本田圭佑

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    rakuten

    日本代表のFW本田圭佑(30=ACミラン)が、6日のW杯アジア最終予選タイ戦(アウェー)に向け、順調に仕上げた。

     5日はバンコク郊外にある試合会場で非公開調整。冒頭15分間だけ報道陣に公開されたウオーミングアップでは、集団の最後尾を真剣な表情で黙々と走った。短い距離のダッシュでも、先発復帰する可能性があるMF山口と1番最後の列で黙々と走り込んだ。

     タイ戦に向けた実戦練習は非公開で行われ、本田は先発組に入った可能性が高い。出場したW杯予選は、昨年9月3日の2次予選カンボジア戦から7戦連発中。まさかの黒星を喫した1日UAE戦も、唯一のゴールを挙げている。

     この日は日本協会が指定した取材対応日ではないため、本田はひと言も話すことなく、左手にスパイクを持って移動用のバスに乗り込んだ。

     現地は試合時刻になっても気温31度湿度70%と蒸し暑い。本田には、日本に最終予選初勝利をもたらすゴールが期待される。

    http://www.nikkansports.com/m/soccer/japan/news/1705609_m.html?mode=all

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160904-00018645-sdigestw-000-6-view

    ハリルジャパンの攻撃は、場当たり的な個人の即興に頼っている。

    1-2で敗れたUAE戦では、過去の日本代表戦で何度か見られた光景が繰り返された。
    ボールポゼッションで圧倒的優位に立ちながらも、守備を固める相手からなかなかゴールを奪えない。
    次第に手詰まりになり、明確な意図なく上げたクロスを撥ね返され続け、そのまま試合終了の笛が鳴ってしまう。
    UAE戦では、そうした”悪い時の日本代表”の姿を露呈した。
     
    終始高い位置を取り、サイド攻撃の主役になった右SBの酒井宏は言う。
     
    「(修正点は)最後のフィニッシュのところ。今日も多かったのでね。僕も含めて最後の部分の質は(問題が)あったと思います」
     
    相変わらずの課題には閉口するほかないが、興味深かったのは次の言葉だ。
     
    「でも、あれだけ引かれると、クロスも難しいですね。全然(中央に)空いているところがないので。
    もっと仕掛けても、良かったかなっていうのもあります」
     
    日本代表は、なんとか同点にしようと左右のSB(酒井宏と酒井高)を思い切って高い位置に張らせてサイドから打開を狙った。
    しかし、先の酒井宏の言葉にもあるように、クロスを供給する側にはターゲットが見えていなかったのだ。

    それも当然だろう。相手がべったりとゴール前に張り付いているにも関わらず、日本はクロスのターゲットを増やさなかった。
    ハリルホジッチ監督の選手交代は、岡崎→浅野だ。クロス攻撃が増えるあの局面であれば、交代で下げるべきなのは香川ではなかったか。
     
    本誌解説者の金田氏もこう言っている。
     
    「後半は相手の足が止まったから、W酒井(酒井宏、酒井高)の攻撃回数はより増えた。
    クロスの精度は低かったけど、だとすれば、浅野と交代させるのは岡崎でなく香川だった。
    何度もクロスを入れるのであれば、1トップではペナルティエリア内の人数が足りない。
    香川は中央の狭いエリアで足もとにボールを受けて、コンビネーションで崩すタイプ。
    ヘディングで相手CBに勝てるとは思えない。だとすれば、ヘディングの強い岡崎と浅野の2トップにするべき。
    クロスのコースをふたつ作ってあげれば良かったんだ」
     
    ハリルホジッチ監督には、香川がヘッドでゴールを決めたキリンカップ・ブルガリア戦の残像が残っていたかもしれない。
    しかし、決して空中戦が得意とは言えない香川の本質を考えれば、明らかにシチュエーションを見誤った交代だ。
     
    加えて、サイド攻撃に変化を付けられなかったのも問題と言える。
    サイドにボールが入ってもコンビネーションがなく、SBはほとんどの場面で単独で縦に突破を仕掛け、クロスを供給していた。
    つまり、中央の守備をまったく揺さぶれないまま、「空いているところがない」(酒井宏)ゴール前にクロスを入れていたのである。
    これでは、撥ね返されるのも当然だろう。

    単調にクロスを入れるのではなく、サイドチェンジを繰り返して相手の陣形を崩すなり、
    中央へのカットインで相手をひきつけてスペースを作るなり、崩しのアイデアが欠けていたのは残念と言うほかない。

    あるいは、宇佐美がエリア内で倒された場面のような仕掛けを増やせば、チャンスは広がったかもしれない。
    しかし、今のハリルジャパンには、それを徹底させるチーム内の規律がなく、場当たり的な個人の即興に頼っているように見える。
     
