日本代表

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    日本サッカー協会が29日、ロシアW杯アジア最終予選のイラク戦(10月6日、埼玉スタジアム)、
    オーストラリア戦(同11日、メルボルン)に臨む日本代表メンバー26人を発表した。

    岡崎慎司(レスター)や香川真司(ドルトムント)ら日本代表の主力の多くが所属クラブで定位置を確保できていないことや、
    試合への準備時間の短さなど、構造的な問題を多く抱えている中、
    ハリルホジッチ監督は「言い訳をしていると書かないで下さい」と呼びかけた上で、代表チームの現状を訴えた。

    今月のアジア最終予選では日程の都合で清武弘嗣(セビージャ)、
    原口元気(ヘルタ)が試合2日前の合流になるなど、準備時間は不十分だった。

    また、そもそも合宿日程がタイトなため、集まってすぐに多くの項目の戦術練習を実施。
    ハリルホジッチ監督に言わせれば「45分間で9個のテーマを成し遂げた。やり過ぎたかなと思った」という状況だった。

    「ビデオミーティング中に寝ている選手もいた」と疲弊した選手がいる中で
    「しかし、私は戦術のトレーニングをしないといけない」という現状を説明したハリルホジッチ監督。

    報道陣から「就任前から状況は把握していたはず。
    言い訳ではないとおっしゃるが、言い訳にしか聞こえない」という質問を受けると、スイッチが入った。

    「その意見は尊重しますが、その意見を言う能力があなたにあるのか」と反論。
    「私は日本のプロジェクトに深く入り込んでいます。初日から、サインした時から100%プロジェクトに入り込んでいます。

    会長も信頼しています。大仁前会長も信頼しています。
    そして、彼らは何をすべきか把握してくれています」と協会側と信頼関係で結びついていることを強調した。

    報道陣に対しては「フットボールの知識を身につけてほしい。今の日本代表がどのような発展を遂げたか。

    特にオフェンス面ですね。毎試合、見られていれば分かると思うが、
    私が就任する前とした後で新しいところが見られたと思います」などと、まくしたてた。

    さらに、「(日本を)私の目的はもっともっと日本のフットボールを向上することですから、
    いつか世界の強豪国と対等に渡り合えるまでにしたいと思っています。

    (現状は)トレーニングをグラウンドでする時間がほとんど与えられていない。これは言い訳ではない」と反論。
    この質問について「皮肉な冗談かなと受け止めた」としつつ、

    「それを皆さんから言われても何か変わるのか。私は何をしなければならないか分かっています。
    A代表の発展を見てください。就任してからの統計、数字も明らかになっています」と自身の手法や成果に問題はないとした。

    日本協会の田嶋幸三会長は「現状を説明してくれたと認識しています。
    先ほども長い時間、話しました。どう戦って、このイラク戦をどう戦うか説明を受けています。
    現状の中でイラク戦に勝つための準備を十分していると認識しています」とハリルホジッチ監督の考えや発言に理解を示した。

    デイリースポーツ 9月29日(木)16時40分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160929-00000077-dal-socc

    写真
    no title


    「私は泣きません、言い訳しません」 強気と弁解が入り混じった90分超の“ハリル節”
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160929-00010017-soccermzw-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160929-01631701-gekisaka-000-5-view

    29日に発表された10月6日のW杯アジア最終予選イラク戦、11日の同オーストラリア戦に臨む日本代表メンバー26人に、鹿島アントラーズMF永木亮太が唯一の初選出を果たした。

     15年12月に国内組を集めて行われたスタッフ・選手ミーティングに参加した永木は、16年3月の日本代表候補合宿に追加招集されていたものの、A代表選出は初めて。しかし、A代表を率いるバヒド・ハリルホジッチ監督は「長い間、追跡した選手」と常に注視していたことを明かした。

     今季、湘南から鹿島に移籍した永木は第1ステージの先発出場こそ2試合にとどまったものの、第2ステージに入ると出場機会を増やし、第13節終了時点で7試合でスターティングメンバーに名を連ねている。

