ルーニー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160930-00000010-goal-000-2-view

    公式戦3連敗を喫した後、マンチェスター・ユナイテッドの周辺はとても騒がしかった。「マン・ユナイテッドの危機」、「ウェイン・ルーニーの機能不全」といった記事やコメントが紙面を飾ったのだ。特に新監督のジョゼ・モウリーニョにとっては、さぞうっぷんの溜まった長い長い1週間だったことだろう。

    先週末、レスター・シティに勝利したことでようやく落ち着きを取り戻したようだが、このポルトガル指揮官が「フットボールのアインシュタイン(天才)」と皮肉る英国メディアとの戦いが終息を迎えるとはとても思えない。

    ■ルーニーが外れてボグバが躍動

    レスター戦で最も注目を集めた出来事が、ルーニーがベンチに下がったことであることに疑いの余地はない。なぜなら、ピッチ上で多くの変化が起こったのだから。ユナイテッドは、パフォーマンスを落としたキャプテンが足を引っ張らなかった場合、どのようなプレーが可能なのか、見せつけた。

    ポール・ポグバはこれまでと打って変わったプレーを披露したうちの一人だ。ユナイテッドでの初ゴールを記録したのはもちろんのこと、搭載するエネルギーの大きさと推進力の強さ、そして途切れることのない集中力を示した。ユナイテッドが大きなリードを持ってハーフタイムを迎えられたのにも納得がいく。

    試合開始直後こそ少し動きが重かった印象だが、徐々にプレーのテンポを上げて前線の4人の動きを活性化させることに成功した。彼の巧妙なスルーパスをジェシー・リンガードがはたき、ボールを受けたフアン・マタがリードを広げる得点を決めた。

    ポグバは優れた足元の技術とボール奪取の能力を存分に発揮し、レスターの選手たちをピッチ中で追いやり、間延びさせた。ハーフタイムを迎える頃、フォクシーズはすでに息切れ状態だった。

    刺激的ですべてを凌駕するような攻撃こそ、今までルーニーによって妨げられていたユナイテッド本来の形と言えるだろう。

    ■拍手が送られたのは大量得点だけが理由ではない

    スタンドの怒りと失望は歓喜と声援に変わった。どうオブラードに包んだとしても、長らくユナイテッドをけん引してきたルーニーにとって悪い意味で大きな意味を持つ1日になった。

    キャプテンのベンチ降格に呼応するようにユナイテッドは躍動し始めた。オールド・トラッフォードへ詰めかけた観衆はもちろんのこと、本人にとっても序列が変わったことを認識せざるを得ない出来事だったはずだ。

    今回起きた一連の“ルーニー不要論”は、結果として動かない10番とマタのようなオフ・ザ・ボールの動きが活発な選手とで攻撃にどのような変化が起こるのかを示した。このスペイン人MFは頻繁に空いたスペースを見つけては顔を出し、相手DFを定位置からつり出し、ユナイテッドにチャンスを生み出し続けた。

    冬の時代を迎えた主将のためにあえてエクスキューズを出すならば、ユナイテッドが記録した4ゴールのうち、3つはセットプレーから生まれた産物だった、ということだろうか。流れの中から得点を生み出すことができると証明する必要性は、依然として残されている。

    しかし、精錬されたセットプレーだけがレスターを追い詰めたのではないことは、隣に座ったブロンドの髪をなびかせる美しい女性にうつつを抜かしてピッチから目を背けていた者でない限り、容易に判断できるはずだ。

    ハーフタイムを迎えてロッカーに戻るユナイテッドの選手たちにスタンディング・オベーションが起こったのは、ピッチ上で魅力的なフットボールが展開されていたからにほかならない。

    プライベートで植毛を始めた頃からだろうか。ルーニーから発せられる輝きは、年々減り続けている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160930-00000010-goal-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160923-00000016-ism-000-1-view

