本田圭佑

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160829-01630767-gekisaka-000-3-view

    9月1日のW杯アジア最終予選・UAE戦(埼玉)、6日の同タイ戦(バンコク)に臨む日本代表は28日、埼玉県内で合宿2日目のトレーニングを行った。この日からFW本田圭佑(ミラン)、FW岡崎慎司(レスター・シティ)、FW武藤嘉紀(マインツ)、DF吉田麻也(サウサンプトン)、DF酒井高徳(ハンブルガーSV)の5人が合流し、22人で調整。前日28日に試合のあったMF清武弘嗣(セビージャ)とFW原口元気(ヘルタ・ベルリン)は明日30日に帰国する予定となっている。

     自ら不安を打ち消した。所属するミランでは開幕から2試合連続でベンチ入りしながら出場機会のない本田。試合勘やコンディション面について報道陣から聞かれると、「何度も聞かれているけど、『問題ない』としないと、試合に出るべきじゃないし、心身ともに準備できているつもり」と、自らに言い聞かせるように話した。

     この日、成田空港に帰国したばかりで、練習は別メニュー調整。チームとしても戦術を確認できる時間は明日30日と試合前日の31日の2日間しかない。特に本田の場合、6月のキリン杯2試合は負傷のため欠場しており、3月のW杯アジア2次予選以来の代表戦となるが、「確認するほどの時間はない」のも事実だ。

    「ほとんどぶっつけ本番。優先順位を決めないと、あと2日で全部は確認できない。攻撃で気になっているところを1つ2つ、守備で気になっているところを1つ2つ、他の選手と共有するぐらいだと思う」

     日本、オーストラリア、サウジアラビア、UAE、イラク、タイの6チームが入ったグループBでは、日本がベスト8敗退に終わった昨年1月のアジア杯で4強入りした3チームが入った。日本が準々決勝で敗れたUAE(最終順位は3位)のほか、4位だったイラク、そして優勝のオーストラリアが同居。W杯出場権が与えられる上位2つの枠を6チームで争う(3位はプレーオフへ)。

    「勢いが大事なので、いい雰囲気で初戦を乗り切りたい」と話す初戦の相手は、因縁のUAEだ。アジア杯準々決勝のUAE戦では本田自身、PK戦で1人目のキッカーを任されながらゴール上に外す失敗。「身体能力が高い選手が増えて、戦えるメンツになってきたのは警戒しているところ。ただ、それでも勝たないといけない相手という認識のもと、どう勝つか。いいプレッシャーを感じながら、しっかりやることをやれれば」。年代別代表でも結果を残し、急成長著しいUAEだが、勝たなければいけない相手であることに変わりはない。

     前回の最終予選よりも厳しい組み合わせになったのではないかという声には「毎回、選手はそう言うと思う。4年後も」と笑い、「そう言われるのは、相対的に日本の成長率が落ちている、追いつかれているということ。そうではない結果を見せたい」と力説。圧倒的な強さで最終予選を突破することで、日本代表に対する周囲の評価もあらためて問い直すつもりだ。

    ゲキサカ 8月29日 20時10分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160829-01630767-gekisaka-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160829-01630770-gekisaka-000-2-view

    自分自身が置かれた立場は痛いほど理解している。
    ミランで開幕から2試合連続でベンチ入りしながら出場機会のない日本代表FW本田圭佑は率直に認めた。

    「何の状況が変わったかというと、契約が満了に向かっている選手ということで、序列のスタートポジションが低い」。
    14年1月に3年半契約でミランに加入した本田は来年6月末で契約が満了する。

    海外のクラブでは、契約が1年を切った選手よりも長期の契約を残している選手が“優遇”されるのはよくあることで、
    本田が定位置を奪うには相当なアピールが必要になりそうだ。

    「アプローチを変えないと、簡単には出られないのかなと思う」と話す本田は、自らチームメイトに歩み寄ることも考えている。

    「イタリア語でコミュニケーションが取れないので、僕から寄っていくことはあまりないけど、
    ちょっと話せるモントリーボを使ってコミュニケーションを取ることも考えている」。なりふり構わず、あらゆる手段を模索しているようだ。

