川島永嗣

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160929-00010010-soccermzw-000-1-view

    Football ZONE web 9月29日 16時25分配信

     日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督はワールドカップ(W杯)アジア最終予選の
    本拠地イラク戦と敵地オーストラリア戦に、フランス1部メッツに第3GKとして加入し、
    出番のない川島永嗣を“応援団”として招集することを明らかにした。

     都内で記者会見に臨んだハリルホジッチ監督は最初のGKのメンバーを発表した。

    「GK3人です。西川は前回選びました。川島永嗣もここに連れていきたいと思っている。
    エイジはプレーしていないが、プレーしていないのは彼だけではない。我々、海外組が
    たくさんいて、12人ほど先発で出ていない。今回のリストは難しかった」

     昨季浪人生活を経て、スコットランド1部ダンディー・ユナイテッドに加入も
    2部降格という憂き目を見た川島は今季、フランス1部メッツに移籍した。だが、
    クラブが移籍発表時に「第3GKとして獲得」と発表するという異例の加入だった。

     そして、川島はトップレベルでの試合勘を再び失った状態でいる。だが、
    ハリル監督は川島にGKというポジションとは全く別の役割を求めている。
    チームを鼓舞する応援団としてSOSを出した。

    「エイジはメッツというチームの二軍でプレーしている。それでも悪くないはずだ。
    どういう状態かということ、グループの中で特別な役割を担ってもらわなくては
    いけない。発言力があり、チームに良いスピリットをもたらしてくれる。経験もある。
    厳しい戦いに、彼のグループの中での存在感が必要になる。彼がプレーするかは
    別問題だ。経験のある一人で期待している。特にコミュニケーションで、
    励ますところをやってほしい。この2試合、今までよりもメンタルを出さなくては
    いけない。そのためにエイジを呼ぶ」

    浪人生活や二部降格、そして現在、二軍生活という過酷な現実を生きている
    川島の発信力を生かし、周囲を励ます応援団として期待していると語った。


    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160929-00010010-soccermzw-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160912-00000060-dal-000-3-view

    女優の剛力彩芽(24)がスポーツライブストリーミングサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」のブランドアンバサダーに就任し、12日都内で行われた同社のPRイベントに登場した。

     父親が大のサッカー好きで今は一緒に応援するという剛力。「スポーツ選手はみんなカッコいい。サッカーでは(GKの)川島選手。キーパーが選手を後ろから見守っている姿がいいですね」という。

     スポーツ選手と芸能人の交際・結婚も多いが「申し訳ないですけど、スポーツ選手はテレビの向こう側で見ているイメージしかない。そういう機会に出会えたらいいですけどね…」と話すと、一緒にトークをしていたサッカー解説者の松木安太郎氏(58)が「剛力さんなら(サッカー選手は)全員『YES』じゃないですか」と強烈プッシュしていた。

    デイリースポーツ 9月12日 17時0分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160912-00000060-dal-ent

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    cached

    W杯アジア最終予選 日本―タイ (9月6日 バンコク)

    日本代表は6日、18年W杯ロシア大会アジア最終予選第2戦で、タイ代表とアウェーで対戦する。
    負ければバヒド・ハリルホジッチ監督(64)の解任を求める声が高まるのは必至の情勢。まさに背水の陣だ。
    前日会見では今までの強気な発言が影を潜め覇気を欠いた指揮官。
    日本と相性の悪いイラン人のモーセン氏が主審を務めることも判明し、大きなプレッシャーの中で自身の“大一番”に臨む。

    タイ代表宿舎の最上階で行われた前日の公式会見。会場にはテレビカメラ29台が並び、200人を超える記者が詰めかけた。
    ポロシャツ、短パン姿で現れたハリルホジッチ監督は、絶対に負けられないというプレッシャーなのか、表情は終始こわばったまま。
    「次の試合に向けて強い気持ちを持ってやる」。その言葉には、いつもの覇気と強気な姿勢はまるで感じられなかった。

    初戦のUAE戦は微妙な判定もあり、まさかの逆転負け。
    タイ戦は気持ちを切り替えて戦うべきところだが、この日になっても「本当にたくさんの時間をかけて準備してきたが、
    我々の庭で(勝利を)盗まれてしまった」と嘆き節全開。
    「私は負けると病気になる」と冗談交じりに話していた通り、いつもは熱弁を振るう会見で威勢は感じられなかった。

    86年W杯以降、アジア最終予選初戦で敗れ、本大会に出場したチームはない。
    さらにカタール人審判団だったUAE戦に続き、タイ戦はイラン人審判団となり、再び“中東の笛”が待ち受ける。
    しかも主審を務めるのは11年のアジア杯でGK川島に不可解なレッドカードを出したモーセン氏だ。
    3日夜には宿舎横の日本食レストランでスタッフも含めた決起集会を行い「選手を励ますことに努めた」と話した指揮官だが、
    自らが初戦の敗戦を引きずっている様子だった。

