香川真司

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    news_194461_1

    ドルトムントは21日、中国遠征に向けて招集メンバー24人を発表した。MF香川真司やFWピエール・エメリク・オーバメヤンらが招集されている。

     一方で、MFスベン・ベンダーはリオデジャネイロ五輪に出場するために欠場。DFマティアス・ギンターは胃腸感染症で帯同しない。

     遠征中にドルトムントはインターナショナル・チャンピオンズ杯(ICC)に参戦し、22日にMFヘンリク・ムヒタリアンが移籍したマンチェスター・ユナイテッド、28日にMFイルカイ・ギュンドガンが移籍したマンチェスター・シティと対戦する。

     以下、中国遠征メンバー

    ▽GK
    1 ロマン・バイデンフェラー
    38 ロマン・ビュルキ
    39 ヘンドリック・ボンマン

    ▽DF
    3 パク・チュホ
    5 マルク・バルトラ
    21 ヤコブ・ブルーン・ラーセン
    25 ソクラティス・パパスタソプロス
    29 マルセル・シュメルツァー
    32 ゼニス・ブルニッチ
    37 エリック・デュルム

    ▽MF
    2 マルコ・ホーバー
    6 スベン・ベンダー
    8 ヌリ・サヒン
    14 モリッツ・ライトナー
    18 セバスティアン・ローデ
    22 クリスティアン・プリシッチ
    23 香川真司
    24 ミケル・メリノ
    27 ゴンサロ・カストロ
    30 フェリックス・パスラック

    ▽FW
    7 ウスマン・デンベレ
    9 エムレ・モル
    17 ピエール・エメリク・オーバメヤン
    20 アドリアン・ラモス

    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?194461-194461-fl

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    84412d1d-f711-4ff8-bfc4-f168fed48d24

    ドルトムントに所属する香川真司とマティアス・ギンターが、バスケットボールに挑戦した。

    この企画はドルトムントとバスケットボール・ブンデスリーガに所属するアルバ・ベルリンが協力して行ったもの。両チームはともにこの夏中国の上海でプレシーズンマッチを行う予定であり、コラボが実現したらしい。

    この映像のなかで香川とギンターは、アルバ・ベルリンのイスメト・アクピナルとバスケットボールやサッカー(足を使ったフリースロー)に挑戦する。

    https://www.youtube.com/watch?v=JHjIgDQQtKo



    さすがにプロスポーツ選手ということでどの選手も上手!

    ラストはアクピナルが豪快なダンクシュートを披露し、ギンターや香川もこれに挑戦するのだが…

    https://www.youtube.com/watch?time_continue=132&v=JHjIgDQQtKo



    175cmの香川には、さすがに難しかったようだ。それでも高いジャンプからしっかりとゴールに入れ、映像を締めくくった。

    ドルトムントは今月上海でのインターナショナル・チャンピオンズ・カップに出場。22日(金)にはマンチェスター・ユナイテッドと、28日(木)にはマンチェスター・シティとそれぞれ対戦する。

    http://qoly.jp/2016/07/19/shinji-kagawatried-dunk-shot

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160719-00469747-soccerk-000-4-view

    日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは、アジアのファンとより密接で親密な関係を築くべく、アジア各国でオンラインショップを展開しているEZ Shopと提携。中国のWeChatや日本のLINEでも公式アカウントを立ち上げることになった。クラブ公式HPの日本語版が伝えた。

     オーストラリア、ニュージーランド、中国、マカオ、台湾、韓国、日本、タイ、マレーシア、シンガポール、インドネシア、ブルネイ、パプアニューギニア、フィリピン、ベトナム、カンボジア、ラオスといった各国のドルトムントファンは、中国語、日本語、韓国語、英語の4カ国語対応のオンラインショップを利用できるようになる。

     香川もこのニュースを喜び、「自分の祖国である日本を始め、アジア各国で何百万人ものファンがドルトムントをサポートしてくれているのは知っていますし、とても誇らしく思っています。そうしたファンがドルトムントのユニフォームやグッズを簡単に購入できるようになり、それぞれの思いを表現できるようになるのは本当に素晴らしいですね」と語った。