     ハリルホジッチ監督は「存在感を出しているし、呼んでみたいと思った」と話すと、イラク、オーストラリアとの連戦の中で、特に「オーストラリア戦で必要になると思った」ようだ。その理由は「しっかりとボールを奪える選手」だということ。指揮官はオーストラリアを「アジア最強」と評したように、ボールを握られる展開も予想しており、その中で“ボールを奪える選手”が重要だと考えている。

    「長谷部(誠)、山口(蛍)、永木はボールを奪える選手。コンタクトやデュエルを怖がらない選手たちだ」と期待を寄せるハリルホジッチ監督。前回の候補合宿で「爪痕を残したい」と語っていた永木は、指揮官が求めるものをピッチ上で体現してアピールを狙いたい。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160929-01631701-gekisaka-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160929-00010011-soccermzw-000-1-view

    「海外組は12人試合に出ていない」と嘆きながらも重用

    日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は、ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の本拠地イラク戦と敵地オーストラリア戦でACミランFW本田圭佑、
    ドルトムントMF香川真司ら所属先でベンチ要員となっている主軸を招集した。その一方、Jリーグで出場している国内組の招集はFWとMF部門でわずか4選手。
    だが、出番を失っているかつての主軸を継続招集する理由は「外せばメンタルが壊れる」と説明しており、クラブで出番を失った一部選手への過保護な一面を自ら暴露している。

    代表メンバー26人を発表したハリル監督は日本サッカー界の苦境について、会見の冒頭で「海外組は12人試合に出ていない」と嘆いた。
    それでも本田や香川を筆頭に、太田宏介、長友佑都、吉田麻也、長谷部誠、清武弘嗣、宇佐美貴史、武藤嘉紀、岡崎慎司らクラブで先発の座を手にできていないメンバーを招集した。

    「主力が出ていない現状をどう思うか。特に1試合目、コンディションに問題あるならJリーガーを優先するのか」

     こう質問されたハリル監督は、レギュラーで試合に出ている国内組よりも、ベンチを温める海外組を重用する理由を明らかにしている。

    「国内組の話からさせてもらう。毎試合、我々のスタッフが見ている。50人ほどを調査している。その中に選手の入れ替わりもある。そして全員で分析している。
    永木(亮太/鹿島)や齋藤(学/横浜FM)、中村憲剛、大島(僚太)、小林悠(いずれも川崎)という国内組。中島翔哉(FC東京)も好きだ。井手口(陽介/G大阪)もそう。
    こういったところに入れていいか、追跡していこうという選手だ。合宿に毎回若い選手を呼んで、自信を持たせる仕掛けをしている。ただし、良い選手でなければならない」

    国内組のスカウティングも積極的に続けていることを明らかにしながらも、海外組の置かれた環境の熾烈さを強調している。

    「海外との比較だが、香川真司の競争の状況を想像してほしい。ドルトムントは世界でも有数の選手がいる。誰と競争しているか。シュールレとゲッツェだ。
    かなりのハイレベルな選手だ。そしてグループに残り続けるため、先発を取るために狂ったように練習しなければいけない。必死にやらないと簡単に落ちる」

     日本代表の背番号10・香川は、9月のW杯最終予選2試合で不振に陥り、故障も重なってドルトムントで出場機会を得られていない。
    ライバルはドイツ代表FWアンドレ・シュールレ、同MFマリオ・ゲッツェという実力者のみならず、今季新加入で大ブレーク中のポルトガル代表MFラファエル・ゲレーロという逸材もいる。

     また、今季ハノーファーからセビージャに移籍した清武弘嗣についても指揮官は言及。「清武もそうだ。ナスリと競争しなければならない。
    CL(UEFAチャンピオンズリーグ)に出るチームで競争している。先発を取るのは簡単ではない」と、マンチェスター・シティから期限付き移籍で加わったナスリとの争いに触れた。
    ただその一方で、香川と清武には今まで以上の努力を強く求めている。

    「本田や長友、長谷部もそうだ。毎週電話して確認をしている。彼らが出られなかった時に、どのような補足トレーニングが必要かを彼らは把握している」

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160929-00010011-soccermzw-socc


    「先発じゃないのか、さよならとはいかない」

     ワールドクラスのタレントと争う香川に比べれば、本田や長友らは比較的ポジションを確保しやすい状況とも言えるが、
    それでも苦戦を強いられている。そうした影響もあり、個別にトレーニングを命じているという。