    UAEほどではないにせよ、9月6日に対戦するタイもゴール前を固めてくるだろう。
    まさかの黒星スタートとなったUAE戦と同じミスを犯すようだと、取り返しのつかないことになる。

    SOCCER DIGEST Web 9月4日(日)9時0分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160904-00018645-sdigestw-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160902-00018628-sdigestw-000-5-view

    本当の地獄が待っているのは来年。

    文字通り、痛恨の敗戦だろう。
    本田は「この1試合ですべてが終わるわけではないということをポジティブに受け止めたい」と言うが、
    「10分の1の敗戦」と捉えるのは楽観的過ぎる。

    というのも、今回の最終予選で本当の地獄が待っているのは来年なのだ。
     
    ●W杯アジア最終予選の今後のスケジュール

    2016年9月6日/予選2節/タイ(A)
    10月6日/予選3節/イラク(H)
    10月11日/予選4節/オーストラリア(A)
    11月15日/予選5節/サウジアラビア(H)

    2017年

    3月23日/予選6節/UAE(A)
    3月28日/予選7節/タイ(H)
    6月13日/予選8節/イラク(A)
    8月31日/予選9節/オーストラリア(H)
    9月5日/予選10節/サウジアラビア(A)
     
    見てもらえれば分かるように、来年の3月からのアウェーゲームはすべて中東。
    しかも、最終節が敵地でのサウジアラビア戦という過酷なスケジュールなのだ。だからこそ、9月1日のUAE戦の黒星は「10分の1」以上のダメージがあるはずだ。
     
     前回のW杯最終予選でも同じ中東のヨルダンに苦い敗戦を喫している。
    それを考えると、どこか頼りない今の日本代表では……。UAEにアウェーで勝てるとは、正直、言えない。
     
     最終予選はまだ9試合あるが、すでに崖っぷちと言っても過言ではない。9月6日のタイ戦は引き分けすら許されない状況。
    いや、年内の4試合を全勝して初めてロシアへの道がようやく見えてくるのではないか。
     
     ブラジル・ワールドカップも、リオ五輪も、初戦に敗れてすべてが狂った。
    もちろん、予選の試合数とは違うし、一括りにはできないが、ただ事実して認識しておきたいのは、
    すでに日本は追い込まれているということだ。

     SOCCER DIGEST Web 9月2日(金)18時30分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160902-00018628-sdigestw-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160902-00018584-sdigestw-000-7-view


    「あそこにいるでしょ、普通」
    [ロシアワールドカップ・アジア最終予選]日本 1-2 UAE/9月1日/埼玉スタジアム

    なぜかUAE戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選ばれた本田。
    MOMの会見では77分の浅野のシュートについて「真横で見ていて入ったのが分かっていたのでね。
    でも今からは覆らないので、どうこう言うつもりはない。第4審判がなぜいないのか。
    すぐに探したんですけど、ラインズマンしかいない。そこにまず疑問を感じた」と話したが、その後、ミックスゾーンでも“疑惑の判定”に言及した。
     
    「あれはゴールでしたね、間違いなく。僕の記憶と目が正しければ、確実に。ボールふたつ分近く入っていた。
    で、すぐに審判に確認したんですけど……。
    なぜ第4審判がいないのかは疑問でしたね。ラインズマンは知らんふりで、これは覆られないなと。
    一か八かで話はしましたが、でも、無理でしたね」
     
    本田の言う第4審判とは、ゴール脇に配置されて得点の可否やエリア内の反則を判定する追加副審のことを指す。
     
    「あそこにいるでしょ、普通。あの問題があるから、あそこに置いたわけで。まあ、それを今言っても仕方ないですが」

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160902-00018584-sdigestw-socc
    SOCCER DIGEST Web 9月2日(金)6時30分配信

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160902-01630888-gekisaka-000-2-view

    [9.1 W杯アジア最終予選日本1-2UAE 埼玉]

    一人気を吐いた。FW本田圭佑(ミラン)は前半11分、MF清武弘嗣の右FKをヘディングで叩き付ける先制点。
    W杯予選は2次予選から通じて出場試合7戦連発と貫録を示した。

    しかし、果敢に追加点を狙いに行く中でミスからカウンターを受け、ファウルで同点につながるFKを献上。後半9分にはPKで逆転を許した。
    「結果論だけど、1点取ってからは落ち着いて試合をコントロールしても良かったのかもしれない」と試合運びを悔やむと、
    「勝負弱かった。どんな内容であっても勝ち切らないといけない」と、逆転負けという結果を重く受け止めた。

    「(日本代表は)数値上はいい戦力がそろっていると思うけど、試合に勝つには数値だけで測れない部分もある。
    そこが欠けているのは間違いない。それがこの2、3年の結果に表れている」

