あらゆるものに向けて戦って、あらゆるカップを狙っていく。その上で、最終的にどういう結果になっているかを見てみよう」

    「もちろん、言い訳を探すべきではない。『もう1年必要だ』とか、そういうことを言うべきではないんだ。100%を尽くして、それでどうなるかだ。我々は成功を収めるためにこのチームを作っているんだ」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160730-00000018-goal-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    CoZ_SpaWAAARyuj

    1: さあ名無しさん、ここは守りたい 2016/07/28(木) 12:36:37.20 ID:91Cscy6Q
     

    27日に行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)、チェルシー対リヴァプールの一戦は、1-0でチェルシーが勝利を収めた。

    プレミアリーグの強豪対決となった試合は、前半10分と早い時間のうちに動く。CKからセスクの上げたボールにケイヒルがヘッドで合わせ、これがゴール右隅に収まってチェルシーが先制点を奪った。

    21分にはコウチーニョがFKから同点ゴールを狙うも、枠内を捉えた鋭いシュートをGKベゴビッチが見事にセーブ。35分には巧みなパスで中央を崩したプレーからフィルミーノがネットを揺らしたが、これもオフサイドによりゴールとはならなかった。

    前半から激しさの見られた試合には、何枚かのイエローカードが出されていたが、70分にはついに退場者が出てしまう。セスクが足を投げ出してスパイクの裏を見せたタックルをクラヴァンに食らわせ、一発レッドで退場を命じられることになった。

    10人となったチェルシーだが、守備を固めてリヴァプールの反撃は許さず。そのまま1-0で逃げ切り、幸先の良い形で大会をスタートさせた。

    今後のICCでチェルシーはレアル・マドリーおよびミランと、リヴァプールはミランおよびバルセロナとの対戦を予定している。

    CobBHeGWgAE2f0X

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/07/08(金) 19:57:25.37 ID:CAP_USER9
    公式サイトで発表 英「BBC」は2022年までの6年契約と報じる
     
    リバプールのユルゲン・クロップ監督が、昨年10月の就任からわずか9カ月間で契約を延長した。リバプールが公式サイトで発表した。

    クロップ監督は「オーナーとクラブから示された献身に、自分自身、ゼリコ、ペーターがどんなに名誉に思っているのか表現するのが難しい。
    我々は旅をまだまだ始めたばかり。この特別な場所とすでに絆を持てたのは信じられないよ」と語った。

    クロップ監督は右腕であるアシスタントコーチのゼリコ・ブバッチ氏と、分析担当コーチのペーター・クラビッツ氏とともに長期契約を延長した。
    クロップ氏はこれまで2018年6月まで、年俸総額1500万ポンド(約20億円)の好条件を手にしていたが、
    英公共放送「BBC」によると2022年までの6年という、異例の長期契約になったとレポートされている。

    リバプールは昨季8位に終わったが、
    欧州屈指の名将はリーグカップとUEFAヨーロッパリーグで、チームを準優勝に導くなど確かな手腕を示していた。

    公式サイト
    http://www.liverpoolfc.com/

    no title

    続きを読む

    このページのトップヘ