    「良い選手なら日本代表に入れる。だが、本田や長谷部よりうまい選手がいるかを見たい、確認したい。今回は本当に問題がたくさん起きすぎている。
    速いスピードのゲームに準備できていなければ、それが問題になる。イラクではテストすることになる。まずは選手の野心が気になる」

     指揮官はこう語った。試合勘を失った本田ら海外組よりもいい選手が見当たらないと力説する一方で、会見の最後に本音を漏らした。

    「本田、岡崎、真司(香川)、清武、先発じゃないのか、さよならとはいかない。
    7年、8年と日本に尽くしてきた選手を外せばメンタルが壊れる。信頼を与えるから、ピッチで見せてくれと。それが私のやり方だ」

     クラブで出番を失い、代表でもお払い箱となってしまえば、主力が正常な精神状態でいられないと危惧しているという本音を指揮官は漏らした。
    厳しい練習と正当な競争原理を選手に突きつけているハリル監督だが、代表の主軸とされてきたメンバーには過保護な方針であることを自ら語る形となった。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160929-00010010-soccermzw-000-1-view

    Football ZONE web 9月29日 16時25分配信

     日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督はワールドカップ(W杯)アジア最終予選の
    本拠地イラク戦と敵地オーストラリア戦に、フランス1部メッツに第3GKとして加入し、
    出番のない川島永嗣を“応援団”として招集することを明らかにした。

     都内で記者会見に臨んだハリルホジッチ監督は最初のGKのメンバーを発表した。

    「GK3人です。西川は前回選びました。川島永嗣もここに連れていきたいと思っている。
    エイジはプレーしていないが、プレーしていないのは彼だけではない。我々、海外組が
    たくさんいて、12人ほど先発で出ていない。今回のリストは難しかった」

     昨季浪人生活を経て、スコットランド1部ダンディー・ユナイテッドに加入も
    2部降格という憂き目を見た川島は今季、フランス1部メッツに移籍した。だが、
    クラブが移籍発表時に「第3GKとして獲得」と発表するという異例の加入だった。

     そして、川島はトップレベルでの試合勘を再び失った状態でいる。だが、
    ハリル監督は川島にGKというポジションとは全く別の役割を求めている。
    チームを鼓舞する応援団としてSOSを出した。

    「エイジはメッツというチームの二軍でプレーしている。それでも悪くないはずだ。
    どういう状態かということ、グループの中で特別な役割を担ってもらわなくては
    いけない。発言力があり、チームに良いスピリットをもたらしてくれる。経験もある。
    厳しい戦いに、彼のグループの中での存在感が必要になる。彼がプレーするかは
    別問題だ。経験のある一人で期待している。特にコミュニケーションで、
    励ますところをやってほしい。この2試合、今までよりもメンタルを出さなくては
    いけない。そのためにエイジを呼ぶ」

    浪人生活や二部降格、そして現在、二軍生活という過酷な現実を生きている
    川島の発信力を生かし、周囲を励ます応援団として期待していると語った。


    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160929-00010010-soccermzw-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160929-01631690-gekisaka-000-2-view

    ▽GK
    西川周作(浦和)
    東口順昭(G大阪)
    川島永嗣(メス)

    ▽DF
    酒井宏樹(マルセイユ)
    酒井高徳(ハンブルガーSV)
    長友佑都(インテル)
    太田宏介(フィテッセ)
    吉田麻也(サウサンプトン)
    槙野智章(浦和)
    森重真人(FC東京)
    丸山祐市(FC東京)
    植田直通(鹿島)

    ▽MF
    長谷部誠(フランクフルト)
    山口蛍(C大阪)
    柏木陽介(浦和)
    永木亮太(鹿島)
    香川真司(ドルトムント)
    清武弘嗣(セビージャ)
    大島僚太(川崎F)

    ▽FW
    本田圭佑(ミラン)
    小林悠(川崎F)
    宇佐美貴史(アウクスブルク)
    原口元気(ヘルタ・ベルリン)
    岡崎慎司(レスター・シティ)
    武藤嘉紀(マインツ)
    浅野拓磨(シュツットガルト)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160929-01631690-gekisaka-socc
    ゲキサカ 9月29日(木)15時16分配信