    そう持論を展開する本田は技術や戦術以前の問題を指摘した。
    「根本の気合、根性、足を一歩出してつぶすとか、負けず嫌いみたいなものが大事なところでは求められている」。
    その課題克服が簡単ではないことも分かっている。

    「短期的に解決する問題じゃない。明日、人が変身することはないし、積み重ねだと思うけど、
    長期的なプロジェクトで言うなら、Jリーグの選手がもっと海外に行くことは必ず必要なアプローチだと思う」

    本田がかねて主張してきた“海外移籍のススメ”。「これを言うと、『Jリーグを批判している』と言われるけど、サッカーの質が違う。
    Jリーグの質が悪いということではなく、別の質に慣れないといけない。国際大会は別の質との戦いになる」と、その真意を語った。

    この日ベンチ入りした23人のうち半数以上の13人が欧州組。先発の8人を占めたが、それでも絶対的に“数”が足りないという。
    「100人は海外に行って、50人がレギュラーで、そこから代表のレギュラーを選ぶぐらいにならないと。南米はもっと多い。

    日本では、僕を含めて海外でレギュラー争いをしていれば、代表に呼んでもらえて試合にも出られる。
    それだけじゃ足りない」。自戒も込め、日本代表の現状を厳しく分析した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160902-01630888-gekisaka-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 47の素敵な(神奈川県)(ワッチョイW b7e3-t1qj) 2016/08/30(火) 12:18:46.36 ID:1VKfcQHe0
    soccerking_415833_0-enlarge

    ハリルジャパンになっても攻撃の軸はこの3人だし

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160829-01630767-gekisaka-000-3-view

    9月1日のW杯アジア最終予選・UAE戦(埼玉)、6日の同タイ戦(バンコク)に臨む日本代表は28日、埼玉県内で合宿2日目のトレーニングを行った。この日からFW本田圭佑(ミラン)、FW岡崎慎司(レスター・シティ)、FW武藤嘉紀(マインツ)、DF吉田麻也(サウサンプトン)、DF酒井高徳(ハンブルガーSV)の5人が合流し、22人で調整。前日28日に試合のあったMF清武弘嗣(セビージャ)とFW原口元気(ヘルタ・ベルリン)は明日30日に帰国する予定となっている。

     自ら不安を打ち消した。所属するミランでは開幕から2試合連続でベンチ入りしながら出場機会のない本田。試合勘やコンディション面について報道陣から聞かれると、「何度も聞かれているけど、『問題ない』としないと、試合に出るべきじゃないし、心身ともに準備できているつもり」と、自らに言い聞かせるように話した。

     この日、成田空港に帰国したばかりで、練習は別メニュー調整。チームとしても戦術を確認できる時間は明日30日と試合前日の31日の2日間しかない。特に本田の場合、6月のキリン杯2試合は負傷のため欠場しており、3月のW杯アジア2次予選以来の代表戦となるが、「確認するほどの時間はない」のも事実だ。

    「ほとんどぶっつけ本番。優先順位を決めないと、あと2日で全部は確認できない。攻撃で気になっているところを1つ2つ、守備で気になっているところを1つ2つ、他の選手と共有するぐらいだと思う」

     日本、オーストラリア、サウジアラビア、UAE、イラク、タイの6チームが入ったグループBでは、日本がベスト8敗退に終わった昨年1月のアジア杯で4強入りした3チームが入った。日本が準々決勝で敗れたUAE(最終順位は3位)のほか、4位だったイラク、そして優勝のオーストラリアが同居。W杯出場権が与えられる上位2つの枠を6チームで争う(3位はプレーオフへ)。

    「勢いが大事なので、いい雰囲気で初戦を乗り切りたい」と話す初戦の相手は、因縁のUAEだ。アジア杯準々決勝のUAE戦では本田自身、PK戦で1人目のキッカーを任されながらゴール上に外す失敗。「身体能力が高い選手が増えて、戦えるメンツになってきたのは警戒しているところ。ただ、それでも勝たないといけない相手という認識のもと、どう勝つか。いいプレッシャーを感じながら、しっかりやることをやれれば」。年代別代表でも結果を残し、急成長著しいUAEだが、勝たなければいけない相手であることに変わりはない。

     前回の最終予選よりも厳しい組み合わせになったのではないかという声には「毎回、選手はそう言うと思う。4年後も」と笑い、「そう言われるのは、相対的に日本の成長率が落ちている、追いつかれているということ。そうではない結果を見せたい」と力説。圧倒的な強さで最終予選を突破することで、日本代表に対する周囲の評価もあらためて問い直すつもりだ。

    ゲキサカ 8月29日 20時10分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160829-01630767-gekisaka-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160829-01630770-gekisaka-000-2-view