    FIFAランキングは日本の49位に対し、タイは120位。
    対戦成績は敵地で2勝2分け1敗とほぼ五分ながら、合計では14勝4分け2敗と圧倒している。
    それでも指揮官は「相手は得意な攻撃を展開してくる」と予想した上で「ただ我々は守備をするだけのためにここに来たわけではない。
    攻撃も準備したい」とまるで苦戦を予想するかのような弱気発言。
    UAE戦はシュート25本のうち、ペナルティーエリア内のシュートは16本を数え「うちはバルセロナではない。
    でも統計上はどの国にも劣らないほどチャンスをつくった。仕留めるところに問題がある」と自らに言い聞かせるように課題を口にした。

    着席して行った会見中には、右手の指を何度も小刻みに動かすなど落ち着かない様子をのぞかせた。
    日本代表は3カ国以上で最終予選が行われるようになった90年イタリア大会予選以降、2連敗を喫したことはなく、タイ戦はまさに背水の陣だ。
    6万人を超す観客が訪れ完全アウェーが予想される中、かつて「モスクワまで全部勝ちたい」と
    全勝でのW杯切符獲得を目標に掲げた「強気のハリル」は復活するのか。全てはタイ戦の結果次第だ。

     【過去の強気ハリル発言】


    ☆「大きなことを成し遂げる」(16年5月26日) キリン杯に向けたメンバー発表で「大きなことを成し遂げるために準備をする。
    日本協会のショーウインドーに美しいトロフィーを飾りたい。たくさん空きがあると聞いていますので」と優勝を宣言。
    母国のボスニア・ヘルツェゴビナと決勝で対戦したが、主力不在の相手に1―2で敗れた。

    ☆「ラグビー日本代表と同じ結果出せる」(16年3月28日) W杯アジア2次予選最終戦となったシリア戦の前日会見。
    15年W杯で強豪の南アフリカを倒したラグビー日本代表を引き合いに「5、6カ月の合宿をする時間があれば、私も同じ結果が出せる」と豪語。

    ☆「FIFAランク20位以内」(15年3月13日) 日本代表監督就任会見で「第1目標はW杯に出て決勝トーナメントに進出したい。
    アルジェリアでは52位のFIFAランクを17位(在任時の最高は19位)にした。日本でも同じことができると確信している」。
    18年W杯ロシア大会の16強進出とFIFAランク20位以内を目標に掲げた。

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/09/06/kiji/K20160906013305160.html
    2016年9月6日 05:30

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160825-01630618-gekisaka-000-2-view

    日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は25日、都内のJFAハウスで記者会見を行い、
    9月1日のW杯アジア最終予選・UAE戦(埼玉)、6日の同タイ戦(バンコク)に臨む日本代表メンバー24人を発表した。

    GKは西川周作(浦和)、東口順昭(G大阪)、林彰洋(鳥栖)の3人。
    林が3月のW杯アジア2次予選以来の復帰となり、GK川島永嗣(メス)の招集が見送られた。

    今季よりフランス・リーグ1のメスに加入した川島だが、開幕から2試合連続でメンバー外となっていた。
    ハリルホジッチ監督は「(川島)永嗣には昨日も電話したが、まだ労働許可証が十分にそろっていないという話もあった」と指摘。

    まだ、プレー環境が整っていない部分もあるのかもしれないが、
    チーム内では第3GKという位置づけで、厳しいポジション争いが待っているのも確かだ。

    「西川、東口、林。この3人を私は今のところ信頼している」。

    そう力説した指揮官は「(所属クラブで)先発で出られない場合には、
    この3人にも入れない」と、川島への期待も込めて厳しいゲキを飛ばした。

    ゲキサカ 8月25日(木)18時8分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160825-01630618-gekisaka-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160805-00476865-soccerk-000-2-view

    リーグ・アンのFCメスと契約した日本代表GK川島永嗣は5日、自身の公式ブログ(http://globalathlete.jp/eiji-kawashima/294)で入団記者会見を行ったことを明かした。

     川島はブログ内で「オリンピックの開幕と丸かぶりで日本のメディアが全くいないという(笑)」と綴り、「なので海外に来て初めて、すべて現地のメディアのみで行われました。もちろん全部フランス語。勉強しておいて良かった。。(笑)」と記者会見の状況を報告した。

     また、「そして背番号はなんと、『16番』新しい(笑)。色んな意味でまた上を目指すモチベーションが盛り沢山です!」と新天地で新たな番号を背負うことを明かし、「クラブもスタッフも選手も、そして街もとてもいい感じです! ここからまた新たなチャレンジ! 応援宜しくお願いします!」と新たな挑戦への決意を記した。