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    Homepage_masthead_1111
     
    中国メディアの今日頭条はこのほど、日本サッカー界はすでに世界から尊重される力をつけることに成功したと伝え、その力の源は「少年時代から選手を育てる日本の方法」をにあると伝えている。

     記事はまず日本のジュニアユースチームに所属する日本人の子どもたちが上海で中国スーパーリーグを観戦したことを紹介。その際、子どもたちはノートに観戦から得た多くの戦術が書き込まれていたという。ただ試合を観戦するのではなく、盗めることは盗もうとする日本のサッカー少年の貪欲さに、「日中ユースの差はちょっとどころじゃない」と指摘した。

     続けて、日本のユースチームが小学生の段階から「一貫制指導」を採用しており、「コーチは選手個人の成長に合わせてトレーニング内容を変えていく」と説明、さらにユースチームの少年たちの環境は「プロ選手に直接触れる機会もあり、サッカーに打ち込む思いをさらに強く促進する作用がある」と指摘した。

     また記事は、日本の場合は本田圭佑選手のようにユースで伸び悩んでも高校のサッカー部で花を咲かせてプロ選手になるケースもあると紹介。日本には少年少女たちがレベルに応じてサッカーに打ち込む環境があり、こうした環境のもとで日本サッカーは強くなってきたのだと指摘した。

     記事は日本のジュニアユースチームに所属する子どもたちがすでに多くの戦術を観察する力を有していることに驚嘆しているが、これは間違いなく良質な訓練の成果であり、またこの良質な訓練の目標がプロ選手の育成にあることは明らかだ。訓練と明確な目標の設定は一体の関係にあるが、子どものころからプロ選手になるという目標を持たせ、またそのための訓練を施す環境こそ、日本サッカーが近年成長している理由なのだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

    http://news.searchina.net/id/1619747?page=1

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    soc1609271550001-p1

    ■サッカー明治安田J1第2ステージ第13節(25日、川崎市等々力陸上競技場ほか=9試合)

    川崎が横浜Mに3-2で競り勝ち、広島を下した首位・浦和とともに年間王者を争うチャンピオンシップ(CS)進出を決めた。

    川崎はクラブ史上初のCS出場となり、MF中村憲剛(35)は安堵の笑みを浮かべた。

    「第2ステージ優勝と年間1位を目指しているけど、チャンピオンシップの挑戦権を獲得できたのはよかった」

    ホームで臨んだこの日の試合は、後半39分にMF三好が2点目を決めて優位に進めていた。

    だが負傷交代などがあり、ロスタイムは9分。これがドラマのクライマックスタイムとなった。

    立て続けに2点を失い同点に追いつかれたが、日本代表FW小林が値千金の決勝ゴール。

    中村の右CKが起点となった劇的勝利だったが、その本人は「今までの川崎なら勝てていなかった」と興奮気味に振り返った。

    チームは勝ち点「28」で2位に浮上。ボランチとして中村は献身的なプレーで支えているが、ハリル・ジャパンからも期待を受けている。

    日本代表は10月にW杯アジア最終予選のイラク戦(6日・埼玉)、オーストラリア戦(11日・メルボルン)に臨むが、

    初戦UAE戦で黒星スタートとなるなど苦戦中。原因はボランチが機能していないことで、中村の絶妙な“舵取り”ぶりが求められている。

    この日の横浜戦でも、9月の最終予選で代表デビューを果たしたMF大島とWボランチを組み、見事なコンビネーションをみせると、得意のタテパスで何度も決定機を作った。

    中村は日本代表への招集に関しての発言を封印しているが、ハリルホジッチ監督が若手の一番手として期待する大島との好連携を披露し「CS出場権」という結果を出したことで、

    代表復帰への条件が完璧に整った格好。後はベテラン嫌いのハリルホジッチ監督が腹をくくるだけだ。 (夕刊フジ編集委員・久保武司)

    2016.09.27
    http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20160927/soc1609271550001-n1.htm

    SAMURAI BLUE(日本代表)メンバー発表記者会見のインターネットライブ配信決定
    9月29日(木) 15:00(予定)

    http://www.jfa.jp/news/00011066/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    「彼には爆発的なスピードがある」(ハリルホジッチ監督)。
     