    ゲキサカ 8月29日(月)20時35分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160829-01630770-gekisaka-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     ACミランの日本代表FW本田圭佑(30)が29日、W杯アジア
    最終予選のため成田空港着の航空機で帰国した。

     胸元を大きく開けた黒のシャツにサングラスを掛け、グレーの
    パンツ姿で到着ゲートに現れると、居合わせたサポーター約50人が
    殺到。丁寧にサインに応じ、子どもと一緒に写真に納まる場面もあった。
    キリン杯のため5月に帰国した際は麦わら帽子に短パン姿だったが、
    今回はシックな装いでW杯予選へ向けて静かに闘志を高めている様子だった。

     この日の午後の練習から合流し、9月1日のUAE戦(埼スタ)へ準備を進めていく。

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/08/29/kiji/K20160829013255360.html
    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160825-00010002-sportiva-000-1-view

    本田圭佑の華麗な練習に同僚も「ブラボー!」ミラン密着写真日記
    webスポルティーバ 8月25日(木)12時3分配信

    開幕を前に、ミラネッロでトレーニング中の本田圭佑 photo by Studio Buzzi

     セリエAが開幕、ミランの新シーズンが始まった。新監督を迎えて、今季こそ巻き返しを図りたい本田圭佑の表情は? 開幕前後のミランと本田に密着した写真日記第3弾。

    【写真】シカゴの老舗ピザレストランにて夕食。礼儀正しい本田はフォークとナイフで(写真日記・第1弾)

    ■8月8日

     アメリカツアーから帰ってきたあと、しばしの休息をとっていたミランが、この日から再稼働。新シーズンに向けての本格的な準備が始まった。午前中はヴィンチェンツォ・モンテッラ新監督を囲んでのミーティングをみっちりと。そして午後からはウォームアップ、柔軟体操、戦術の確認と続き、チームを2つに分けてのミニゲームが行なわれた。

     ケイスケはたびたび光るプレーを見せ、チームメイトやコーチから何度も「ブラボー!」と声をかけられていた。この日のミラネッロは快晴、気温は32度と高かったが、選手たちは暑さにも負けず熱心に練習に打ち込んでいた。

    ■8月10日

     この日は毎夏恒例のトロフェオTIM(TIMトロフィー)がサッスオーロのマペイ・スタジアムで行なわれた。2001年から始まったこの大会は、45分の試合を3チームが総当たりで戦い、勝ち点から勝者を決めるというもの。今年はミランの他にホームのサッスオーロとスペインのセルタが参加した。

     ケイスケは最初のセルタ戦にはフル出場。続くサッスオーロ戦でも20分すぎからプレーし、たびたびゲームに絡んだ。ただセルタにはPK戦の末に勝ったものの、サッスオーロには敗れ、ミランはこれまでの連覇の記録を延ばすことができなかった。やはりどうもミランはサッスオーロが苦手のようだ。それでもモンテッラはなにか手応えを得たらしく、試合後の会見ではわりと機嫌がよかった。

    ■8月14日

     長かった夏もいよいよ終わりに近づいてきた。この日、ミランはドイツのフライブルクで開幕前の最後の親善試合を戦った。ケイスケはスタメン出場。ピッチに入ってきた時から気合いの入った表情がうかがえ、これは何かやってくれるのでは、と期待が高まった。

     その直感は当たった。ミランの先制点となるルイス・アドリアーノのゴールのお膳立てをしたのは、ケイスケの見事なゴール前でのアシストだった。サマーキャンプが始まった頃はケガもあって、モンテッラになかなか使ってもらえなかったケイスケだが、最後の実戦でフル出場を果たし、結果も残せたことは、いい予兆ではないだろうか。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160825-00010002-sportiva-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160824-00000144-spnannex-000-2-view

    日本代表FW本田圭佑(30)が、今夏はACミランに残留する可能性が高いことが分かった。あと1年で契約が満了するため、水面下でプレミアリーグの3クラブが争奪戦を繰り広げたが、ACミランの最高幹部が残留を示唆した。日本代表は25日、18年ロシアW杯アジア最終予選2試合(9月1日、UAE戦、同6日、タイ戦)に臨むメンバー23人が発表される。

