久保裕也

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20170329-00000073-sph-000-2-view

    スポーツ報知 3/29(水) 10:06配信

    ◆18年ロシアW杯アジア最終予選B組第7戦 日本4―0タイ(28日・埼玉スタジアム2002)

     28日に行われたサッカーロシアW杯アジア最終予選の日本―タイ戦(火曜・後7時)の
    平均視聴率(テレビ朝日系で中継)が20・0%の大台超えを果たしたことが29日分かった。

     昨年、同じテレビ朝日系で放送され、日本代表戦史上最高の21・8%を記録した
    11月15日のサウジアラビア戦には及ばなかったが、依然、高い数字となった。

     FIFAランク51位の日本はホームで同127位のタイに4―0で大勝した。
    FW久保裕也(23)=ゲント=が後半12分に2試合連続ゴールを決めるなど
    1得点2アシスト。23日のUAE戦と合わせて2得点3アシストの大活躍で、
    FW本田圭佑(30)=ACミラン=に代わる18年ロシアW杯の大黒柱に名乗りを上げた。
    FW岡崎慎司(30)=レスター=は日本代表史上3人目の通算50得点を決めた。

     瞬間最高視聴率は午後9時23分と午後9時25分の2回にわたって記録された
    25・4%だった。いずれも4点リードの後半ロスタイム、勝利をほぼ手中にした日本が
    懸命に守り抜いている瞬間だった。

     なお、UAE戦の模様は地上波のテレビ朝日系列のほか、NHK・BS1でも
    生中継されていた。(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170329-00000073-sph-ent

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160805-00477015-soccerk-000-3-view

    チャンピオンズリーグ(CL)プレーオフの組み合わせ抽選が行われ、対戦カードが決定した。UEFA(欧州サッカー連盟)の公式HP『UEFA.com』が伝えている。

     PK戦の末にシャフタール(ウクライナ)を破り、プレーオフ進出を果たしたFW久保裕也所属のヤング・ボーイズ(スイス)は、ボルシアMG(ドイツ)と対戦。リオ五輪日本代表MF南野拓実が所属するザルツブルク(オ-ストリア)はディナモ・ザグレブ(クロアチア)と激突する。

     その他、ポルト(ポルトガル)とロ-マ(イタリア)の強豪対決が実現したほか、マンチェスター・C(イングランド)はステアウア・ブカレスト(ル-マニア)との対戦が確定した。

     CLプレーオフの組み合わせは以下のとおり。ファーストレグは16日と17日、セカンドレグは23日と24日に行われる予定。

    ▼国内王者ルート
    ルドゴレツ(ブルガリア) vs ヴィクトリア・プルゼニ(チェコ)
    セルティック(スコットランド) vs ハポエル・ベエル・シェヴァ(イスラエル)
    コペンハーゲン(デンマーク) vs アポエル(キプロス)
    ダンダーク(アイルランド) vs レギア・ワルシャワ(ポーランド)
    ディナモ・ザグレブ(クロアチア) vs ザルツブルク(オーストリア)

    ▼国内上位クラブルート
    ステアウア・ブカレスト(ル-マニア) vs マンチェスター・C(イングランド)
    ポルト(ポルトガル) vs ロ-マ(イタリア)
    アヤックス(オランダ) vs ロストフ(ロシア)
    ヤング・ボーイズ(スイス) vs ボルシアMG(ドイツ)
    ビジャレアル(スペイン) vs モナコ(フランス)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160805-00477015-soccerk-socc

    続きを読む

    このページのトップヘ