    縦に抜くのも、カットインするのも、自由自在だ。その突破を止めようと相手が出してきた足を軽やかにかわし、ゴールに向かって突き進む。
    Jリーグで今、横浜の齋藤学ほど、キレまくっているドリブラーは、おそらくいないだろう。
     
    2-3と死闘を演じた先日の川崎戦でも、持ち前の突破力は随所に発揮されていた。ロスタイムには、相手のパスミスをかっさらい、ペナルティエリア内に侵入。
    細かいステップで迫りくるDFとGKの態勢を崩し、最後は伊藤の同点弾をアシストしてみせた。
     
    今年の3月シリーズ(ロシアワールドカップ・アジア2次予選)では、24日のアフガニスタン戦で負傷した小林の離脱に伴い、追加招集された。
    ハリルホジッチ監督は「FWとして真ん中もできるし、サイドもできると思っている。彼には爆発的なスピードがある。
    身長は小さいが、テクニックに関しても問題はない」と評価。しかし、29日のシリア戦にベンチ入りしたものの、出場はなかった。
     
    代表でポジションを争うとすれば、4-3-3の左ウイングだろう。原口、宇佐美、清武らがライバルとなり、
    とりわけ原口はヘルタ・ベルリンでレギュラーの座を掴み、充実のシーズンを送っているだけに“強敵”だ。
     
    原口もドリブル突破を武器としており、いわば齋藤と同タイプである。ただ、原口も齋藤も、左だけでなく右も遜色なくこなすことができる。
    ハリルジャパンの右ウイングは本田の“指定席”だが、その本田は今季、ミランで思うように出場機会を得られていない。
     
    それは宇佐美にしても同様で、試合勘で言えば、本田や宇佐美より、齋藤のほうがはるかにある。
    右ウイングでは小林の存在も無視できないが、それでも齋藤につけ入る隙は十分にあるはずだ。
     
    原口と齋藤。突破力のあるふたりが左右のウイングに名を連ね、両サイドから果敢に仕掛けて、攻撃をリードする。
    特に、大柄な選手が揃うオーストラリア相手には、彼らのスピードと打開力は脅威になるはずで、バイタルエリアでファウルをもらえれば、セットプレーのチャンスも広がる。
     
    遅々として進まない日本代表の世代交代を考えても、原口や清武らロンドン五輪世代のさらなる台頭は必須。26歳の齋藤にかかる期待は、決して小さくない。
     
    取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

    SOCCER DIGEST Web 9月28日(水)12時0分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160928-00019153-sdigestw-socc

    写真
    no title


    動画 スカパー!ハイライト 2016/9/25 J1 2nd第13節 川崎F vs 横浜FM
    http://soccer.yahoo.co.jp/jleague/video/player/128086

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160927-00018953-sdigestw-000-9-view

    根拠1──初戦黒星による精神的なダメージ。

     日本はこのままでロシア・ワールドカップに辿り着けるのか。アジア最終予選の初戦で格下と目されたUAEに逆転負けを喫し、さらに「1998年のフランス大会以降、アジア最終予選で黒星スタートのチームは予選突破の確率が0パーセント」と不吉なデータもあることから、このところハリルジャパンの危機説をあちらこちらで耳にするようになった。
     
     確かに、UAE戦を「たかが10分の1の敗戦」と楽観的に捉えるのは危険だ。2戦目でタイに勝利したが、最終予選において勝点3が必須のホームゲームで引き分けにさえ持ち込めなかったのはやはり痛い。しかも、極めて重要な初戦で──。
     
     なにより懸念されるのは、精神的なダメージだ。勝ち星を重ねて〝貯金した後〞に黒星を喫した過去2大会の最終予選(ブラジル大会の最終予選は6戦目で、南アフリカ大会は最終戦で初黒星)と違って、今回はいきなり借金を背負わされた格好である。
     
     その分余裕がなく、「もう負けられない」というプレッシャーが大きなミスにつながる可能性はある。実際、数多くのチャンスがありながら2ゴールしか奪えなかったタイ戦の決定力不足も、余裕のなさが原因だったと、そんな見方もできなくはない。
     