     ドルトムントはインターナショナル・チャンピオンズ・カップ 2016に出場するため、21日から中国ツアーを開始。22日に上海でマンチェスター・U(イングランド)と、28日に深センでマンチェスター・C(イングランド)とそれぞれ対戦する。なお、試合に先駆けて2016-17シーズンの新ユニフォームの販売が開始されている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160719-00469747-soccerk-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    3280bbc3

    ドルトムントが中国遠征に出発する20日までに、バイエルンのドイツ代表MFマリオ・ゲッツェとヴォルフスブルクの同FWアンドレ・シュールレの、
    衝撃のダブル補強を完了させる可能性が高まっている。ドイツ地元紙「ビルト」が報じている。

    ドイツ代表DFマッツ・フンメルス(バイエルン・ミュンヘン)、同MFイルカイ・ギュンドアン(マンチェスター・シティ)、
    そしてアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(マンチェスター・ユナイテッド)という昨季までの屋台骨を引き抜かれたドルトムントが、移籍市場で一気に逆襲に転じた。

    すでにレンヌから昨季のフランス1部新人王のFWウスマン・デンベレ、バルセロナからスペイン代表DFマルク・バルトラら若き逸材6人を獲得しているが、
    そこに二人のドイツ代表アタッカーの名前が加わるようだ。

    「マリオ・ゲッツェはドルトムントに戻ってくる。そして、とても早く実現する可能性がある。
    シュールレ、ゲッツェという目覚ましい補強を、ドルトムントは水曜日(20日)までに完了することを求めている」と記事では報じられている。

    欧州選手権でドイツ代表として戦った2人は、いずれも移籍金の交渉をクラブ間で進めている。
    トーマス・トゥヘル監督が直接電話で加入を呼びかけたマインツ時代の愛弟子シュールレの移籍金は3300万ユーロ(約38億円)、

    2013年にドルトムントから宿敵バイエルンに“裏切りの移籍”を果たした天才ゲッツェの移籍金は2800万ユーロ(約32億円)程度と、地元メディアでは分析されている。

    ◆弱体化危機から一転、魅惑の攻撃陣へ

    ドルトムントは21日から中国に出発。プレシーズンマッチのインターナショナル・チャンピオンズ・カップに参戦し、22日にマンチェスター・ユナイテッドと上海で、
    28日にマンチェスター・シティと深センで対決する。トゥヘル監督は中国遠征までに、二人の実力者を陣容に加えたいと考えているようだ。

    一方、ブンデスリーガ公式サイトで今季トップ下のスタメンを務めると予想されていた香川にとっては、一気にポジション争いが激化することになる。
    ムヒタリアンが抜ける代わりに、デンベレに加え、指揮官の愛弟子シュールレとドイツ最高の才能と呼ばれたゲッツェも加わることになる。

    そけい部の故障でリハビリ中のドイツ代表FWマルコ・ロイスも、8月27日のマインツとのリーグ開幕戦には間に合う予定。
    弱体化が懸念されたドルトムントだが、2列目の選手層が一気に厚くなった。

    激化する中盤のポジション争いで香川の定位置はトップ下か、昨季前半戦に新境地を開拓したインサイドハーフか、
    それともベンチを温めることになるのか。日本代表アタッカーにとって、試練のシーズンとなるのかもしれない。

    フットボールゾーン 2016.07.18 (Mon)
    http://www.football-zone.net/archives/36944/2

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    3ef651d48ce0e4cb143e01984b9c1f16

    香川ドルト2部に黒星「失点に怒りを覚える」監督
    日刊スポーツ 7月18日(月)10時32分配信

     日本代表MF香川真司(27)の所属するドルトムントが16日、ドイツ2部1860ミュンヘンと練習試合を行った。

     トップ下で先発した香川は、コンディションが上がらない他の選手に比べて軽快な動きを披露。だが2部クラブはリーグ開幕が3週間早いために仕上がっており、前半36分に失点すると、そのまま0-1で敗れた。トゥヘル監督は「すべてが悪かったわけではない」としながらも「今日の失点も防げる失点だった。それについては怒りを覚えている」と話した。(鈴木智貴通信員)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160718-00000066-nksports-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160717-00010010-footballc-000-3-view