     川島は1983年生まれの33歳。2010年夏に川崎フロンターレからベルギーのリールセへ移籍。2年間プレーすると、2012年夏には同国内の上位クラブであるスタンダール・リエージュと3年契約を締結した。2015年夏に契約満了に伴って同クラブを退団すると、同夏の移籍市場では移籍先が決まらず、2015年末にダンディー・ユナイテッドに入団することが発表。約半年の在籍で同クラブを退団し、無所属の状態で新たなクラブを探していた。

     FCメスは2014-15シーズンにリーグ・アンで19位となり、リーグ・ドゥ(2部)に降格したが、昨シーズンは3位となり、1年での1部復帰を果たしている。今シーズンのリーグ・アンは、8月12日に開幕し、FCメスは13日にホームでリールと対戦する。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160805-00476865-soccerk-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    メスがGK川島を1年契約で獲得「ようこそ!」と歓迎も厳しい立ち位置に
     
    フランス1部メスが日本代表GK川島永嗣を1年契約で獲得したと発表したが、
    クラブ公式サイトでは「第3GK」と文章で明言し、厳しい立ち位置であることをいきなり紹介している。

    「ようこそ!」

    公式サイトでは日本語で川島の加入を歓迎したメスだが、
    昨季浪人生活の末に加入したスコットランド1部ダンディー・ユナイテッドで2部降格という憂き目を見た川島に対する厳しい評価を明らかにしていた。

    川島の日本代表での実績やリールセ、スタンダール・リエージュでのプレー経験を紹介しつつも、
    リーグ開幕2週間前にやってきた新天地でのGKの立場は決して高いとは言えないものだった。

    「彼は3番目のGKとして務めることになる」

    「2016ー17年シーズンのメスのGKのヒエラルキー(階層)では3番目となるエイジ・カワシマはディディロン・トーマスクロートとダビド・オベルハウザーに豊かな経験をもたらすことになる」

    ふたりの若手GKとの序列を覆せるのか

    公式サイトでは20歳のディディロンと25歳のオベルハウザーに次ぐ、第3GKであると川島は苦しい序列であることを再三明確にされている。
    入団発表でのいきなりの3番手宣告は異例とも言える処遇となっている。

    GKの場合、チームの連敗や故障など大きなアクシデントがなければ、控え選手がポジションを手にすることは難しい。
    昨季2部3位で1部復帰を果たしたメスで、これまでの経験値を評価されている川島は逆境の中、出場機会を手にすることができるのだろうか。

    2016.08.02 (Tue) football-zone
    http://www.football-zone.net/archives/37882

    メス公式
    http://www.fcmetz.com/2016-2017/actualites/equipe-pro/eiji-kawashima-en-renfort

    写真
    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160704-00000233-sph-000-3-view

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/07/05(火) 08:22:58.02 ID:CAP_USER9
    ギリシャ1部リーグの強豪パナシナイコスが日本代表GK川島永嗣(33)=ダンディーU=の獲得に乗り出していることが4日、分かった。
    関係者によると、条件面などの話し合いも行われており、交渉が順調に進めば欧州4クラブ目の移籍となる。

    日本代表守護神の新天地にギリシャが浮上した。川島は今年1月、スコットランド1部のダンディーUに加入した。
    16試合に出場し、5勝3分け8敗とラストスパートに貢献するも、加入前の成績不振が響いて2部に降格。
    契約が満了する川島には、複数クラブが興味を示し、欧州の代理人関係者は「パナシナイコスと前向きな話し合いがなされている」と言う。
    また、フランス2部のレッドスターFCとも交渉しているという。

    パナシナイコスは1908年創立のアテネの名門クラブで1部リーグ優勝20回を誇る。
    昨季は3位で今季の欧州カップ戦は欧州リーグ予選3回戦から登場。監督はイタリア人のストラマッチョーニ氏(40)。
    スウェーデン代表FWベリ(29)、元ガーナ代表MFエシエン(33)らが所属する。

    川島は10年の南アW杯後、ベルギー1部のリールセから欧州挑戦し、12年にスタンダール・リエージュに移籍した。
    15年6月に退団すると、半年間無所属になり、代表招集も見送られた。
    しかし、ダンディーUで活躍し始めた3月、18年ロシアW杯アジア2次予選で約9か月ぶりに代表招集。
    6月3日のキリン杯・ブルガリア戦で約1年ぶりに国際Aマッチに出場した。ギリシャの強豪からロシアW杯を目指す可能性が出てきた。

    ◆川島 永嗣(かわしま・えいじ)1983年3月20日、埼玉県生まれ。33歳。2001年、浦和東高から大宮に入団。
    名古屋、川崎を経て10年7月、ベルギー1部のリールセに移籍。
    同スタンダール・リエージュを経てスコットランド・プレミアリーグのダンディーUに加入した。
    日本代表は、08年2月17日の東アジア選手権・北朝鮮戦で国際Aマッチデビーし72試合73失点。
    14年9月10日、コロンビア人ハーフの女性と結婚。15年12月3日に第1子の長男が誕生。185センチ、82キロ。血液型O。


    続きを読む

    このページのトップヘ