     おそらく10月シリーズのイラク戦(ホーム)とオーストラリア戦(アウェー)は、「もう負けられない」というプレッシャーとの戦いにもなるはずだ。開幕2連敗で後がないイラクは死に物狂いで挑んでくるだろうし、一方で開幕2連勝のオーストラリアは紛れもなくグループ最大の難敵。強靭なメンタルが求められるこの2試合のうちひとつでも落とすと、日本は崖っぷちに立たされる。
     
     というのも、データで判断するかぎり、過去5大会のアジア最終予選で3敗以上したチームは本選に辿り着いていない。例えば、日韓大会のUAEはアジア地区プレーオフ、ドイツ大会のバーレーンは北中米&カリブ海地区との、南アフリカ大会のバーレーンはオセアニア地区との、ブラジル大会のヨルダンは南米地区との大陸間プレーオフでいずれも敗退。
     
     要するに、今回各グループの3位に入ってプレーオフの出場権を手にしたとしても、本大会への道のりは極めて険しいのだ。アジア勢にとって大陸間プレーオフは鬼門になっているのである。
     
    ●アジア地区プレーオフ(第1戦:17年10月5日 第2戦:17年10月10日)
    最終予選の各組3位の2か国がホーム&アウェー方式で戦う。勝者が大陸間プレーオフに。
    ●大陸間プレーオフ(開催期間:17年11月予定)
    アジア地区プレーオフの勝者が北中米&カリブ海地区の5次予選の4位(アメリカ、パナマ、 ホンジュラス、コスタリカ、メキシコ、トリニダード・トバゴのいずれか)とホーム&アウェーで 戦う。勝者が本大会出場権を獲得。


    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160927-00018953-sdigestw-socc&p=1

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1b2ec0df-3b25-47a6-9ca8-b6d9452c6d79

    日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(64)は27日、都内のJFAハウスでスタッフ会議を実施。
    協会関係者によれば、一部スタッフから10月に行われるW杯アジア最終予選
    (6日=イラク戦、11日=オーストラリア戦)の切り札として、ケルンで2戦連続得点中のFW大迫勇也(26)を猛プッシュする声があったことが判明。
    29日に予定される日本代表メンバー発表が注目される。

    議題に上がったのはドイツで爆発中のストライカーだった。この日、日本代表スタッフがJFAハウスに集結。
    29日の日本代表メンバー発表に向けた選考過程で約4時間、意見をぶつけあった。
    関係者によれば、一部スタッフからは「イラク、オーストラリア戦ではセットプレーが鍵になる。
    大迫が必要」との声が上がり、猛プッシュされたという。

    絶好調だ。25日のライプチヒ戦はワントラップで相手DFを置き去りにして2戦連発。
    ポストプレー、体の使い方など万能ぶりには定評があり、13年7月の東アジア杯オーストラリア戦では代表初得点を含む2得点。
    代表では15年6月のW杯アジア2次予選シンガポール戦以来招集がないが、フィジカルが強く、力の拮抗(きっこう)した相手にも実績がある。
    9月はUAE戦で岡崎、タイ戦で浅野を1トップで起用したが、FWの適性なら大迫も負けていない。

    欧州で結果を残しているのも心強い。先週末は本田、香川、岡崎らが軒並み出番なし。
    会議に出席した手倉森コーチによれば、ハリルホジッチ監督は「ドラマチックなことが起きている」と嘆いたという。
    日本協会の霜田技術委員は「新たなマネジメントが必要」と明かす。
    代表期間中に出場時間の乏しい欧州組に負荷をかけたメニューを組むなどコンディションを上げる必要が出てきた。
    ケルンでレギュラーの大迫には無用の心配だ。

    協会関係者によれば、メンバーの人選はほぼ固まったが、まだ一部入れ替えがあり、人数も23人プラスアルファになる可能性が高い。
    新たなFW候補には問題行動で追放処分中の金崎(鹿島)、25日に視察した長沢(G大阪)らもいる。
    手倉森コーチが「(人選に)幅を持たせるような会議」と言えば、霜田技術委員は「最後は監督が自分で考えると言っていた」と明かす。
    自身の進退も懸かる重要な2戦に向けハリル監督が決断を迫られている。

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/09/28/kiji/K20160928013434960.html
    2016年9月28日 05:30

    続きを読む

    このページのトップヘ