    バイエルン・ミュンヘンに所属するドイツ代表MFマリオ・ゲッツェが、
    再びボルシア・ドルトムントで日本代表MF香川真司と共にプレーする可能性が現実身を帯びてきた。

    16日にドイツメディア『シュポルト・アインス』が伝えている。

    2010年から2年間香川のチームメートだったゲッツェは、
    2013年にドルトムントから宿敵バイエルン・ミュンヘンへ移籍。

    しかしジョゼップ・グアルディオラ監督の信頼を勝ち取ることができず、
    昨季終了間際にはカール=ハインツ・ルンメニゲCEOから退団を示唆する発言をされている。

    そこで、先日古巣のドルトムントへ復帰する可能性が浮上した。
    同クラブとゲッツェは移籍することで個人合意に達し、後はクラブ間合意を残すのみとまで報道されていたが、そのことをルンメニゲCEOを裏付けている。

    ルンメニゲCEOは「まだ決まったわけではないが、ドルトムントと彼の代理人と交渉中であることを認めるよ。
    まだ成立はしていないから最終合意に至る必要がある」と交渉を認めた。

    「ゲッツェは素晴らしい選手だが、残念ながらバイエルンでは機能しなかったことを忘れてはならない…彼はここに3年もいるんだ」

    さらにルンメニゲCEOは、来週の初めには交渉が成立する可能性も明かしている。
    「彼の値段は最早周知の通りだね。それさえ合意すれば成立する」とすでに最終段階にあることを告げた。

    もしこの移籍が実現すれば、香川とは4年ぶりの共演となる。
    果たしてゲッツェは今夏に大量の主力を失ったチームの救世主になることができるだろうか。

    その際には宿敵に移籍して「裏切り者」と罵られたサポーターとの和解も必要となるだろう。
     
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160717-00010010-footballc-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160716-00468789-soccerk-000-3-view

    日本代表MF香川真司が所属するドルトムントが、ストークに所属するスイス代表MFジェルダン・シャキリへ関心を示している。15日付のイギリス紙『デイリースター』などが報じた。

     同紙によると、ドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンやアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンらがクラブを去ったドルトムントは、中盤の補強を画策している模様。中でもユーロ2016でスイス代表をけん引し、決勝トーナメント1回戦のポーランド代表戦では鮮烈なオーバーヘッドシュートを決めたシャキリに関心を示し、今後アプローチをかける可能性があるという。

     シャキリは昨夏、ストーク史上最高額となる移籍金1200万ポンド(約16億5000万円)で同クラブに加入した。ドルトムントからの関心を受けてストークは、十分な売却利益が得られる場合にシャキリ放出を検討する姿勢を示しているという。

     この報道に対して、イギリス誌『FourFourTwo』はシャキリのメッセージを掲載。同誌によるとシャキリは、「誰も僕に接触してきてない。だからドルトムントについて話すのはナンセンスだよ。現段階でブンデスリーガへ移籍することは論外だ。僕は7月24日にストークでトレーニングを再開するし、プレミアリーグで再びプレーすることを本当に楽しみにしているよ」とコメント。移籍に対して消極的な考えを持っていることを示した。

     現在24歳のシャキリは、かつてバイエルンに在籍しており、ドイツでのプレー経験がある。昨シーズンはストークでリーグ戦27試合に出場し3ゴールを記録した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160716-00468789-soccerk-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160715-00000114-nksports-000-5-view


    MF香川真司が所属するドルトムントは、Bミュンヘンのドイツ代表FWマリオ・ゲッツェ(24)と合意したと、独紙ビルトが報じた。実現すれば12-13年シーズン以来、4季ぶりの復帰となる。

     同紙によると、すでに両クラブでほぼ合意に達しているという。問題となっているのは移籍金で、ドルトムント側は2300万ユーロ(約25億3000万円)での獲得を希望。一方のBミュンヘンは2700万ユーロ(約29億7000万円)での放出を目指している。

     ドルトムントのバッツケ代表取締役は「何も確定させたくない。それ以上のことは言えない」と明言を避けた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160715-00000114-nksports-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    来季の軸は香川に?