    マンチェスターU(イングランド)の主将FWウェイン・ルーニーが、自身への批判について「くだらない」と意に介さない様子を見せた。

     プレミアリーグで開幕戦以来ゴールから遠ざかり、現地時間21日(以下現地時間)に行なわれたノーザンプトン(3部)とのリーグカップ3回戦でも、フル出場ながら無得点に終わったルーニー。ズラタン・イブラヒモヴィッチやマーカス・ラッシュフォードの方が好パフォーマンスを見せているとあって、先発から外すべきとの声が挙がっている。

     マンUは今月10日のマンチェスターダービーを皮切りに公式戦3連敗を喫し、ノーザンプトン戦で4試合ぶりに白星を手にした。チームが不調のなかメディアから集中砲火を浴びていたルーニーは、クラブ公式チャンネル『MUTV』で、「それがサッカーというものだと思っている。僕らは3試合連続で勝てなかったから、誰もがそれについて話す。酷い1週間、いや8日間だった。でも今は、僕らがそこから立ち直ったということが重要だ」と、結果が出ていない時期に酷評されるのは当然との見解を示した。

     自身のパフォーマンスについての声には、「キャリアを通じて色々と言われてきたと思う。最近は特にね。でも、それがサッカーだ。僕は監督やチームメイト、周囲の人の話には耳を傾けるけど、外野の言うことは聞き流す。くだらないことばかりだからね」と話すと、「集中して努力しなければいけない。もちろん、これまでもずっとそうしてきた。僕は懸命に努力し、チームのために全力を尽くそうとしてきた」と、メディア等の批判は取るに足らないものだと述べている。

     リーグカップ4回戦へ駒を進めたマンUは、抽選の結果次ラウンドでマンチェスターCと対戦することが決定した。ルーニーは「僕個人の意見では、完璧なドロー(抽選)だ。プレミアの結果(1対2で黒星)を考えれば、僕らにとってはリベンジのチャンス。素晴らしい雰囲気になるだろう。7、8000人のシティファンもここに来るだろうし、それがより一層良い雰囲気を作り上げると思う。(本拠地)オールド・トラフォードでのカップ戦でシティと当たるというのは、パーフェクトな抽選結果だ」とリーグカップでのダービーマッチ実現を喜んでいる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160923-00000016-ism-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    マンチェスターUのイングランド代表FWウェイン・ルーニー(30)が、
    自身のツイッター上でアダルトポルノサイトに「いいね」を押したことで、
    1360万人のフォロワーの笑いの対象にされてしまったと、英サン紙が報じた。

    ツイッターで同選手をフォローしていた1人は
    「ルーニーより、僕のおばあちゃんのがソーシャルメディアを使いこなしているよ。
    何百万人ものフォロワーがいる人は、ポルノビデオにいいねを押さない方がいいよね」とコメントした。

    ルーニーのスポークスマンは「ルーニーは、いらないものを排除しようとしていて、
    削除ボタンを押そうとしたときに、いいねを押してしまったんだ」と間違いだったことを強調した。

    日刊スポーツ 8月30日(火)18時31分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160830-00000096-nksports-socc

    写真
    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160802-00010033-theworld-000-1-view

    前線の4枚が非常に豪華に

    チャンピオンズリーグ決勝でバイエルンを倒すなど、3冠を達成した1998-99シーズンのマンチェスター・ユナイテッドには、アンディ・コール、ドワイト・ヨーク、オーレ・グンナー・スールシャール、テディ・シェリンガムと素晴らしいFWが4枚も揃っていた。

    それと同じくらいの実力を持つと考えられているのが、今のマンUのFW4人だ。英『Daily Mirror』はズラタン・イブラヒモビッチ、ウェイン・ルーニー、マーカス・ラッシュフォード、アントニー・マルシャルの4人が当時の3冠メンバーにも引けを取らないと考えているようで、今季の得点量産に期待をかけている。

    MFアンデル・エレーラも前線組に期待しているようで、イブラヒモビッチやラッシュフォードの連携が上手くいくはずと自信を口にしている。

    「今季は多くの得点を決めたいね。僕はストライカー陣が良い連携を築けると思う。彼らは違う特徴を持った選手だからね。イブラヒモビッチはターゲットマンだし、ラッシュフォードはスピードがある。指揮官にとってオプションがあるのは良いことだと思う。ルーニー、キャリック、ヤングには経験があるし、僕たちは将来を楽観視しているよ」