     「プレミア争奪戦」の末、本田のミラン残留がほぼ固まった。契約が17年6月末で満了することに加え、今季から就任したモンテッラ新監督にプレシーズンマッチであまり起用されなかったことから、今夏の移籍の可能性が報じられてきた。実際、本田にはこれまで、世界最高峰のプレミアリーグ3クラブが獲得オファーを出していたことが判明した。

     争奪戦を繰り広げたのはサンダーランド、エバートン、クリスタルパレスの3チーム。ビッグクラブではないが、リバプールに本拠を置くエバートンはリーグ優勝9回、FA杯制覇5回を誇る名門。エバートンは過去にも獲得に動いたと報じられたが、今回の争奪戦は本田のイングランドでの高い評価と人気が証明された形だ。

     だが、ミラン関係者によれば、ガリアーニ副会長は「本田は売りに出ていない」と3クラブに既に断りを入れたという。クラブは先日、30年間オーナーを務めたベルルスコーニ氏から中国人実業家グループに売却されることが決まったが、今夏の移籍はこれまで同様にガリアーニ副会長が担当。そのガリアーニ副会長が残留を示唆したことで、本田は移籍市場が再開する来年1月までは引き続きミランでプレーする可能性が高まった。

     イタリアの今夏の移籍市場は、現地時間31日の午後11時(日本時間1日の午前6時)で終了。サッカーの移籍市場は最後まで予断を許さないと言われるが、9月1日のUAE戦(埼スタ)から始まる18年ロシアW杯アジア最終予選も、本田は「ミランの10番」として出場することになりそうだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160824-00000144-spnannex-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    イングランド・プレミアリーグのサンダーランドが22日、ACミランのMF本田圭佑(30)=獲得に向け、再オファーを出す準備を進めていることが分かった。
    関係者によると、この2度目のオファーはミランが設定する1000万ユーロ(約11億5000万円)に近い金額で、
    移籍市場が閉まる31日までに合意する可能性があるという。

    今季からサンダーランドを率いるモイズ監督はプレミア残留を目標に掲げ、本田を補強の筆頭候補に挙げた。
    当初850万ユーロ(約10億円)でオファーを出したが、ミランが拒否。
    しかしサンダーランドが開幕2連敗したことを受け、再オファーを出す方針だという。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160823-00000025-dal-socc
    デイリースポーツ 8月23日(火)6時4分配信

    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title

    MFスソは得点に絡まずも「技術的に美しい」

     ACミランの日本代表MF本田圭佑は21日の開幕トリノ戦で先発落ちとなり、3-2でチームが勝利する中、交代出場のチャンスもなく、出番なしに終わるという苦難の船出となった。ミラン加入後、開幕戦でスタメンから外れたのは初だが、背番号10が怪我もなく実力で起用されないというミランの歴史に残るような不名誉となってしまった。

     一方でヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が本田のポジションと語っていた右ウイングで先発した元スペイン代表MFスソは地元メディアから及第点を与えられている。

     ガゼッタ・デロ・スポルト紙は6.5点の合格点を与えている。「バッカにスルーパスを通した。ポーカーゲームのように重要な手を繰り出した。技術的に美しいジェスチャー」と優れたテクニックを評価している。

     コリエレ・デロ・スポーツ紙も及第点の6点を与えた。「ニアングの歩幅も残忍性もないが、ポジションを維持した」と、左サイドを切り開いたFWエムベイェ・ニアングのようなダイナミックさはなかったが、右サイドでバランスをキープしたと評価されている。

     一方、トゥット・スポルト紙は5.5点というやや低い評価となっている。「正確さに欠けた。ロッソネーロ(ミランの)のフォークの先だった」と脅威になるプレーが少なかったと指摘している。

    指揮官は本田の好調を認めるが…

     ゴールもアシストもなかったスソだが、昨季後半戦ジェノアに期限付き移籍で6ゴール2アシストと結果を出してミランに今季復帰。モンテッラ監督がプレシーズンのパフォーマンスから強化部に放出を禁じた経緯もある。