    自分自身が置かれた立場は痛いほど理解している。
    ミランで開幕から2試合連続でベンチ入りしながら出場機会のない日本代表FW本田圭佑は率直に認めた。

    「何の状況が変わったかというと、契約が満了に向かっている選手ということで、序列のスタートポジションが低い」。
    14年1月に3年半契約でミランに加入した本田は来年6月末で契約が満了する。

    海外のクラブでは、契約が1年を切った選手よりも長期の契約を残している選手が“優遇”されるのはよくあることで、
    本田が定位置を奪うには相当なアピールが必要になりそうだ。

    「アプローチを変えないと、簡単には出られないのかなと思う」と話す本田は、自らチームメイトに歩み寄ることも考えている。

    「イタリア語でコミュニケーションが取れないので、僕から寄っていくことはあまりないけど、
    ちょっと話せるモントリーボを使ってコミュニケーションを取ることも考えている」。なりふり構わず、あらゆる手段を模索しているようだ。

    ゲキサカ 8月29日(月)20時35分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160829-01630770-gekisaka-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     ACミランの日本代表FW本田圭佑(30)が29日、W杯アジア
    最終予選のため成田空港着の航空機で帰国した。

     胸元を大きく開けた黒のシャツにサングラスを掛け、グレーの
    パンツ姿で到着ゲートに現れると、居合わせたサポーター約50人が
    殺到。丁寧にサインに応じ、子どもと一緒に写真に納まる場面もあった。
    キリン杯のため5月に帰国した際は麦わら帽子に短パン姿だったが、
    今回はシックな装いでW杯予選へ向けて静かに闘志を高めている様子だった。

     この日の午後の練習から合流し、9月1日のUAE戦(埼スタ)へ準備を進めていく。

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/08/29/kiji/K20160829013255360.html
    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160825-00010002-sportiva-000-1-view

    本田圭佑の華麗な練習に同僚も「ブラボー!」ミラン密着写真日記
    webスポルティーバ 8月25日(木)12時3分配信

    開幕を前に、ミラネッロでトレーニング中の本田圭佑 photo by Studio Buzzi

     セリエAが開幕、ミランの新シーズンが始まった。新監督を迎えて、今季こそ巻き返しを図りたい本田圭佑の表情は? 開幕前後のミランと本田に密着した写真日記第3弾。

    【写真】シカゴの老舗ピザレストランにて夕食。礼儀正しい本田はフォークとナイフで(写真日記・第1弾)

    ■8月8日

     アメリカツアーから帰ってきたあと、しばしの休息をとっていたミランが、この日から再稼働。新シーズンに向けての本格的な準備が始まった。午前中はヴィンチェンツォ・モンテッラ新監督を囲んでのミーティングをみっちりと。そして午後からはウォームアップ、柔軟体操、戦術の確認と続き、チームを2つに分けてのミニゲームが行なわれた。

     ケイスケはたびたび光るプレーを見せ、チームメイトやコーチから何度も「ブラボー!」と声をかけられていた。この日のミラネッロは快晴、気温は32度と高かったが、選手たちは暑さにも負けず熱心に練習に打ち込んでいた。

    ■8月10日

     この日は毎夏恒例のトロフェオTIM(TIMトロフィー)がサッスオーロのマペイ・スタジアムで行なわれた。2001年から始まったこの大会は、45分の試合を3チームが総当たりで戦い、勝ち点から勝者を決めるというもの。今年はミランの他にホームのサッスオーロとスペインのセルタが参加した。

     ケイスケは最初のセルタ戦にはフル出場。続くサッスオーロ戦でも20分すぎからプレーし、たびたびゲームに絡んだ。ただセルタにはPK戦の末に勝ったものの、サッスオーロには敗れ、ミランはこれまでの連覇の記録を延ばすことができなかった。やはりどうもミランはサッスオーロが苦手のようだ。それでもモンテッラはなにか手応えを得たらしく、試合後の会見ではわりと機嫌がよかった。

    ■8月14日

     長かった夏もいよいよ終わりに近づいてきた。この日、ミランはドイツのフライブルクで開幕前の最後の親善試合を戦った。ケイスケはスタメン出場。ピッチに入ってきた時から気合いの入った表情がうかがえ、これは何かやってくれるのでは、と期待が高まった。

     その直感は当たった。ミランの先制点となるルイス・アドリアーノのゴールのお膳立てをしたのは、ケイスケの見事なゴール前でのアシストだった。サマーキャンプが始まった頃はケガもあって、モンテッラになかなか使ってもらえなかったケイスケだが、最後の実戦でフル出場を果たし、結果も残せたことは、いい予兆ではないだろうか。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160825-00010002-sportiva-socc

    続きを読む

    このページのトップヘ