    マルシャルには突破力があり、得点力が高いのも昨季で証明済みだ。ルーニーは中盤で起用されることになるかもしれないが、ルーニーは何でもできる選手だ。モウリーニョには複数の選択肢があると言えるだろう。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160802-00010033-theworld-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160802-00000026-goal-000-2-view

    マンチェスター・ユナイテッドFWウェイン・ルーニーは、これまで一緒にプレーしてきた錚々たるチームメートたちの中でも、ポール・スコールズ氏と現レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドの2人こそが最高の選手たちだったと語っている。

    3日にエヴァートン対ユナイテッドのカードで行われるウェイン・ルーニー記念試合を前にインタビューに応じ、ユナイテッドでの12年間のキャリアを振り返ったルーニーは、一緒にプレーした中で最高の選手は誰だったかという質問に次のように答えた。同選手の公式サイトにインタビュー内容が掲載されている。

    「特に飛び抜けた存在が2人いると言える。ポール・スコールズとクリスティアーノ・ロナウドだ。ポール・スコールズは歴代最高のMFのひとりだった。彼のパスやビジョン、試合のテンポをコントロールするやり方は信じられないほどのものだったよ」

    「クリスティアーノは特別な選手だ。世界最高の選手のひとりになったね。彼が練習の中でやっていて、それから試合でも見せたようなことの中には、信じがたいようなものがいくつかあった。サッカー界の最も偉大な選手のひとりとしてずっと記憶されていくだろうね」

    過去に対戦した最高のGKとしては、マドリーとスペイン代表の守護神を長年務めた現ポルトのイケル・カシージャスを挙げた。

    「対戦した中で最高のGKはイケル・カシージャスだ。彼はサッカーで勝ち取ることのできるあらゆるものを勝ち取ってきた。歴代最高のGKのひとりだよ」

    また、対戦した中で最高のDFにはジョン・テリー、最高のMFにはシャビ・エルナンデス、最高のFWにはリオネル・メッシを挙げている。メッシには「史上最高の選手だと思う。一緒にピッチに立てたのは光栄だ」と賛辞を送った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160802-00000026-goal-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160706-00010005-soccermzw-000-1-view

    1: Egg ★@\(^o^)/2016/07/07(木) 06:52:51.74 ID:CAP_USER9
    昨季や代表では中盤も“モウ・ユナイテッド”の最前線へ

     マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督がイングランド代表主将で中盤にコンバートされていたウェイン・ルーニーの起用法について「中盤はありえない」と明言。FWとしての起用法にこだわる方針を明らかにしている。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

     30歳を迎えたユナイテッドの主将は昨季ルイス・ファン・ハール政権下でストライカーから中盤に役割をシフトさせた。欧州選手権で16強アイスランド戦で敗退したイングランド代表でも中盤でチャンスメーカーとして奮闘。新境地を開拓してきた。

     だが、今季就任したモウリーニョ新監督はルーニーの起用法に異論を唱えている。

    「彼はもはや背番号9(ストライカー)ではないのかもしれない。でも、彼は私にとって背番号6(守備的MF)ではありえない。ゴールから50メートル離れたところでプレーすることはない。私にとっては9番か10番か9.5番。6番や8番にはならない」

     指揮官はこう語った。トップやトップ下というゴールに近いポジション以外に、ルーニーを起用する考えはないという。

    「フットボールではフィールド上に様々な役割がある。ネットにボールを突き刺す人間を探すことがより困難だ。選手は年齢に応じて個性を変化させる。彼らも少し変わっていくのが普通だ。だが、ネットにボールを突き刺す、生まれながらの欲求は変わらない」

     こう断言したスペシャル・ワンは大黒柱ルーニーを最前線で起用する方針を明らかにした。今季パリ・サンジェルマンから加入した元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチと強力なタッグを組むことになりそうだ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160706-00010005-soccermzw-socc

    続きを読む

    このページのトップヘ