     昨季リーグ戦ではバランサーの役割で1得点3アシストという結果に終わった本田は故障の影響でプレシーズンで出遅れたが、モンテッラ監督は前日会見で「コンディションがいい」と語っていた。

     実力でポジションを失った本田は地元紙からまずまずの評価を手にしたスソから、次節27日の敵地ナポリ戦でポジションを取り返すことができるだろうか。それとも昨季イタリアメディアから命名された「パンキナーロ(ベンチ要員)」という有り難くない異名を甘んじて受け入れるのだろうか。


    Football ZONE web 8月22日 20時10分

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160822-00010016-soccermzw-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160822-00010020-footballc-000-2-view

    ミランは現地時間21日、セリエA開幕戦でトリノと対戦し、3-2で勝利を収めた。
    日本代表FW本田圭佑は予想されていた通りにベンチスタートとなり、出場機会は訪れなかった。
    右サイドはスソが先発出場をしていたが、今後本田にチャンスは訪れるのだろうか。

    ■ミラン、開幕白星発進。本田は出番なし

    結局、本田圭佑の先発起用はなかった。3トップの左にはエムバイエ・ニアンに、右にはスソ。いずれも、特にアメリカ遠征の間に評価を上げ、連携を高めた選手だ。
    ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は、この間にできあがったチームについて確かな手応えを感じていたようだった。

    「非常に守備のタフなトリノが相手。したがって夏の間に培った連携を継続して、この試合にぶつけたかった」。モンテッラ監督は語った。

    その結果が、3-2での開幕戦勝利だ。ロスタイムにはPKを与えて同点で終わりそうだったから、ミランは相変わらずと思われるかもしれない。
    しかしトリノは攻守ともに非常に良いサッカーを仕掛けており、「時間によってはうちが支配していた」という敵将のシニシャ・ミハイロビッチ監督の言葉も決して誇張ではなかった。
    それを押し切って3点を奪っているのだから、やはりこの日のミランは強かった。

    実際に、プレシーズンで培った戦術から点を奪っていた。攻撃時にはニアンとスソが中へと絞り、時には中盤にも下がる形で前のスペースへ下がる。
    そこにサイドバックが上がると、すぐさまパスが入る。先制点のカルロス・バッカのヘディングシュートは、そうして生まれたものだ。

    もちろん両ウイングはサイドバックと連携しつつ自分で仕掛けてもいい。そうしてDFを押し広げたところに、ジャコモ・ボナベントゥーラやユライ・クツカが飛びだしてチャンスを作る。
    味方の攻撃を誘発させるために、ボールを保持していない選手が連動してスペースを捻出する。そうした動きの質の高さを、モンテッラ監督は求めたのだろう。

    そしてその実現を考えた際、自信を持って送り出せるメンバーがトリノ戦でのスタメンだったということになる。その意味で、本田が左膝裏を痛めて始動が遅れたことは、ポジション争いに手痛く響いてしまった格好だ。

    ■順応しやすいチーム戦術。本田にチャンス到来の予感
     
    その後も交代出場のチャンスは訪れなかったのだが、本田は後半24分からアップを命じられていた。
    「後半は疲れてしまった」と試合後にスソが言っていたように、中盤もウイングも疲労の色が濃くなっていた。途中交代で入ったアンドレア・ベルトラッチが故障し、
    急遽アンドレア・ポーリを入れるというアクシデントがなければ、最後のカードとして本田は投入されていたのかもしれない。

    イタリアでは「勝ったチームをいじってはいけない」とよく言われるが、その不文律に沿えば次節のナポリ戦でも現在のメンバーがほぼ踏襲されるだろう。
    その試合でスソにゴールでもされたら、いよいよ本田にとって出場のチャンスは遠ざかるということになるかもしれない。

    ただトリノ戦を見る限りにおいては、早晩本田にもチャンスは訪れるような気がした。スソのプレーには割と波があったのだ。
    プレシーズンの良かった試合と比較してボールタッチは少なめだったし、下がって守備をやるような場面で消えていたところもあった。