    主力の大量流出が続いたドイツの名門ドルトムントにおいて、日本代表MF香川真司の存在価値は日に日に高まっている。

    2014年にマンチェスター・ユナイテッドから復帰した香川にかかる期待は、昨季を遥かに超えると言っていいだろう。チームの攻撃陣を牽引していたヘンリク・ムヒタリヤンはイングランドへ去り、イルカイ・ギュンドアン、そしてマッツ・フンメルスも新天地へ旅立った今、27歳のサムライは多くを担う必要がある。独『SPOX.com』は新シーズンにおける香川真司の役割について、次のように綴っている。

    「復帰して3シーズン目を迎え、トゥヘルの下では2年目となる香川は、人間としてひと回り成熟できるかが鍵になる。彼にとって、親友のギュンドアンが退団したことはポジティブに作用するかもしれない。かつて同じアパートで生活していた2人だが、ギュンドアンは香川にクレームを入れたこともある。その理由は香川の風呂の時間が長過ぎるからだ。ドルトムントTVでそのように語るギュンドアンの横で、日本のチームメイトはまるで子供のように笑っていた。常に少年のようだった香川も来季の終わりには28歳を迎え、日本の2部リーグからやってきたかつてのヤングスターはドルトムントで最も経験豊富な選手の1人になろうとしている」

    「主力選手が次々と退団していく中で、トゥヘルは新しいリーダーを探している。そして香川こそが今後の軸とならなければならないだろう。昨季公式戦46試合で25ゴールを演出した香川。『新たな役割を見出さなければならない』と語ったトゥヘルの言葉が、香川に向けられたものだということを本人は感じる必要がある」

    日本のエースに対して高い期待感を示した同メディア。ギュンドアンとの無邪気なエピソードに笑みを浮かべていた香川は来季、ドイツ屈指の名門で大きな役割を担うことになりそうだ。
    20160715-00010019-theworld-000-1-view

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160715-00010019-theworld-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    プレシーズンマッチ(親善試合)が14日に行われ、日本代表MF香川真司のドルトムントとFW宮市亮のザンクト・パウリが対戦。両選手とも先発メンバーに名を連ねた。

     ドルトムントは香川のほか、ガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンや新加入のドイツ人MFセバスティアン・ローデらが先発出場。スコアは早々に動いた。開始3分にオーバメヤンが縦パスに反応、相手DFとの競り合いを制してペナルティーエリアに入ると、飛び出してきたGKの頭上を越えるシュートで先制点を決めた。さらに18分にはPKで追加点。オーバメヤンの2ゴールで、前半は2-0で終了した。

     香川と宮市はともに前半のみのプレーでベンチへと退いた。後半はザンクト・パウリが反撃し、ニコ・エンペンの2ゴールで同点に追いつく。しかし終了間際の88分、ドルトムントはオーレル・マンガラが勝ち越しゴールを挙げた。新加入の18歳が角度のないところから左足シュートを決めて勝利へと導いた。

     ドルトムントは現在、キッツビュール・アルプスでミニキャンプを実施中。16日には1860ミュンヘンと親善試合を行う予定となっている。

    【スコア】
    ドルトムント 3-2 ザンクト・パウリ

    【得点者】
    1-0 3分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
    2-0 18分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
    2-1 60分 ニコ・エンペン(ザンクト・パウリ)
    2-2 78分 ニコ・エンペン(ザンクト・パウリ)
    3-2 88分 オーレル・マンガラ(ドルトムント)

    20160715-00468414-soccerk-000-3-view

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160715-00468414-soccerk-socc

    続きを読む

    このページのトップヘ