    モンテッラ監督は終盤に攻め込まれたチーム全体の課題として「身体的な持久力だけではなくメンタルにも持久力というものがあるので、向上も図る必要がある」と語った。
    昨シーズンの中頃、本田が定位置を確保していた時は、調子を落とさずに戦術的なタスクを実行する安定感が評価されていた。
    戦術の吸収とともに、そういったものもアピールする必要があるだろう。もちろんゴール前での攻撃性を示しつつ、ということになるが。

    4-4-2のサイドハーフへの順応を強いられた昨シーズンより、戦術自体は本田のプレースタイルに合っている。中へ絞ることも大いに認められているし、何より展開はショートパスによるポゼッションが主体だ。

    右サイドで中へ絞り、チャンスに絡むことが要求される現在のポジションをこなせる人材は、今のところミランにおいてはスソと本田しか存在しない
    (なおモンテッラ監督によれば、新加入のホセ・ソサは中盤のインサイドMFとして起用する模様)。

    経営譲渡を前に補強資金投入が制限される中、もしこのまま補強がなければシーズンをこのまま行く可能性もある。
    レギュラー選手ではない立場からの底上げを本田が率先して努めることができれば、それが彼自身の新たな運命も切り開くことにつながるのかもしれない。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160819-00000020-goal-000-2-view

    セリエAは20日に開幕する。21日に登場するミラノ勢では、インテルDF長友佑都がスタメンと予想されているのに対し、ミランMF本田圭佑はベンチスタートとみられている。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が予想先発を報じた。

    昨季途中までチームを指揮したシニシャ・ミハイロビッチ監督をホームに迎えるミランのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は、4-3-3の右ウィングに本田ではなく、MFスソを起用する見込み。先日のフライブルク戦では、スソのコンディションもあって本田が先発したが、背番号10はリーグ初戦をベンチで迎えることになるようだ。

    ミランのスタメンは、GKジャンルイジ・ドンナルンマ、DFイニャツィオ・アバーテ、DFガブリエル・パレッタ、DFアレッシオ・ロマニョーリ、MFアンドレア・ベルトラッチ、MFリッカルド・モントリーヴォ、MFジャコモ・ボナヴェントゥーラ、スソ、FWカルロス・バッカ、FWエムバイェ・ニアンとみられている。

    一方、敵地でキエーヴォと対戦するインテルは、フランク・デ・ブール新監督が4-3-3を採用するもよう。新戦力クリスティアン・アンサルディが負傷離脱しているサイドバックでは、長友が左サイドで先発出場する見込みだ。『ガゼッタ』は、新加入のDFジャネル・エルキンとのポジション争いで、長友が60%でスタメンと報じた。

    『ガゼッタ』によるインテルのスタメンは、GKサミル・ハンダノビッチ、DFダニーロ・ダンブロージオ、DFミランダ、DFアンドレア・ラノッキア、長友、MFエベル・バネガ、MFギャリー・メデル、MFジェフリー・コンドグビア、MFアントニオ・カンドレーヴァ、FWマウロ・イカルディ、MFイヴァン・ペリシッチとなっている。

    GOAL 8月19日 16時8分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160819-00000020-goal-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    maxresdefault

    セリエAの名門ACミランが中国の投資グループへ売却されることが決定したことを受けて、所属する本田が移籍する可能性が浮上した。

    クラブの親会社フィニンベスト社は5日、同社のベルルスコーニ会長が持つ株式99・93%を、
    負債を含めて7億4000万ユーロ(約836億円)で売却することで基本合意に達したと発表。
    その影響について、6日付の地元紙コリエレ・デロ・スポルトは「選手の出入りが激しくなり、
    本田、(GK)ディエゴ・ロペス、(FW)バッカらは自分のロッカールームを失う可能性がある」と、背番号10が放出要員となる可能性を報じた。
    地元紙コリエレ・デラ・セーラによると、補強候補には本田と同じ右FWでプレーするチェルシーのコロンビア代表クアドラードらが挙がっている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160807-00000036-spnannex-socc

    続きを読む

    このページのトップヘ